サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/09/27 23:44

投稿元:ブクログ

今一般的になっているセキュリティ脅威の事例が、大まかにまとめられて紹介されています。
全体的に、でも実際に何が脅威になるのかをざっくり知りたいときにちょうどよい一冊です。
とりあえず、自宅にEMETを入れて、使い方を調べておかなくちゃ、と思います。

2015/05/21 18:29

投稿元:ブクログ

攻撃者側が利用するインターネット上の情報源の紹介と対策。最近(2013~2014年)の主要な脆弱性の紹介、マルウェアなども少々。Windowsログオン回避はOS別に丁寧に解説してるけどそこまで必要だったかはわからない。

2015/06/13 17:15

投稿元:ブクログ

情報セキュリティについて考える取っ掛かりとしては面白い本。最近の脆弱性(ShellshockやHeatbleed)やBadUSBについても含まれています。

いろんなツールの使い方も記載されています。説明としては自組織のシステムの運用管理者がセキュリティチェックを行うという流れで書かれています。しかし、紹介されているツールは他組織のシステムに使うことで悪用することも可能です。本の冒頭で「免責事項」として悪用すると犯罪となることをもう少し目立つように書いておいたほうがいいのになあと思いました。

(以上、ブログ全文です。)

ブログはこちら。
http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4874730.html

2015/10/04 12:57

投稿元:ブクログ

事例から、ということでイメージしやすくセキュリティについて考えるきっかけになった。それにしてもなかなかショッキングなことが多く、セキュリティ担当者でなくともざっくり一読することを勧めたいと感じた。

2015/05/22 13:32

投稿元:ブクログ

2015年4月に実施した学生選書企画で学生の皆さんによって選ばれ購入した本です。
通常の配架場所: 開架図書(3階)
請求記号: 007.609//N37

【選書理由・おすすめコメント】
情報セキュリティを実際の事例を通して学べそうだから
(マネジメント総合学科、3年)

5 件中 1 件~ 5 件を表示