サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

ひとしずくの星(富士見L文庫)

ひとしずくの星 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/11/07 10:22

投稿元:ブクログ

いわゆるメリーバッドエンド。
淡路さんだしなぁと覚悟して読みましたが、やはり切なかったです。

でもさすがというか、始終美しかった。

ラストシーンの必要性は賛否両論あるようですが
個人的にはオチがはっきりして、あってよかったと思います。

2015/03/21 00:45

投稿元:ブクログ

花守の竜の雰囲気を彷彿とさせる物語だったな。最後にじんわりと来るお話だった。ただ、これをいいと思うか悪いと思うかは、人それぞれだと思う。私はすごく好きだけど。

個人的に、海を渡ったクスターの冒険譚が読んでみたいと思いました。何気に美味しいところを持っていった彼。

2015/03/07 15:12

投稿元:ブクログ

淡路帆希さんの本は初めて読みましたが、これはとても作者さんらしい本なんだろうなあと思いました。
というのも、この物語は、言い方は悪いかもしれませんが、ファンタジー小説を書くものなら誰でも一度は思いつくような、ありふれているといってもいい物語だとも思うからです。
でも、そんな物語を、ここまで美しく、切なく、そうしてあたたかく描いているのは、作者である淡路さんが、自分らしさを出して描いた物語だからだと思います。

「星の災禍」という天災を生き延びた青年ラッカウス。
彼はやがて神官となり、上位の神官しか入ってはいけない森に禁忌を犯して入り込み、そこで一人の少女と出会う。少女をシースティと名づけ、親交を深めるラッカウス。しかしシースティは隠された世界の鍵を握っている少女だった!

的なお話。
単純に言うとボーイミーツガールなお話なのですが、それだけでは終わらない切なさというか、美しさがあります。
とにかくとても透明な雰囲気の、美しいファンタジーといった印象です。清らかさすら感じられます。
読後感もなんともいえない温かいものがあり、切ない話なのだけど悪くなかったです。
でも、これは見方によっては、とてつもなくバッドエンドなのかもしれないと思います。
ハッピーエンドと取るかバッドエンドと取るかで読後感が変わるかな。

わたしは主役よりもサブキャラに惹かれるという志向がありまして、主人公のラッカウスやシースティより、クスターとかミルド様が好きでした。特にクスターはとても美味しい立ち位置だったと思います。こういうキャラクター大好きです!
切ないけれど暖かいファンタジーが読みたい方におすすめの一冊です。

2015/07/05 16:49

投稿元:ブクログ

少年と無垢な少女の純愛物語。この一言に尽きます。おばちゃんにはちっと甘すぎたかも。しかしさくっとよめました。読後感も悪くなかった。当初の舞台設定は細部まで描かれてたので、続き物?(続編あり?)と思いましたが途中からちゃんと一巻読み切りになってました。主人公のラッカウスとシースティの純愛と柱に、ミルドの過去の巫女への思慕、クスターとイーファのこれからの恋を絡ませた砂糖菓子のような一冊でした。

4 件中 1 件~ 4 件を表示