サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

マネジメントの名著を読む(日経文庫)

マネジメントの名著を読む みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2017/01/05 22:15

投稿元:ブクログ

聞いたことはあるけどとっつきにくい、マネジメントの名著を経済学者がそのポイントをかいつまんで説明してくれる導入本。一応、取り上げられている12冊のうち、読んだことがあるのは1冊で、積読になっているのが2冊。順番に原典も読んでいきたいと思います。

2015/05/28 17:36

投稿元:ブクログ

全著作とも既読につき、更に掲載時よりスクラップしていたので、再読といってもよいが、結局、この手のガイド本を読んでもあまり得る事は多くない。本著を参考に自分なりの実践的読書を目指したい。

2015/03/30 13:50

投稿元:ブクログ

12冊のマネジメントの名著が一冊に凝縮された本。

名著と呼ばれるだけあって、それぞれの本自体も骨格・内容はしっかりとしたものになっており、だからこそ長きにわたり多くの人に読まれ続けているのだと感じた。私自身、読んだ本もあればまだ読んでない本もあり、これを機に改めて各書に目を通したいという気持ちになった。

2015/09/26 15:59

投稿元:ブクログ

タイトル通り名著のポイントがわかりやすく読めた。ドラッカーのマネジメント、ジャーニーのプロフェッショナルマネージャーは是非読もう

2015/02/15 22:36

投稿元:ブクログ

「名著のエッセンスを横断的につまみ食いできる」との宣伝に誘われて購入。

感想。満足。

備忘録。
⑴戦略サファリbyミンツバーグ
・戦略とは事前に計画されるものではない。実際にビジネスを進めて、試行錯誤の上に湧き上がってくるもの。
・ミンツバーグはポーターのポジショニング戦略を批判。なぜならば、企業は二兎(差別化とコストリーダーシップ)を追えるから。
・ミンツバーグ日本企業を評価。(≠ポーター)。
⑵競争の戦略byポーター
・コストリーダーシップ戦略に出るときには、他社に追随されることを避けたい。
⑶コアコンピタンスbyハメル
・企業の長期的繁栄には、ポジショニング戦略だけでなく、何を武器に戦うかという資源ベースの経営戦略が必要。
・≒既存の業界内でのポジション最適化を図るだけでなく、コアコンピタンスをもって新しい市場を創造する先見性が必要。
・主導権は創造するもの。
⑷キャズムbyムーア
・ハイテク商品(≒イノベーション)は、イノベーターやアーリーアダプターには受け入れられやすいが、その後のアーリーマジョリティに採用されるかどうかのステップに大きな溝がある。
・イノベーターは新しいもの好き、アーリーアダプターはハイテク商品に多少不便があろうとも利があるなら自分で工夫して採用する、アーリーマジョリティは使い勝手も含めて拘る実利主義、その後のレイトマジョリティーやラガードは周りの評判に左右されるので、その前のアーリーマジョリティの攻略がカギ。でも溝がある。
・その打破には、アーリーマジョリティ全体を相手にするのではなく、彼らの中の一部の打破に全力投球する、∵使い勝手も含めて多数の消費者を満足させるのは骨が折れる。それよりもボーリングの1番ピンとなる特定のアーリーマジョリティ層攻略を目指す。
⑸ブルーオーシャン戦略byキム
・ブルーオーシャンを探しに未来予想をするのではなく、まずは自社の手持ちカードをよく整理する。イノベーターは新結合。
⑹イノベーションのジレンマbyクリステンセン
・あの図(持続的イノベーションが破壊的イノベーションに追い抜かれる)
・イノベーションのジレンマとは、市場のニーズに応えるべく持続的イノベーションに躍起になることが、必然的に破壊的イノベーションへの対応を遅らせてしまうこと。
・イノベーションへの階の①「ニーズはあるがお金やスキルがなくて解決策がない」物事がターゲットになる。②その市場では、代替手段がないのでローエンド商品でも受け入れられる。
⑺マネジメントbyドラッガー
・マネジャーの仕事は成果に責任を持つことであって、部下の仕事に責任を持つことではない。
・マネジャーは問題ではなく機会に目を向けろ
・マネジャーは部下の強みを活かし、弱みを無意味にしろ。部下をオール5に育てるのではなく、各部下の5の能力を組み合わせて成果を上げろ。

⑽プロフェッショナルマネジャーbyジェニーン
・経営は「自然科学」ではなく「アート」。経営は単純公式では解けない。
・言葉は言葉、説明は説明、分析は分析にしか過ぎない。実績は実在し、実績のみが実在する。
・本来の自分でない者の振りをするな。事実以上に重要なのはその事実を伝えるものの信頼性。組織の中の良い連中は経営者からの質問を待ちわびている。物事の核心をつく質問を嫌がる者はインチキ。
⑿ウィニングbyウェルチ
・危機対応時の心得。①問題は見かけよりも酷い、②この世に秘密にしておけるものなど何もない、③危機対応の姿は最悪の形で報道される、④血を見ることなく収拾できない。⑤でも乗り越えれば組織は強くなる。

5 件中 1 件~ 5 件を表示