サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

2015/05/07 18:58

投稿元:ブクログ

この本は確か以前ブクログに感想を書いた記憶がある、と思って振り返ってみるともう七年以上前のこと。その経過した時間によって、すっかり忘れてしまっていた短篇もあれば覚えている短篇もあるというくらいの忘却作用が働くが、原著で読んで書き付けた過去の印象が、今、翻訳されたものを読んで得た印象とそう違わないことに安堵する。「空中スキップ」-絶妙な訳のタイトル!-の乾いた第一印象が強いバドニッツだけれど、本書には少し湿った重さを感じた。七年前も、そして今も。

現実離れした設定や人物が登場するのはバドニッツの特徴の一つと思うが、実はそれが人間のグロテスクな部分をオブラートにくるんだ結果の表現なのだと改めて気づかされる。あり得ないと思っているから醜悪な人間性を見せつけられてもそれが現実離れした物語であると思うことで受けとめることができる。何年も胎児を腹に抱え続ける母親や、同じ年に産まれた似た顔つきの子供たちばかりが棲む島の話。そんな奇妙な状況はただ単に少しばかり大袈裟にデフォルメされた現実で、当てこすられているのはそんな現実を産み出した理不尽さの方なのだ。

その構図は翻訳を読んで漸く解ったことではあるけれど、それが以前読んだ時に感じた「一つ一つ読み終わる度にふっと解放されるような印象」に繋がっていたのだとも理解する。究極、人間も自然淘汰の摂理の中で足掻く生物であって、グロテスクと感じるものは淘汰されまいとする生き物としての本能に由来する。だからこそ、目を背けたいと感じなからも、ふと吸い寄せられてもしまう。その本質的な部分をバドニッツは短い文章の中で巧みに展開する。

それにしても、こういう癖の強い作家の作品の岸本さんの翻訳は相変わらず素晴らしい。捻った世界観の中で作家が何を描いているのかが、すっと見通せる。文体が翻訳者の個性を主張することはない。一方で、それぞれに個性的な作家を取り上げているにもかかわらず、あたかも岸本佐知子翻訳群というジャンルがありそうな共通性もある。比較でいうなら、米国文学の翻訳と言えば柴田さんだとも思うけれど、その日本語には柴田元幸臭さというものが明らかにあって、例えばオースターの持つパルプフィクション的な雑味まで柴田さんの日本語に掛かると洗練されてしまうような気もすることがある。それは、村上さんの翻訳がどこかしら村上春樹作品を読んでいる読んでいるような気にさせられるのと似た感覚。岸本さんの翻訳には、そういう意味での岸本佐知子臭さがない。エッセイや嘘日記ではあれ程に個性的な書きぶりを発揮するのに。もっとも、ニコルソン・ベイカーにしろ、ミランダ・ジュライにしろ、選ばれた作家たちに岸本佐知子臭さがあると言えばあるのかも知れないけれど。次はミランダ・ジュライのmy first bad manかしら、と、勝手に期待する。

2016/02/21 21:06

投稿元:ブクログ

ぞわぞわする短編集。
何としてもアメリカで出産するため、赤子をお腹に四年間とどめるお母さん。
白人同士なのに黒人の赤ちゃんが産まれて、母は子を愛するけど、それができない父。

間違った慈善、両親がなかなか家に辿り着かない話などなど。

2016/02/16 13:07

投稿元:ブクログ

ブラックユーモアに満ちた短編集。特異な人間を描き出しているように見えて、実はどの人間にもあるような暗い部分につながるような描写がなされている。格差、差別、理性のタガなどのフレーズが浮かぶ。そういうあたりのことを、母親や女性の視点で話を作っていて、凄まじくて、面白かった。ただ、ブラックな部分が過剰で救いもユーモアもない話もあったので、自分の気持ちがどんよりしてしまったのがつらかった。
バドニッツのような話を書いてみたいし、岸田さんのような方に本書のような良翻訳をしてもらいたくなった。

2015/02/08 17:03

投稿元:ブクログ

短篇集。初めて読む作家だが、『訳者あとがき』によると。邦訳が既に何冊かあったようだ(刊行はかなり前みたいだが……)。
『岸本佐知子訳』と聞いてすぐにイメージが浮かぶ、現実的な世界の中に異様なモチーフを登場させて非現実的な作品世界を作り出すタイプの作風。一部の短篇は記憶にあるので、アンソロジーにも収録されている筈。
表題となっている『元気で大きいアメリカの赤ちゃん』は、冒頭の『わたしたちの来たところ』におけるキーワード。『奇跡』『象と少年』も含め、『子供』が作中で重要なモチーフとなっているものが印象的だった。
とにかくある方向に突き抜けた作風が面白い短編集。

2015/10/17 00:33

投稿元:ブクログ

黒い背景に塗られた絵みたいにちょっと不気味で恐ろしい雰囲気の漂う短編集。
現実世界にぽっかりと漆黒の穴があいて、ブラックホールみたいなそこにひきずりこまれていくように世界が歪んでいく…
シニカルでその歪みは私たちの考え方の歪みじゃないかと訴えてくる

2015/03/03 11:52

投稿元:ブクログ

【世界の均衡を揺るがす12篇のおそるべき物語】白人夫妻に生まれたインクのように黒い赤ん坊から訪問販売員を納屋で飼う話まで。強靭な想像力と奔放なユーモア炸裂の傑作短編集。

2015/04/18 20:27

投稿元:ブクログ

シュールで奇想に満ちた物語でありながら、生理的な部分や感情に於いてはどの作品も怖いほどリアル。
つかみ所のない軟体物に触れている気分で、気持ち悪いのに何時までもいじっていたいような…悪臭の中に懐かしさの源を嗅ぐような。
どれもハイクオリティだが中でも『優しい切断』は白眉。病院に転用された戦時下の教会。毎日のように腕や脚の切断手術が行われ、シーツや包帯の上にはステンドグラスの窓を通して聖人や天使の姿が色とりどりに映される…「あらゆるものが祝祭めいて陽気に見える」。最初から最後まで強烈なイメージに痺れ続けた。森山良子の歌声も聞こえてくる …ザワワ〜

母娘、姉妹、赤んぼうなど女ならではの感受性に訴えるテーマやモチーフ

他に『顔』『奇跡』も傑作。

7 件中 1 件~ 7 件を表示