サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

ピコピコ少年SUPER

ピコピコ少年SUPER みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

電子書籍

勢いそのまま

2015/09/29 17:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:norisuke - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ3冊目、現在の話も多く入っていますが面白さは変わりません。清野とおる氏と共にチャットルームのオフ会に参加した「アウェイ少年」の悲惨な結末は必読。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

例の事件の後の押切先生のお話

2015/08/11 07:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はち - この投稿者のレビュー一覧を見る

同シリーズ3作目。
先生の著作「ハイスコアガール」のアニメ化、連載が休止となった事件の後に出版されました。著作権周りに注意をかなり払っているのか、特定のゲームを取り扱ったエピソードは少なめです。
しかし5年後、10年後当たりにこの漫画に触れる事情を知らない読者にとっては、某事件の後を描いたエピソードは何の事か分からないんだろうなあ・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/11 18:03

投稿元:ブクログ

これはもはやブルースだ。美しく輝く思い出からくだらなくとも確かにそこにある日常、どうにもならない人生の浮沈までがゲームと共にあり、真摯に魂から描かれている。心から作者に幸あらんことを。

2015/11/05 22:06

投稿元:ブクログ

昨今、ノスタルジック系漫画はたくさんある。その多くはあくまでノスタルジーに浸る事がメインで、漫画としての面白さが損なわれている事が多い。しかしピコピコ少年は違う。何が一番違うか。それはこの作者自体が漫画として面白いと言うこと。

2015/02/10 16:04

投稿元:ブクログ

仕事、子育て、家庭。

勉強、親、友達。

忙しい現実に立ち向かう人生の傍に、ゲームがずっとあった全ての人へ。

2015/02/18 00:26

投稿元:ブクログ

ネガティヴな人にも面白くない奴と面白い奴が居るが…著者は圧倒的に後者な人間である事が良く分かる。
負の経験を、負の感情を、物語に昇華し、読者に投げ打つそれらの物事には思わず唸ってしまう。巧いな〜本当に巧い。
今に始まったことではないのだよな。そうだよな。著者のエッセイや自伝臭強い作品に訪れては苛む理不尽な「俺クオリティー」な出来事は押切蓮介こと神崎良太をもがき苦しめはするが、強くもする。何よりも無我夢中に前進しようとする姿には胸を熱くするものがある。
その中で支えてくれるゲームそして、仲間の存在の有り難さや大きさがより一層と輝き光っている巻であり、青春時代の辛酸な思い出と今も尚闘うことになる著者の姿が重なる勇姿には「ハイスコアガール」の復刊を願わずにはいられないのである。
しかし、ハイスコアガールにコンテニューはあるのかい?ファンとしては声を上げていくしかないのだが…切に願う。

驚いたのはこんなにも前から清野とおるとの付き合いがあったのかと清野とおるが発する台詞の「くやしさを憎しみをありがとう……と…」がとても印象的であった。いい友人である。
それと、本屋にたまたま置いてあったリーフレットに掲載されているゆかりの地である写真が載っていたので、それを合わせて読めたのでよりグッと入り込めたのは良かった。

2015/08/07 21:00

投稿元:ブクログ

完結編? なんでしょうか…個人的にはもう少し続いてもらいたいですけれども、作者もあまり続くとネタ切れ起こしちゃうんでまあ、この辺で終わっとくのが無難かもしれませんね…なんとなく幼少期の話よりも大人になってからの話の方が多くなったような気が致しますし…社畜死ね!!

ヽ(・ω・)/ズコー

そんなわけで大人になってからもゲームに支えられている作者さんなのでした…まあ、心の支えになってくれる趣味の一つや二つあった方が人生はより充実したものになりますよね…とか、分かった風な口を利いている僕ではありますけれども、その肝心の趣味とやらを持っているのか? と問われるとすぐには答えられませんねぇ…作者さんと違って自分は高校くらいでゲームからは卒業してしまいましたから…

この漫画を読んで再度ゲームをやってみたくもなりましたけれどもまあ、買ったら買ったで僕のことだからきっと箱から取り出しもせずに止めるでしょう…ああ、大人の財力が憎い…さようなら。

ヽ(・ω・)/ズコー

2015/02/10 01:04

投稿元:ブクログ

糞袋少年がやっぱなあ……巧く落としてるんだけどそれまでのエピソードからのこの落差はきつい。同業の友人として登場した清野先生が今この時期に赤羽漫画でプチ成功を収めてるだけになおきつく感じられる。

2015/03/10 18:29

投稿元:ブクログ

押切蓮介氏はこんなことで終わるような人ではないと信じております。

電子での19ページ、0点をとる神ちゃんの横の女子の目が素晴らしい。

壊れかけのRadioって感じですね。ときメモラジオのとこで神ちゃんがPCエンジンのときメモじゃないか、と言っていたので、ときメモってPCエンジンだったのかと思ってググったら、ときメモのサジェストが何故かときメモラジオがうpされたニコニコだった。

それにしても充実した半生ですねえ。
歳が近いので日曜のビックリマンアニメとかでにやりとしてしまいます。

やはり押切氏は実体験を創作に昇華するのが実にうまい。押切蓮介日記や本作のようなエッセイ漫画と創作漫画を読む比べることで更なる相乗効果が生まれます。
なだけにハイスコアガールは惜しいことをした…
いつか続きが読めることを祈っております。
応援もこめて星五つ

2015/02/09 17:46

投稿元:ブクログ

押切さんと同年代。ファミコンでは遊んでないけど…あの灰色で異様に丈夫なGBにお世話になりました。小さい頃は、老人になったら、コントローラーを握って死んでるんだろう、と思うくらいゲームが好きだった。思わず自分の歴史を重ねる漫画です。
またテンションが高くて、情念あふれる押切さんの漫画を楽しみにしています!

2015/02/06 10:38

投稿元:ブクログ

同世代なのですごく懐かしい。

最後の近況漫画は複雑なものがあります。
作者としての責任はどこまであるのか、出版社サイドの責任はどこまでなのか、何かを表現していくって難しいですね。

2015/12/08 19:02

投稿元:ブクログ

押切蓮介先生は引き出しが本当に多いなーと感じます。そして、なんと生きるのが不器用なんだろう...と思います。ピコピコ老人になるまで頑張って欲しいです。

12 件中 1 件~ 12 件を表示