サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

hontoレビュー

花むすび 1 (ゼノンコミックス)

花むすび 1 (ゼノンコミックス) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/05/28 21:08

投稿元:ブクログ

これから伸びそうな漫画家だな、そう、しみじみと、だが、ハッキリと感じさせてくれた
幻想感と現実感、その二つが混ざったストーリーのバランスはとても好ましい
さすがに、まだまだ、粗が目立つので、端的に「癒される」とは言えないが、それでも、心の片隅で堅くなっている澱は柔らかくなるだろう
主役の圭太の、オブラートに包んだ言い方をするなら“淡い厭世観”、ストレートな表現をするなら“ガキっぽい逆恨み”が露わな姿勢はリアルで、彼の周囲に対する苛立ちが自分のそれのように理解でき、無自覚ゆえのSOSが混じった、か細い泣き声が聞こえる人は、ヒロインの花音と関わっていく事で、彼が好い方向に成長と変化していくのを見ていたのなら、きっと、この『花むすび』をお気に入りに入れただろう
また、花音の異能を持ってしまったが故に、「普通」を望んで、何もかも見捨て、大事な場所から逃げてきてしまった脆さ、そして、逃げてきた場所で、普通じゃない自分を受け入れてくれた親友の気持ちに報いようと、己の業から目を逸らさない決意を固めた、女の子かつ人間らしい強さにも、読み手に共感を抱かせるリアリティがある
第6話『別離』が綺麗な終わり方をしており、最終回のような雰囲気を醸している
ただ、タイトルに(1)と付いているので、続きが出るのかな、とほんの少しの期待を抱きながら、このレビューを書いている
この台詞を引用に選んだのは、圭太が彼自身でも気づいていない意志の強さに感銘を覚えると同時に、昴先生の漫画家としての成長をますます楽しみに出来る、読み手に希望を与えてくれる、力のある言葉だったので

2015/02/27 15:31

投稿元:ブクログ

ファンタジー

「普通」に生活してみたかった2人の話。
「普通」ってなんなんでしょう?
それぞれに、それぞれの普通ってあるもんですよね。
だけど、虚弱体質の谷原圭太と、不思議な花の力を持つ西村花音。
2人で、普通を求めて一緒の時間を過ごすのですが、不思議な力を持つ花音だけに、いろんな秘密があったのです。
これ続きあるんですよね?
2巻はたぶん、花音の秘密の村についてやってくれるんだと思います。

2 件中 1 件~ 2 件を表示