サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

モラルなき昭和30年代

2016/06/22 20:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和30年代の暗黒面を、日常生活・社会・学校生活・交通事情・犯罪・その他の5つの切り口で、99項目について見開き2ページで紹介。
 戦後復興優先の時代だったがゆえの、何でもありの昭和30年代は、現在のモラルなき隣国を笑えない強烈な時代だったようです。ただ、小学生(私は昭和40年代ですが)にとっては、空き地等の遊び場所はたくさんあり、毎日が刺激に溢れていました。今ほど小学生は勉強しなくても良かったし、自殺に追い込むほどのいじめはなく、危険な場所さえ行かなければ、小学生にはパラダイスな時代だったような気がします。

 私の子供時代は昭和40年代ですが、昭和30年代の名残はありました。食べると舌が染まる着色料べったりのアイス、川べりの乞食の掘立小屋、至る所に散乱する煙草の吸い殻、練炭火鉢、先生の体罰(ビンタ、デコピン、こめかみグリグリ等)は日常茶飯事、検便、犯罪等を警戒し日没後の子供一人の外出はありえない、変質者の出没等々。ただ、私には酷い時代という気がしません。お盆で田舎に帰ると、ボットン便所は嫌でしたが、親戚の子供たちとの昆虫採取や肝試し等々の楽しい思い出ばかり。未来がある活気溢れる時代だったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示