サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

ぴんとこな 14 (Cheese!フラワーコミックス)(Cheese!フラワーコミックス)

ぴんとこな 14 (Cheese!フラワーコミックス) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

電子書籍

全巻通して

2016/02/29 02:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:uri - この投稿者のレビュー一覧を見る

歌舞伎初心者なので、これをきっかけで歌舞伎に興味を持つことができました。絵もきれいで素敵でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろい

2015/10/03 10:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんた - この投稿者のレビュー一覧を見る

歌舞伎の世界は遠い感じでしたが、こんなにおもしろくて奥深い世界であることをこの作品を読んではじめて知りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幸せになって

2015/08/29 17:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐季 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ひろきが大変過ぎます(泣)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自殺

2015/03/21 09:37

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちょこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ようやく結ばれたきょうのすけとあやめ。そんななかトウヤが自殺を図ってしまいます。なんとか一命をとりとめ、きょうのすけや師匠との誤解もとけ、一安心。またきょうのすけのお父さんの昔の話など、心温まる話もあり、よかったです。次回は自殺未遂後で体がうまく動かないトウヤくんの葛藤やきょうのすけのお父さんの病気の進行などの話がありそうで楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/24 14:34

投稿元:ブクログ

一弥ー!無事でよかった。前半のまま次巻に引っ張られたらもやつきっぱなしだったろうなー。よかったキレイに収まって。恭ちゃんと仲直りできてよかったねー!はよコンビ演目見せろください。

2015/03/01 20:57

投稿元:ブクログ

最新刊。これ絶対ヒロインはメガネ君だよな〜 でも私もヒロ君は好きだ。なんてメンタル豆腐なんだ。と言うか彼が揺れるのって大体恭之助絡みなんだな… 色々な意味で良いコンビだ。続きはさらにヒロ君試練回っぽいな…

2015/05/06 01:30

投稿元:ブクログ

ついに子どもの父親でないことが周りに発覚してしまった一弥。歌舞伎役者として中心に行くためにいろんな事を犠牲にして積み上げたものが崩れて絶望したのはわかるけど、その選択はないよ…。あの展開は好きじゃない。恭之助もあやめも、無事を喜ぶだけじゃなくて、もっと言うことがあるだろう。陽と陰の関係の恭之助と一弥が面白かったのだけど、ちょっとそのバランスが崩れてきた?あまり一弥を落としすぎると後味が悪くなってしまいそう。

2015/03/19 00:02

投稿元:ブクログ

お嬢さんが駄目すぎてイライラする…。

恭ちゃんと一弥くんがキャッキャウフフしてるトコだけが見たいのではやく歌舞伎のシーン下さい

2015/03/03 18:55

投稿元:ブクログ

一弥が前巻であそこまでヒールになってしまったから引きもどすためには自殺未遂という究極の策を使うしかなかったのかとも思うけれど、やはり少女漫画という範疇においては安易にその手段を取るのは適当ではないように思う。

2015/03/02 14:54

投稿元:ブクログ

知ってはいたけど一弥の恭太郎愛が気持ち悪いレベルだった(笑)長らく擦れ違いが続いてモヤモヤしていただけに、久しぶりにお互いの気持ちを確かめ合うことが出来て本当によかった、轟屋の件も含めてよかったねと一安心。
面白くて一気に読んでしまうので続きが待ち遠しい。
また二人で舞台に立つ姿を早く見たいなあ。

2015/05/04 17:58

投稿元:ブクログ

『色恋沙汰も芸の肥やし』とは言いますが…。自殺騒ぎのうえ、障害が残るかもなんてシャレになりませんね。いやいやでも、様々な試練を乗り越え、その人生経験一切合切を最高の舞台へと昇華させるのでしょう。一弥ばかり辛い目に合ってる気がしますが、父親の死は恭之助を覚醒させるんでしょうか?

2015/02/27 11:54

投稿元:ブクログ

今回、単行本の表紙が今までと感じが違っていて驚いた。

なんて、綺麗でさみし気な一弥なんでしょう。
13巻の終りが怖い終わり方だっただけに
どうなったのかと思ったけど。
まさか、ここまで本当に追い詰められて、まさか一弥がそんなことを・・・と泣きやした。

そんな絶望している一弥とは裏腹に、まさか あやめと恭之助はなんやかんやと進展していてこれまたビックリ。

なんだけど、一弥に関してはもう良くない方向へ一直線なのかと思いきや、想像と違う方向へいき、なんだか事がいい方向に向かっているようでよかった。
でも、お嬢や梢六は罰があたったって感じかな。

激動の14巻でしたけど、一弥の未来はキラキラでいられるのか?
恭之助とまた一緒に舞台に立てるのか?

15巻へ続きます。

2015/04/17 09:13

投稿元:ブクログ

歌舞伎の演目について詳しくなります。

全体的に絵がきれいなのに、フルカラーの絵の場合は目が離れすぎててちょっと怖いです。バランスが悪いのかな。

13 件中 1 件~ 13 件を表示