サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

電子書籍

バレないのかな・・・?

2016/01/06 09:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

王は結構切れ者なのに、ヒロインと騎士が同一人物だと気が付かないのは・・・?これから盛り上がっていくのかな?
孤独に耐え庶民のために良い国づくりにまい進する王と、それを支えようとする数少ない理解者のヒロイン。
冷たくされながらも、けなげに忠誠を示し、家族や同僚のためにもがんばるヒロインは応援したくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/10 15:12

投稿元:ブクログ

女性であるルティアが「女性のふり」をするというおもしろい話です。

ルティアが病弱な弟に代わって騎士になる決心をしたシーンに重いものを感じました。

2015/04/26 17:31

投稿元:ブクログ

宝塚的な、素晴らしい男役を演じるルティウスに今日も黄色い悲鳴が。
でも、男として生きてきた彼女は、上司に女装して王子の婚約者候補となるように命じられ、淑女教育を受けるハメになり、言動がおかしな方向に…という具合に、ビーンズ文庫にしては、ノリはかなり軽いです。
入れ替わりものとして、ハラハラさせてくれる彼女の言動が楽しいお話で気に入った。
この巻は、お互いに無自で甘さ控えめで続刊に続く展開で終わる。正体を確かめようと躍起になる王子と、なんとしても正体を隠したい彼女との今後の攻防と、恋の展開に期待。
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4447.html

2015/06/22 20:19

投稿元:ブクログ

気づいてないの?ねえ、気づいてないの?まーじーかー(笑) 近衛騎士のルティアスと伯爵令嬢のルティアは同一人物。病弱な弟を守るために自ら騎士となって伯爵家を継ぐと誓って早数年。ルティアはルティアスとして近衛騎士の任に就いていた。そんな彼女に国王警護の任にが与えられ。いやいやいや、将軍、絶対知ってるでしょ。ねぇ、絶対知ってるよね!(笑)公爵夫人である姉が思いの外自由気ままに出歩いてます(笑)国王とルティアは交換日記なるものを始めるのか!?ってとこで終了。

4 件中 1 件~ 4 件を表示