サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

近藤理論に嵌まった日本人へ医者の言い分(祥伝社新書)

近藤理論に嵌まった日本人へ医者の言い分 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/02/27 18:42

投稿元:ブクログ

非常に説得力がある。しかしネットでの書評では評判が悪い。医者と患者の間の溝の深さを感じる。
「溝を作って損するのは患者側なんで、医者は困らない」と医者側が思ってしまわないか心配だ。(もちろん医者側の努力が足りないのは当然のこととして)

2015/05/07 08:08

投稿元:ブクログ

村田医師の専門分野だけあり、近藤氏の主張のおかしさをみごとに論破しています。
一部の患者さんにだけ当てはまることを拡大して解釈している点、臨床研究論文の誤った解釈している点を指摘しています。
とても説得力があります。
すべての糖尿病患者さんに対して無治療を勧めるのは、やはりおかしいことです。
病態にあわせて食事、運動、薬物治療を組み立てるべきというのは正論だと思います。

http://ameblo.jp/nancli/entry-12023523916.html

2015/06/14 23:57

投稿元:ブクログ

 よくぞここまでわかりやすく書いてくれたものだ。ただただ感服する。
 タイトルこそ近藤理論、つまりは「医者に殺されない47の心得」などで知られる近藤誠氏の理屈を主題に取り上げているが、この本はその論への批判で踏みとどまるものではない、非常に読みごたえのある医療本である。
 もちろん、新書ゆえの紙面の限界はあるし、専門外のガン治療についてはあくまで専門外であると理解した上で読む必要があるだろう。それでも、ここで論じられている各種の問題は非常に重いものである。
 あくまで近藤理論への反論を重視するのならば、第二章の糖尿病治療に関する話がその点で最も意義のある部分だろう。だが、この書で重要なのはそこではなく、やはり最後の章であろうと私には思える。近藤理論がもたらした医療そのものへの影響に対する、医者の言い分はここに焦点があるのではないかと。
 裏を返して言えば、この第五章を読むためにも、そこまでの四つの章を消化している必要があるくらい、医療の専門性は高いということでもある。当たり前のことであるが、改めて思い知らされた気がする。

 星五つと評価した。新書としてこれ以上を望むのは難しいところだろう。
 当初は多くの紙面を割いた対話形式にだいぶ戸惑ったものだが、リアルな人間の感情が関わってくる医療の場を上手く描いた良い方式だったと思う。

3 件中 1 件~ 3 件を表示