サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

プラントハンター  命を懸けて花を追う(徳間文庫カレッジ)

プラントハンター  命を懸けて花を追う みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

2015/02/09 20:01

投稿元:ブクログ

 未知の植物、珍しい植物を得るために世界各国を飛ぶその姿は大航海時代の船長みたいな仕事のようである。
 植物も大陸も人が名付ける前からそこにある。
 どんなにご大層な名目をつけても、たんなる利己的な目的だと思う。
 
 けれども、それが無駄であるとか、自然保護としてやってはいけないのか……というと少し違うように思う。
 人が火を使うように、地形を変えるように、美しい花を見たいと思うのは、人間の素直な欲求で有るように思うのだ。
 最大限の注意を払いつつ、ルールにのっとり、プラントハンティングを行う著者はかっこいいなぁ。

 だが、過去のやっちまったことを「知らなかったから」で武勇伝のように語るのはちょっと引いた。特に富士山の木を勝手にって……誰も止めなかったのか? 今の時代に下手すりゃ炎上するようなことをあっさり書くなぁと驚く。
 でも、そういうことをできてしまうから、誰にでも出来ないようなことが出来るのかもしれない。

 全く関係無いけれど、このレビューは、けれども、だが、しかし、などの逆説の接続詞使いすぎで読み返して笑った。

2016/03/21 23:09

投稿元:ブクログ

こういう仕事もあるんだと、人を幸せにするという事は、やっぱり素敵な事だと、羨ましくもありという感じでした。
やっぱり、海外というワードは、私にとっては、大切なワードのようです。

2015/08/20 18:40

投稿元:ブクログ

そら植物園、という魅惑的なタグがつけられた植物を初めて目にしたのは、確か、上野の雑貨屋さんだった。部屋に飾るとちょっと素敵な雰囲気になりそうな、サボテンや多肉植物、塊根植物などをいくつか並べて売っていて、そこにつけられていたタグがそれだったのだ。

その後、そら植物園、という名前をあちこちで見るようになった。同時に、「プラントハンター」というワクワクするような肩書きと、西畠清順、という名前も目に飛び込んでくることが多くなり、長い間ずっと「気になる存在」だった。

だから、書店の店頭でこの本を見かけた時は、見知らぬ世界を覗き見出来る気がして、すごくときめいた。もう、表紙からして面白そうなんだもの!(竜血樹と著者が青空をバックに立っている写真。)

花の卸売業って、表に出てくることがないから、たぶん、華道家さんやデザイナーさんでないとあまり縁のない世界だと思う。実際、西畠さんの勤める「花宇」さんは、業界ではかなり有名な方だと思うのだが、大きなHPも持ってないし、日常でその名前を目にする機会もない。そしてそれは、「裏方として支える業界」という、暗黙の了解みたいなものが文化として根付いていたからだということがこの本を読んで分かった。その、普段はなかなか知り得ない、縁の下の力持ち的な世界を、いろんなエピソードと共に楽しむことができるのがこの本の何よりの魅力である。

私の好きなエアプランツ(ウスネオイデスとか)が、もともとはこの著者のお父さんが日本に持ち込んだということも初めて知ったし、桜や梅の枝切り・開花調整という独特のシステムがあることも初めて分かった。それから、市場に流通している植物はそれ自体が環境に優しくない、という視点も新しい感覚でハッとした。この著者は、今まで「裏方」だった世界に従事しながらも、その世界そのものの魅力を外に打ち出していける、明るくエネルギッシュなパワーに満ちている。こういう世界もあるのか、という新鮮な驚きを体感できるだけでも、一読の価値あり。

2016/06/22 16:39

投稿元:ブクログ

プラントハンターとは珍しい植物を求めて世界中をかけまわる人のことである。この本は植物の卸売店「花宇」の5代目である著者が植物を求めて世界中を旅したエピソードをまとめたもの。可愛らしい名前の職業だが危険が伴う職業であることが語られている。採取した植物の写真もたくさん掲載されているので写真を見るだけでも楽しめます。

2015/11/04 09:25

投稿元:ブクログ

 プラントハンター。
 なんてロマンのある職業なんや!
 「姫を救いたくばあの崖にある一輪の花をとってくるがよい」なんてどこかで聞いたことのあるような、罰ゲームとしか思えないような、無理難題ばかりが花宇(著者の会社)には舞い込んでくるという。
 いきなり樹齢1000年のオリーブを輸入するビッグな仕事のエピソードを初っ端から書いてしまって大丈夫?と思ったけど、次から次へと出てくるすごい仕事の数々。
 かと思えば、枝切りという地道な仕事を淡々とする日々もあるという。
 開花調整という技術、輸入の苦労など、全く知らなかった世界を垣間見た気がする。
 もっと花を買って、枯らそう。
 「とにかく海外で遊んでこい」って言えるお父さん素敵やなー。

2015/06/08 17:00

投稿元:ブクログ

珍しい職業の人の話は面白い。
花に対する熱い情熱が伝わってきた。
こんな風に体を動かしながら考えて仕事をしている人は自然に賢くなるような気がする。
蘇鉄は海外では人気がある植物らしい。種を大量に送った話が出て来る。海外で蘇鉄を見かけたら、日本産かもしれない。
紹介されてたイエメンの「砂漠のバラ」は確かに可愛い。
売り出したら買いたいな。

2016/01/19 23:55

投稿元:ブクログ

プラントハンターとしての価値観や色んな植物の話がいっぱいです。
色々印象にのこりましたが、特によかったのが、プラントハンターがどういった形で生まれたのか?
お金持ちの人が家も車もありとあらゆる物を手に入れた人が最後に欲しくなったものが植物だというのが何故か納得してしまいました。

2015/03/01 08:22

投稿元:ブクログ

テレビ番組で著者を一度見かけたことがあり、「プラントハンターとはどんな仕事なのか」興味を持っていました。
・新しい職業かと思ったら17世紀からあるなんて
・植物を輸出するときにどんな準備をしているのか
・検疫の大変さ
・プラントハンターのプロ意識
興味深い内容がたくさんあり楽しめました。
いままで興味なかった観葉植物の見方がこれから変わっていきそうですね(笑)

2016/03/12 17:00

投稿元:ブクログ

作者は本来は活けるための花を探すお仕事だが、高じて世界中の植物を探すに至っている。昔、ヨーロッパのプラントハンター が植物を求めて探したと同じで、冒険のようで楽しそうなお仕事。でも国立公園の盗掘の話はさすがにないわー。

9 件中 1 件~ 9 件を表示