サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

hontoレビュー

とうふこぞう

とうふこぞう みんなのレビュー

  • 京極 夏彦 (著), 石黒 亜矢子 (著), 東 雅夫 (著)
  • 税込価格:1,62015pt
  • 出版社:岩崎書店
  • 発売日:2015/03/02
  • 発送可能日:1~3日

絵本

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.1

評価内訳

14 件中 1 件~ 14 件を表示

紙の本

怖くないですよ

2017/03/19 23:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たま - この投稿者のレビュー一覧を見る

単純に、妖怪とたのしめるほん。京極夏彦さんの本なので、また、怖いやつかと思っていたのですが、怖くないので、安心してよめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怖くない妖怪絵本

2016/07/17 00:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

妖怪の絵本だけど、とてもステキです。綺麗です。
壁のシミとか天井板の木目とか不気味に描かれてますが美しいです。
頼りにしているそのネコ、猫又だぞ。
そして「とうふこぞう」。
「おおとうふくれるの?」「すみません、みせるだけです」・・・まじか?(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ゲゲゲっぽい

2016/12/11 17:38

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

京極さんが意識しているのか、たまたまなのか、
イラストからちょっとゲゲゲ…を連想してしまいます。
主人公の少年、おばけがこわいこわいと言いますが、本人もちょっとこわいです。
ただ、この絵本がこわいのはお化けが出てくるまで、なので、
とうふこぞうが出てきてからはユーモアすら感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とうふこぞうの登場までの持っていき方がうまい。

2016/03/26 20:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「おばけはこわい」―、前半はおばけ嫌いの男の子が、おばけがどんなに怖いかを色々と考えている場面が続く。出てくるおばけも本当に怖い描かれ方で、こちらにもその気持ちが伝染ってくる。
でも、とうふこぞうが出て来てそれが一転。どことなくユーモアがあり、何より脅かすわけでもなく豆腐を見せてくるだけのとうふこぞうに、男の子はすっかり気を許す。そして満月を背景に去っていくとうふこぞう。
全体の流れが男の子の気持ちにしっかり添っていて、緩急のつけ方がうまい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/19 14:42

投稿元:ブクログ

妖怪絵本シリーズ。
これはまったくこわくない。
ゆるいキャラクターとしての妖怪代表、豆腐小僧。

なんでここにいるんだかわかんないけど妖怪ですという、京極豆腐小僧を踏襲してる。
それはかわいくていいんだけど、それなら豆腐小僧シリーズを読んだ方がおもしろい。
絵本ったって子供用じゃないんだから。

大人ウケねらいなのは絵も同じく。
昭和、というより昭和マンガのパロディな水木意識しすぎの絵は私にはあまりおもしろくない。
きれいで見やすい絵ではあるけれど、これは誰向けなんだろうと思ってしまう。

2015/03/05 00:31

投稿元:ブクログ

とうふこぞうがひたすら可愛らしい。
こんなほわっとしてる妖怪なら確かに会いたいかも…。
とうふこぞうが登場するまでの方が若干怖かったです。

2015/04/28 11:33

投稿元:ブクログ

おばけがこわくて ねむれない。なにかが はいってきたぞ。こわい!  ところが はいってきたおばけは、ちっともこわくなくて、ほんとにおばけ?ってきいてしまった。
なんじゃこら、ってかんじですが、こんなおばけなら あってみたいね。

2015/03/19 09:41

投稿元:ブクログ

感想はブログでどうぞ
http://takotakora.at.webry.info/201503/article_6.html

2016/11/30 13:13

投稿元:ブクログ

前半のおどろおどろしい雰囲気から、クスッと笑ってしまうような妖怪の登場の落差が面白い。

イイね。シリーズの別の本も読んでみよう。

2015/03/26 17:23

投稿元:ブクログ

こちらは和み系の絵本。子供も怖がらずに読めそうなので、楽しく読めるのではないだろうか。何か居ると言った感覚は大人になってからもあるなぁと思うため、妙にリアルな作品だった。

2015/05/13 00:47

投稿元:ブクログ

まったく怖くない妖怪参上(笑)
とうふ見せるだけなんてシュールすぎる(笑)
絵がなんとなく楳図かずおチック(笑)

2015/04/19 21:08

投稿元:ブクログ

せめて食べさせてよ。
でも、その豆腐食べたらお腹壊しそうだけどね。


怪談えほんの次は妖怪えほんですか。
京極さんはとうふこぞうお気に入りなのかな。

あくまで見せるだけ。

2015/10/30 08:47

投稿元:ブクログ

2015.10.28

ううん、とうふをみせるだけ〜
とうふみせたからかえるね〜

豆富小僧は謎だわ〜
可愛いけど

2016/11/09 23:32

投稿元:ブクログ

なんとなく怖い感じから始まって、
いきなりがしゃどくろでデ~ンと来て
布団の中で怖い!っていう子供の全部の表情と
てんまるがいい。
とうふを見せに来ただけ?のおばけにこどもは
あれっ?て警戒心が解かれるんかなぁ?
ふたりで笑いあうところとか(笑)
つきよのばんだけです。で急に神秘的?に??
1日で4歳の姪4回ほど読んでもらっていました。

14 件中 1 件~ 14 件を表示