サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
20 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

久々に面白い歴史マンガ

2015/08/31 21:37

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱらぱ - この投稿者のレビュー一覧を見る

架空の元御家人罪人を狂言回しとした対馬を舞台にした文永の役を描いた作品。
高麗史や八幡愚童訓を引用しての高麗兵の描き方が秀逸、元寇対馬襲来図を超える迫力でした。襲来前の対馬守護代や島民の長閑な生活描写から中盤以降の怒涛の戦闘に雪崩れ込む様がとても面白かった。久々にキャラクターに感情移入できるマンガに巡り合えました。二巻以降が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

戦記ものは苦手なのですが

2016/03/02 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KIORIN - この投稿者のレビュー一覧を見る

立ち読みでストーリーにグイグイ引き込まれて購入してしまいました。
時代ものは好きでもリアルなちゃんばら?系は苦手だったのに。
ずっと次巻を楽しみにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ワクワクする

2015/11/07 17:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒケシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

元寇と言っても博多での戦いではなく、対馬での戦いのようである。
本土の加勢もなく7日間、モンゴル軍を足止めするよう主人公が求められている。
史実では10日間、モンゴル軍は対馬にとどまっていたらしいが、果たして生き残れるのか?
生き残ることが勝利という戦いのようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

おもしろい

2015/08/21 13:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:taka - この投稿者のレビュー一覧を見る

評判通り。ぐいぐい引き込まれ、先が気になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ゆる目

2015/10/06 08:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるお - この投稿者のレビュー一覧を見る

元寇を舞台にした戦絵巻。なぜか主人公の目つきがゆるい感じで非常になごむwまだ3巻までしか出ていないが、伏線も効いていて今後が楽しみな予感。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白い

2017/03/18 09:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんた - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みだしたら止まらなくなるおもしろさで、続けて次巻から次巻へと読み続けていたくなるほどのおもしろさです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/13 15:25

投稿元:ブクログ

”元寇”モノの漫画作品なんて学習漫画以外で
あったのかな?少なくとも自分は知らない。
マイナー?な題材をしっかりと描いて
くれてるのは嬉しい♪

どなたかのレビューにもありましたが
”皇国の守護者”コミック版のイメージが
ぴったりなんですわ^^;上手い。

2016/02/14 12:16

投稿元:ブクログ

元寇をテーマにしたマンガ。フィクション要素が強い。
改めて考えるモンゴル帝国の強大さ。東アジアだけでなく東欧にまで勢力を拡げるその力。しかし嵐によって、小国日本がそれを追い返したという事実は、まさに奇跡。

2015/10/28 00:09

投稿元:ブクログ

元寇、しかも対馬での攻防を描いた長編作品。
勝ちを目指す戦じゃない、蒙古が対馬を去るまでの約一週間、ひたすら逃げ隠れ時に迎え撃ち、持ちこたえるだけのゲリラ戦。
目標と期限が明確で緊張感もあり、非常に面白い作品でした。続き早く!

2015/02/11 06:59

投稿元:ブクログ

星3.5。流人の兵士徴用やら宗家のお姫様やら出てきちゃって、いかにもなマンガ的世界に陥りそうな雰囲気で始まるのだが、ギリギリの所で踏みとどまっている感じ。資料が少ない時代を頑張って描いている。

2016/02/28 10:27

投稿元:ブクログ

鎌倉時代、元寇の話です。

主人公は罪人として対馬に流されます。
対馬を舞台に元との攻防が始まります。

主人公もヒロインも背景がありそうなひと癖ある感じが良いです。この巻では領主的な人が戦死するなど、先が読めない緊張感があります。

2016/03/30 15:10

投稿元:ブクログ

元寇漫画、なるほど。史実としては知ていても、細かい部分は全然分からないので、漫画で読めるのなら、ってことで。絵とか表情は上手く描かれているし、場面展開もしっかり入ってくるし、個人的及第点はクリアです。ここからの展開も気になります。

2016/08/20 22:35

投稿元:ブクログ

押し寄せる蒙古軍の最前線となった対馬国。北条家の内紛に巻き込まれ流人となった元御家人朽井迅三郎は、他の流人と共に対馬国に送致され蒙古軍と戦うことを強いられる。地頭の宗氏一族は寡兵にかかわらず善戦するも宗助国・右馬次郎父子は討ち死に、義経流兵法に長けた迅三郎が実質的に対馬勢の指揮を執ることになる。彼は、古代防人の末裔である刀伊祓衆、彼らが奉ずる寿永帝(100歳の安徳天皇!)の助力を得、大将軍少弐景資と約束した7日後の来援まで対馬を死守しようとする。歴史的には対馬国は完膚なきまでに蹂躙されてしまうわけだが、蒙古軍が対馬国を退去(通過)するまで迅三郎がどのように対馬国を「護る」ことになるのか、興味は尽きない。

2016/04/15 20:54

投稿元:ブクログ

元寇の折、鎌倉幕府は九州本島に防衛戦を引き、壱岐・対馬を見捨てます。壱岐・対馬を拠点化しつつ侵攻するモンゴル・高麗軍は各島に上陸。制圧時の暴虐ぶりは酸鼻を極めます。この対馬攻防戦というかつてないテーマに挑戦した意欲作です。「応天の門」のような美しい描画はありません。ゴチャゴチャした絵ですが、パッションを買いたいと思います。

2016/05/04 06:08

投稿元:ブクログ

1回目の元寇。文永の役の対馬での戦い。元の圧倒的戦力に対し、少しでも足止めをするために捨て石となれ、と罪人集めて送り込まれたうちの一人。義経流の使い手朽井迅三郎を主人公に話は進みます。
義経流。源義経の剣術「ぎけいりゅう」。対馬の姫様攫いに来た中に、似たような剣術使いの存在を感じたところに、義経大陸生存説みたいな伝奇の匂いも感じられて楽しみです。

圧倒的戦力の敵に対して、勝ち目のない戦いを挑まざるを得ない、という展開が「皇国の守護者」と似てる。朽井迅三郎と新城直衛の顔も似てるし。

20 件中 1 件~ 15 件を表示