サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (12件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
22 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

将来へ一歩・・・

2015/02/19 10:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:k・ゴン太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

体と心が入れ替わったふたりが、自分の本来の姿に気づき、新しい明日へ進むエピソード。

ホッとしました・・・
次巻はふたりの新しい姿が見られそう!

ますます楽しみになってきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ツワブキが!

2017/04/05 01:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

イライラする!という方が多いんじゃないでしょうか。
今まで男性として、あるいは女性として生きてきた二人が、それぞれの性に戻ろうとする、男性としての感情、女性としての感情を持って。。。絵も基本的にキレイだし、話も面白いんですけど、一つ不満を言うなら、ストーリー展開が早いんです。あさきゆめみし位、ゆっくり感情描写してほしいなあ~なんて。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

きゅんきゅんします

2017/03/31 22:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

沙羅双樹のパートはストレスたまることが多いので、睡蓮と東宮のパートはキュンキュンします。
なんかもうこのままでいいじゃんとさえ思ってしまうw

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

毎回その先が気になる!!

2015/12/25 11:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナイロンスカートさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

買うタイミングを逃し、hontoのお得な時に購入しました。
気付いたらもう次巻がでていて大慌てで購入しました。

毎回もっともっとこの先が知りたい!っとスピーディーに進みます。新完発行もそこまで遅くないので良いです。

物語も練られているし、絵も丁寧です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

再会

2015/09/14 23:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しましま - この投稿者のレビュー一覧を見る

睡蓮が髪を切り、もう女装には引き返せない状況になる。そして姉弟再会。この巻は石蕗のダメ男っぷりが際立つ。場当たり的にあっちへふらふらこっちへふらふら。とはいえ光源氏もこんな感じだよね。女三宮に興味を持って降嫁を受けて紫の上を傷つけ、気落ちした紫の上が体調を崩すと今度は新妻放置、それで間男との間に子供作られたら間男をいびり殺す。ということは、これが平安男のスタンダードなのか。…なんか嫌だな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/11 21:10

投稿元:ブクログ

まさに激動。各々が今までの私にはもう戻れないと思ってしまった。沙羅、本当に懐妊していたのか… 石蕗め! ふたりが再び会えたことでまた運命が動き出す。逆転へ。

2015/03/08 19:09

投稿元:ブクログ

東宮と睡蓮、睡蓮が秘密をばらし、沙羅を探しに。
宇治に住む月、「幸せなうつけ者」京の四の姫のもとと、宇治の沙羅のもとを行ったり来たり。

2016/02/24 22:32

投稿元:ブクログ

キスしちゃったがな睡蓮!! で始まった6巻。
つ、ついに東宮に男だってことも明かしてしまいましたよ!
もう両想いなんだから、上手くいってよ! と願わずにはいられない。
ちょうど沙羅は四の姫と離婚してフリーだし、男(沙羅)にとりかえばやしちゃえばいいんじゃないの!? と思ったら、ほんとに男装きたぁぁぁ!!
でもこれまでずっと乙女として生きてきたので(というかだからこそ「とりかえばや」しちゃったんですけど)、いきなり男らしくは無理でしたね…そうでした…。
だけれども男装して沙羅を探しに来たのは、これまでに比べればかなり男らしくなったと思うのですよ!
そして最後に沙羅に再会した時はもう…もう…!
沙羅は君にしか救えない! って思いました。すんごいホッとした。

一方、沙羅は石蕗に匿ってもらってるわけですが。
前巻で「男を見せた」とか言いましたが、撤回します。
………もう、この男は、ほんとに………!!
憎めないやつだけど、四の姫も変わらず好きなんかい!
完全二股やんけ! 沙羅を「理想の女」とかどの口が言うか! 自分にとって都合がいいからそう言ってるだけじゃん!
しかも沙羅は死産という深い傷まで負ってしまって…!(涙)

沙羅には本当に幸せになって欲しいです。
ちょうど睡蓮の方に帝からプロポーズがきてるので、このままとりかえばやしちゃって、結婚すればいいと思うの! 現在の石蕗には無理や!
というか、睡蓮(沙羅)×帝、沙羅(睡蓮)×東宮、石蕗×四の姫になれば丸くおさまると思うんだけど、やっぱりそう上手くはいかないかなぁ…?

2016/06/24 09:29

投稿元:ブクログ

女東宮への想いを抑えきれなくなった睡蓮。しかしその身に破滅の危機が!
一方、懐妊した沙羅は石蕗に付き添われ、宇治へと向かう。
その沙羅の心に去来するものは…。

ついにと言う感じの第六巻。睡蓮に入内が打診され、いよいよピンチ!ということで、あの女々しかった睡蓮がついに一大決心。
東宮様への想いもあるし、成長したなぁ睡蓮。ただ東宮様の場合、たとえ睡蓮が男に戻ってもくっつくのは難しい…ような?
一方で沙羅の方は宇治で身を隠しながら出産に備えてるわけだけど、もう本当に石蕗にイライラさせられる。根っからの悪ではないけど、なんかこう思考がな。一夫多妻な平安時代では悪ではないけど、モヤモヤする沙羅には大いに共感する。結局子供も…だし。
男装になった睡蓮と一度顔を合わせたのにお互いに気付かないのには驚いた。そこは察して。でも最後再会できて良かった。やっぱりこの姉弟は一緒にいると微笑ましくてよい。

2015/02/28 18:15

投稿元:ブクログ

【デザイナーメモ】6巻。百合風味。女装男子・睡蓮がメインのカバーは作家さん・担当編集ともどもタイミングを計っていたところで、物語上で皇女との恋が動き出した機会をとらえて実行に移すことになった。

女×女(風)カップルのビジュアルだけでインパクトは充分と思われたので、「ひねりすぎず」をコンセプトにした。提案は「姫だっこ(オベラ座の怪人)」「壁ドン」「装束解体」「オフィーリア」「ひざまくら(おやゆび姫)」の5案。このうち「姫だっこ」「壁ドン」「ひざまくら」がさいとう先生のイラストラフになって返ってきて、最終的に「ひざまくら」が決定稿となった。

資料に挙げたのは高橋真琴の「おやゆび姫」と、「ナタちゃんの竜たいじ」という古いアニメで、いずれにしても「生まれかわる」「換骨奪胎」という見たて。さいとう先生からいただいたラフはポーズがヨガの瞑想のようにアレンジされていて、なるほどと思わされた。前巻のマリア観音とのつながりもあり、「心の平静を保つ」という暗示もあり。

もちろん膝枕をされている皇女のうっとりした顏も見どころで、ここが今回の「オビを取らないと見られない」ポイントになっている。オビ外に見せるのを冠だけにするか、おでこだけ、あるいはまつ毛までにするか、最後まで調整を繰り返した。(カバー、表紙、帯、総扉、目次その他を担当)

2015/03/15 01:52

投稿元:ブクログ

おそらく本作品のクライマックスになるであろう巻。掲載誌で一度読んでいるけど、コミックスで読み直すと改めて気分が盛り上がってくる。

2015/06/03 12:15

投稿元:ブクログ

「ざ・ちぇんじ」の印象が強すぎて、ついついそれと比較してしまうんですけど、こっちが原作に近いんですよね。
四の姫と沙羅の両方を一緒に住まわせたらって、この時代の男性の価値観だからしょうがないのかと思うけど、現代だとありえない感覚で、石蕗ってほんとどうしようもないなぁって思っちゃいます。

沙羅は石蕗の子を死産。
男の身で東宮を好きになってしまった睡蓮が男に戻り、沙羅と再会。

そろそろクライマックスで、二人が入れ替わるんじゃないかと思うけど、変わったあとは睡蓮の方が男の世界で大変だろうなぁって思います。

ラストまで楽しみです。

2015/11/30 19:19

投稿元:ブクログ

氷室版とは異なる展開をはじめる姉弟。
宇治に隠れ住み、浮気性の男に対する女の切なさに浸る沙羅。
とうとう男として旅立つ決意新たに女東宮に別れを告げた睡蓮。

双子はやがて再会するが、ぎりぎりのところでニアミスの起こる場面の描き方が秀逸。

そして、ラストあたりの台詞。
「私と一緒に生きていこうよっ」

男の娘と男装女子という現代の萌えという括りではもの足りないような、人生の機微がしろじろと描かれており、作者の教養の高さとセンスを感じざるをえない。

それにしても、いちいち毎回恥ずかしい表紙だなっと(笑)

2015/02/23 17:47

投稿元:ブクログ

大きく物語が動くこの巻。
原典では出産後遺棄、氷室冴子版では想像妊娠、となった女君の妊娠ですが、流産という展開になりました。
女が子供を捨てるというのは、どうしてもヒロイン像としては読者には受け入れがたいという部分があるのでしょうが、逆に沙羅を普通の女子にしてしまっているような気がします。
男として生きなければならなかった女君が、自分の人生をもう一度取り戻すために犯す罪に対してのジレンマや選択を書くべきだったのでは。
さいとうちほさんはあくまで少女漫画家なので、主人公の内面に一般的に女としてのカテゴリから外れるようなものはいれません。
一見個性的な設定を与えられますが、実は少女漫画の王道を順守しています。
そのため、どうしても個性が弱く感じられます。
彼女の少女漫画の描き方入門を読んだことがありますが、本当に基本に忠実です。
だから、脇役や悪役は思う存分個性をくっきりはっきり書く、嫌われてなんぼくらいで作っているからそっちの方が生き生きしているんですね。
ツワブキの苦労知らずのお坊ちゃんゆえの無邪気さと紙一重の身勝手さや無責任さ、女東宮の愛らしさなど、どうしても主役が喰われ気味な傾向があります。
ヒーローであるみかどもかっこいいだけで、今はインパクトが弱い。
睡蓮が主人公でありながら、女らしさを持つために少女漫画のヒーローの王道からはずれているので、彼の存在が沙羅をひっぱっているのでなんとか均衡が保たれているきらいがあるような。

さて、いよいよ、「本来の性に戻る」と決めた二人ですが、ざ・ちぇんじは入れ替わってハッピーエンドですが、とりかえばやはそうたやすくはいきそうになさそうで、先が非常に楽しみです。

2016/12/21 20:44

投稿元:ブクログ

自分の中の男に気づいた睡蓮。
あっさり東宮さまに話したのはびっくりしたけど、大切な人だから誠実にいたかったんだろうな。
睡蓮の決断でまた面白くなってきた!
睡蓮が沙羅を見つけてくれて本当に良かった。
今まで沙羅ばかり目立っていたけど、やっと睡蓮も主人公らしくなってきたな。

22 件中 1 件~ 15 件を表示