サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

師匠シリーズ 2 (コミック)(YKコミックス)

師匠シリーズ 2 (コミック) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/03/06 00:48

投稿元:ブクログ

裏表紙の目次を見て、楽しみだったのは「三人目の大人」。だってこのお話に絵がつくんですよ。気味の悪い感じがよかった。眠れません。
花火のときに語る人の愛おしさからの人殺しの話、さらに「壺」への落差がいい。

2015/04/14 23:14

投稿元:ブクログ

遅ればせながら2巻読み終わり。

元がネットの書き込み連載というのか特殊な形態なので、1話が長かろうが短かろうが「物語」のようなはっきりとした起承転結というより「ショートショート」のようなニュアンスを楽しむ気で読まないといけない。物語として読んでしまうと、どこかもやっとしたまま終わってしまうけれど、ニュアンスを意識すると、思わぬところから唐突にふわりとくる寒さが癖になる。

「オカルト・ホラー」と銘打たれているとはいえ、オドロオドロしいとかそういう恐怖感ではなく、淡々と語られ始めるものの背後にふと目を向けた時に何かと目があってしまったようなヒヤリとする感覚。でも次の瞬間には何もなかったように日常がある。でもそれが同じ日常に戻ってきているのか確証はない。そんな感覚こそがこの面白さなんだろうなぁと。
ぶっちゃけてしまえば「オカルト・ホラー」じゃなく「世にも奇●な物語」的といってしまえばそれが全て。

2巻の見所としてはやはり片山先生も楽しく描いてくださったという、「壺」での素晴らしくトチ狂ってる師匠でしょうか。
ちなみに1巻からの各話のよもやま話をあとがきに書いて下さってるのが良い。こういう作者さんの解説とか思い出みたいな話が地味に好きです。

2 件中 1 件~ 2 件を表示