サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

クジラの子らは砂上に歌う 4 (BONITA COMICS)(ボニータコミックス)

クジラの子らは砂上に歌う 4 (BONITA COMICS) みんなのレビュー

  • 梅田 阿比
  • 税込価格:4634pt
  • 出版社:秋田書店
  • 発売日:2015/02/16
  • 発送可能日:24時間

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/04/15 20:07

投稿元:ブクログ

決戦の高揚、リョダリの苦痛、オウニが浴びた言葉の悲惨、ニビの最期、送葬歌の美しさ。たまらなく叙情的でいて本格派戦争ファンタジー。たった1話でリョダリを嫌な奴からもっと先を見せてほしいキャラクターに変える手際。哀しいことばかりの話なのに、まだしばらく読んでいられそうなことが嬉しい。

2016/11/05 13:34

投稿元:ブクログ

”印”の短命の秘密など、この世界のことが徐々にわかってきた4巻。けっこうエグい殺し合いが増えてきて、主要キャラといえども油断ならない感じ。

2015/07/31 14:04

投稿元:ブクログ

 戦争絵巻に終止符が打たれる四巻である。何も解決していないが、事態だけは終結した、といったところだろうか。
 これでようやく序章が終了し、物語は大きな流れへと移っていくのではないかと思われるのだが、ここまでで出てきた世界観ではやはり不足が多い。謎が多すぎるというのが個人的な感想である。
 ただ、やはりそれでも、魅力的な世界・ストーリーを紡いでいるとしか言いようがない。ギンシュのような、さりげなく描きながらもとても良いキャラが活躍していて、何人もの喪失を描きながら明るさを失わない。それこそが哀しくもあるが、物語としての深みはだいぶ出ているだろう。

 星五つと評価した。これでこのマンガがすごい!の10位だというのだから、知らない名作の多さが想像されるところである。少女漫画ももっと読んでみたいところだ。

2015/05/04 17:54

投稿元:ブクログ

先の見えない砂塵の中で戦うクジラの子ら。生きようと抗うことは傷つくということ。醜悪でさえある。戦場に残された屍の前で何を想うのか…?
避けられない戦争でした。惨たらしい死に哀しみながらも、自分たちは無力ではないと自覚したのではないでしょうか。"ヌースを破壊する力"がさらなる争いを生むのか、和平交渉の切り札になるのか。それは統治者の手腕によりますね。

2015/05/25 20:50

投稿元:ブクログ

話は一段落かな。でも次の敵?がやって来てる。でも敵?さんは水浴び中のクジラの面々を見て裸族と勘違い。 ニビはね、フラグたってたもんね。そういう展開になるだろうとはいえ悲しい結末。

5 件中 1 件~ 5 件を表示