サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー43件

みんなの評価3.9

評価内訳

42 件中 1 件~ 15 件を表示

2015/02/23 19:31

投稿元:ブクログ

神が与えてくれたとしか思えない、ジョブズとのコンビ。しかし、逆にアイブなきあとのアップルはどうなるのかと心配してしまいます。

2015/02/01 03:26

投稿元:ブクログ

アップルのデザインチームのアイコン、ジョナサン・アイブの伝記。でも、最後にも触れらているアップルの秘密主義からアップル入社後の関係者のインタビューはあまり取れていない。このため、アイザックソンのジョブズの伝記『スティーブ・ジョブズ』やその後のアップルを追った岩谷さんの『沈みゆく帝国』の内容などから知られていることも多い。

ジョニー率いるデザインチームの強さがどこにあるのか垣間見ることができる。iMacやiPodも今見ると少しやぼったく見えたりもするのだけれども(自分だけ?)、その時々での必然性とこだわりがあるのだということがわかる。特にジョニー・アイブの「デザイン」が大量量産のためのイノベーションまで含めたものであることは当然のことであるけれどもあらためて認識することができる。

時々、「デザイン言語」という言葉が出てくるが、もっといい訳はなかったのかなあ。

2015/04/11 22:30

投稿元:ブクログ

アップルのインダストリアルデザイングループ(IDg)を率いるジョナサン・アイブの人物伝。尋常なく細部にこだわり続けるエピソードが随所に出て来る。復帰したジョブズと出会いジョナサンは存分に才能を発揮し、iMac,iPod,iPad,iPhoneなどを作り上げた。
デザインしモノを作ることが本当に好きなんだなあということが伝わってくる。これまでほとんど気にしていなかったけど、読み終わった後に自分の周りを眺めると「これらのモノも誰かがデザインしたんだろうなあ。どうしてこの形なんだろう」と気になってきた。

2015/03/28 18:26

投稿元:ブクログ

レビューはブログにて
http://ameblo.jp/w92-3/entry-12000387501.html

2015/01/30 08:20

投稿元:ブクログ

アイブとジョブズがいなければ今のApple作品はでてこなかった。
同じ時代にいられる幸せに感謝したい。

2015/01/12 15:51

投稿元:ブクログ

アップル本はほぼすべて読んでいるが、この本はアップルの屋台骨となったジョナサン・アイブに焦点を当てたもの。ジョブス復帰前から復帰直後あたりの記述が特に興味深い。”外見と感覚だけじゃないんだ。デザインは、ものの働きなんだ”(P152)というスティーブ・ジョブスの言葉が印象的。良い作品。

2015/04/19 20:37

投稿元:ブクログ

アップルという企業の、デザインやエンジニアリングにかける時間とお金と情熱が半端じゃないということが分かった。だからこそ、あれだけ革新的な製品が生まれるのだろう。ここまで情熱をかけている企業、人が日本にいるだろうか。

2015/02/12 22:04

投稿元:ブクログ

Appleファンならジョナサンやスティーブ・ジョブズのデザインに対するこだわりがよく分かる書。もう一度、じっくり読みます。

2015/01/28 23:47

投稿元:ブクログ

結局他のアップル本と内容はあまり変わらない。前半のジョナサン・アイブ自身の話は目新しいのだが、あまり面白くない。ジョブズが登場してからは面白いのだが、目新しさがない。確かにジョナサンがデザインにこだわり、究極の商品を作り続けていることは分かったが、それも既知の事実。
例のサムスンとの裁判の中で新たに明らかになった事実があったので、それを本にまとめたのではないか。

2015/02/14 17:27

投稿元:ブクログ

亡きスティーブ・ジョブズとともにAppleを今世紀最大の企業の一つにまで成長を遂げさせた立役者の一人。
Appleの成功はスティーブ・ジョブズだけでも成し遂げられなかっただろうし、ジョナサン・アイブだけでも成し遂げられなかっただろう。
それほど二人が生み出した化学反応は周りの全てを巻き込み、ジリ貧だったAppleを持続可能性を持ち合わせた企業へと生まれ変わらせた。

本書の主人公ジョナサン・アイブはまだまだ現役のAppleのメインデザイナー兼インダストリアルデザイングループ担当上級副社長である。
まだ故人であるわけでもなく、現役引退したわけでもない工業デザイナーの伝記のようなものがつくられるのは珍しいことではないだろうか?

ただ、この20年のAppleとジョナサン・アイブの歩みはそれを一つの物語として纏めるにふさわしいものである。
本書では、ジョニーがデザインの道に進むに当たりその先導役としての父親の存在、彼はイギリスのデザイン教育のまさにデザインをした影響力のある人であり、ジョニーがただ完成の赴くままにデザインする芸術家肌ではなく、理論に基づき、形だけでなく素材、工程にまで真摯に向き合いデザインの中核とするようになるその基礎を作り上げた父親とイギリスデザイン教育の流れから物語が始まる。
この辺りはこれまで情報としてなかなか触れられてこなかった部分なので新鮮である。

そして、後半部分。
スティーブ・ジョブズのApple復帰から、ジョブズがジョニーを見出してからの怒濤の20年。
iMac、iPod、iPhone、iPadといったボクらのライフスタイルを変えてしまったガジェットたちの製品開発物語が続く。
ジョニーが率いるチームが生み出すデザインはどれもインパクトが強いものだ。
この強さというものは派手さとは全く違う。むしろ限りなくシンプルなモノに近づける。シンプルであるが故に機能がわかりやすく直感的といわれるもはやAppleのお家芸のガジェットが生まれるのである。
デザインを意識させないまでのミニマリズムこれが究極と言わんばかりの徹底したデザイン主導の製品開発でAppleは現在の唯一無二の地位を気付いているのだ。

さらにジョニーは製品の外見に限らず、内部構造のデザインはもちろんのこと、その素材、製造ラインにまでデザインの領域を広げてきたという。
こういった、直接製品の外見からは解らない部分にまで細心の注意を払っている工業デザイナーはそうそういないのではないだろうか?

このような裏方としてのインダストリアルデザインという部分は、本書では文字だけで残念なところだ。
本書はデザイナーを主役においた書籍でありながら、その製品群の図版が極端に少ない。
掲載されていても白黒写真である。
その当たりは判型の制限もあったのだろうが、メインプロダクトのカラー図版くらいは付けて欲しかった。
その当たりが残念である。

2015/03/27 19:04

投稿元:ブクログ

デザインを生業にしている人間にとっては非常に面白い一冊。
自分と彼らとの同じ点、違う点を感じられるだけでも十分。
読了して思うことは、やはり今の日本にはAppleを越えるマネジメントをしている会社はないということ。彼らは一歩も二歩も先をいっている。

いやぁ負けてられませんな、ご同輩がた。

久々にヤル気出てきたわ。

2015/02/22 09:16

投稿元:ブクログ

ちょっとアイブを美化しすぎかな、アップルの組織のプロダクトデザイナーとして、上手くいっているのであっって、失敗作も結構あるからねぇ。モノづくりの立場からいって、現在のアップルのモノコックの考え方は素晴らしいです。はっきり言って日本のモノづくりの思想は20年は遅れていると思います。こんな人がソニーを引っ張っていけばこんなことにならなかったんだけどね。

2015/01/18 09:59

投稿元:ブクログ

素晴らしい本です。B2Bを主とする大型社会資本設備のプロダクトの国際市場では、今プロダクトライフサイクル全体に渡る、いわゆる「相互運用性」の実現が至上命題となっていますが、これらを揺り籠から墓場まで一気通貫で貫く、「デザイン言語」の存在も不可欠だと確信するに至りました。
日本語版では専門家の目で読むと、一部専門的な表現において訳があまり適切ではない部分もごくわずかありはしますが、総じて読みやすく良い翻訳になっていると思います。

デザインを生業とする方以外に、ぜひ経営層、エンジニア、そして現場でものづくりに携わるすべての人に読んでいただきたい本です。

2016/01/26 23:26

投稿元:ブクログ

ジョナサン・アイブもすごいけど、やっぱりジョブズはすごいわ。倒産寸前のアップルの立て直し方とか、感動物。ジョブズが出てくると話が一瞬で盛り上がるのがすごい。いいキャラクターだったよなあ。

2015/04/07 12:50

投稿元:ブクログ

アップルの製品デザイン責任者のサクセスストーリー。
ジョブスの片腕として描かれている。

感じるのはアップルの製品のもつ「かっこよさ」は単にデザインを優先したのではないということ。あたりまえのことですが、カッコ良く作ることの難しさ、それは、技術的なハードルだったり、使い勝手の部分の心地よさだったり、質感だったり、コストだったり、生産性だったりいろんな部分で折り合いをつけなければならない。そこでデザインが犠牲になることもあるのだが、そこで、相当な無茶と熱意で内外部との軋轢を乗り越えて製品化されている。あたりまえのことですが、あたりまえでないのです、難しいのです。

本書では、ジョニーの性格面でのダークサイドは描かれていませんが、ジョブズに劣らない、とんがった人と想像します。きっと一緒に仕事できないようなタイプだと思う。

42 件中 1 件~ 15 件を表示