サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

幕末愚連隊

幕末愚連隊 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2016/03/31 17:44

投稿元:ブクログ

幕末、戊辰戦争の戦いの中で、旧幕府勢として主に農民や町人などから編成された衝鋒隊(歩兵隊)の活躍を描く。

職を失くして食い逸れた、ならず者の男たちで編成された衝鋒隊メンバー。圧倒的な薩長の兵力と、徳川慶喜の大政奉還などの時代の趨勢により、常に不利な戦いを強いられ、負け戦が続く衝鋒隊であるが、ならず者たちならではの呑気さと切り替えの良さが雰囲気を暗くせず、小気味良さすら感じた。まぁ、ならず者たちだけに宿場町などを荒らし回る乱暴な場面も多かったけど、だからか一層強く人間クサさを感じられたかも。
今まで、戊辰戦争の話でも、衝鋒隊側目線で読んだのは初めてで新鮮だった。新政府派、旧幕府派など色々な目線で見ると、それぞれ違った世界があって興味深い。最後まで新政府軍に抵抗した会津藩にしても、白虎隊の印象が強くて、忠義心が強く清廉なイメージを持っていたが、領民たちが新政府側を助けた背景など、別の一面が同時に存在することを痛感した。

1 件中 1 件~ 1 件を表示