サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

夢の雫、黄金の鳥篭 6 (プチコミックフラワーコミックスα)(フラワーコミックス)

夢の雫、黄金の鳥篭 6 (プチコミックフラワーコミックスα) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

ロードス島戦

2016/08/15 22:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:(o´ω`o) - この投稿者のレビュー一覧を見る

この巻まるっとロードス島戦でした。後宮描写はありませんでしたが、戦は戦で面白い。ベオグラードの時とは打って変わって、ちょっと苦戦するところが面白い。手柄をあげてヒュッレムを賜りたいイブラヒムが頑張ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

早く次の巻が読みたい。

2015/05/07 09:59

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とも - この投稿者のレビュー一覧を見る

ロードス島での戦いの続き。それぞれが手柄をあげたいと思う中、イブラヒムはロードス島に潜入し、オスマン帝国の勝利のための画策を行う。ロードス島での戦いはオスマン帝国の勝利で終わる。聖ヨハネ騎士団はロードス島を離れる。42年後にマルタ島で戦うとのこと。どんな戦いになるのか?
オスマン帝国に戻ると、ハレムの様子が変わっていた。次回どのような展開になるかが楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かった

2016/01/05 10:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナイロンスカートさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

買い忘れていて、新巻が出たから急いで買いました。

ゆるやかにお話が動いていますね。そんなに目新しさはなかった。つなぎみたいな巻だった印象。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/11 16:53

投稿元:ブクログ

後宮がほとんどでてこないけれど、おもしろい。できたらもう少し顔をかき分けてもらえたら混乱しなくて助かります。

2015/05/21 00:16

投稿元:ブクログ

まさかの主人公ほぼ登場せず、の第6巻。
戦争シーンだけで1冊使うとか、さすが篠原先生・・・少女漫画なのにラブが欠片も描かれないなんて。
私は皇帝エンドを望んでいるのだけど、やっぱり望み薄なんですかね。

2015/05/22 14:18

投稿元:ブクログ

やはり陛下は両刀……以前の巻でそれっぽい描写がちょろっとあったから、そうじゃないかとは思ってたけど。まあこの時代それが当たり前なんだろう。

2015/05/11 02:27

投稿元:ブクログ

ヒュッレムを皇帝から下賜されるために、何としても手柄を立てたいイブラヒム。
…で、ホントに手柄立てたよ~!Σ(゚∀゚ノ)ノ
うんうん、イブラヒムの熱い想いは分かったよv(´▽`〃)”

でも正直、私は後宮での女の闘いが見たいな~。笑
いや、苦手だった世界史のお勉強にはなってるんだけどもね。(^v^;)ゞ

次巻は、男たちが遠征している間に後宮内で第一夫人とヒュッレムの権力が逆転した件について…かな?

2015/02/15 15:59

投稿元:ブクログ

今回は戦地メインの話だったので、恋愛のほうはまったく進まず。
次巻はヒュッレムに新たな動きが?!
続きが気になるー。(*´﹃`*)

2015/02/10 20:39

投稿元:ブクログ

愛するヒュッレムのためにイブラヒムがとうとう動きます。
だけど、いろいろ時は残酷にも、イブラヒムの想いをよそに状況は難しい方向へ向かっているのかもしれません。
6巻は、ヒュッレムは本当に最後の方に少しだけ出てきます。
状況が状況なだけに、イブラヒムのことが頭をよぎります。

2015/02/15 20:45

投稿元:ブクログ

ヒュッレムを求めるイブラヒムの戦い。その彼女も後宮で彼女の戦いをしていた模様。その様子はこの巻では描かれていない。

少々、絵の劣化が目立つ巻。ちょっと辛いか。

2015/02/25 21:29

投稿元:ブクログ

イブラヒムが本気で勝負に出た一方、ヒュッレムが本性を現し始めていた…!?
実在の人物を今後どう描いていくか興味ある。

11 件中 1 件~ 11 件を表示