サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/04/13 20:32

投稿元:ブクログ

リーンスタートアップ的な不確実性が高い中でイノベーションを起こすための参考書的な一冊。最近はこの手の本を多く読んでいるせいで(一個前に並行して読んだキャズムも本書で言及されていた)どれも似通っている印象を持ってしまうがこれは具体例と実際的な話に焦点が絞られている一冊であり、その分有用性が高いと言える。
書いてる内容はイノベーションのジレンマだったりリーンスタートアップだったり、名著の内容をかぶる部分も多いのだけど、理論よりは実践的な話に主軸が置かれているので、その辺りの本と合わせて読んでも損は無い一冊である。
仮説の出し方、その検証方法等は他の本でも充分に触れられているところだけど、本書ではその後の拡大フェーズでの、特に人とコミュニケーションに関する部分に踏み込んでいるのが特徴的だと感じた。実際に20人くらいを超えてくるとコミュニケーションパスの複雑度が一気に増加してそれまでとは全く違った環境づくりが必要になってくる。とは言えベンチャーがイノベーションを生む上で必要なカオスも同時に必要であり、矛盾した状態を上手く作り出せるかがポイントになる。本書ではその辺りの具体的な記述があり真面目に読むと結構な時間を取られてしまうがその分の価値はある一冊になっている。
本書にある「真実だと思っているものは有力な仮説でしかない」という一節は自分自身の哲学にかなり近く、本書を読むことでまた帯を締め直す感覚が得られた事を嬉しく思う。

2015/02/04 13:51

投稿元:ブクログ

「メソッド」や「フレームワーク」が流行るとその反動なのか、それぞれに対して「方法論批判」が展開される。なんでそうなるのか?と不思議に思っていた。それは、多くの流行する方法論は、プロセスのパーツ、パーツを語っており、前工程、後工程を理解しないと、「そりゃ、うまくいかんわー」的な導入が一流企業と言われるところでもあるようだ。
今回読んだこの本では、「イノベーション実現メソッド」として、1:インサイト→2:課題→3:ソリューション→4:ビジネスモデルというプロセスの全体像を提示して、それぞれに必要な方法論と実践方法とケースが書かれている。キーとなる図表も多く、イノベーション実現のある一定の方向性は導き出してくれそうだ。

2015/05/24 17:08

投稿元:ブクログ

インテュイットやその他の企業の事例より、イノベーション(事業の作り方)の原則を学ぶ。
基本的な原則は、課題を特定し、それを解決するために必要な仮説を特定し、コストをかけずに実験を行い、できる限り時間をかけずに学習するということ。

3 件中 1 件~ 3 件を表示