サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/02/28 09:04

投稿元:ブクログ

最近あまた出版されている「嫌韓本」「日韓関係に関する本」なるものは基本的に読まない。が,この本は,韓国人の「反日」的態度の意識下にはどういったメンタリティーがあるのか,歴史的,文化的に掘り下げて記述されており,読後,ストンと納得することができた。こうした冷静な論考をこれからも読みたいものだ。

2015/08/23 23:09

投稿元:ブクログ

韓国反日と日本のことが好きは別。竹島では嫌いだが、アニメや文化は好きというのが並行して存在する。
日本人は批判されることを恐れ、韓国人は認められないことを恐れる。
韓国は一流国家になることを目指している。
国際社会からこう見られるという視点での交渉を行えば韓国の譲歩が得られるかもしれない。
韓国の司法は国民の目を気にしている。

2015/02/20 16:15

投稿元:ブクログ

落ち着いた「嫌韓本」という位置づけか。タイトルほど過激ではない。毎日新聞ソウル特派員として取材をし、現地をみてきただけに説得力がある。世論に忖度しすぎる韓国司法というのはこちらから見てても異様な雰囲気を感じる。

2015/01/23 05:16

投稿元:ブクログ

著者:澤田克己(記者)

出版社リンク
<http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784166610075>

【目次】
はじめに

第一章 自覚なき反日
見えない「反日」/不買運動とユニクロ/慰安婦問題の「国際化」

第二章 「正しさ」とは何か
国際約束より「正しさ」/毎月出る違憲判決/慰安婦と鉤十字

第三章 反日の暴走
強者への甘えと反発/半分だけの「世界」/ 趣味の世界だけになった日本留学

第四章 大国にはさまれた悲哀
認めてもらえないことへの不安/世界の中心に立ちたい /ハングル普及の夢

第五章 中韓接近の心理
逆転した対中意識/新たなキーワード「人文」/韓国取り込みに走る中国

終章 韓国に幻想を抱いてはならない

あとがき

4 件中 1 件~ 4 件を表示