サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

少女は書架の海で眠る(電撃文庫)

少女は書架の海で眠る みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

おもしろい

2015/09/18 15:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

ライトノベルとしては意外とストーリー設定がややこしく小学生とかだと理解するのに時間がかかるかもしれませんが、おもしろいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/28 18:24

投稿元:ブクログ

マグダラのスピンオフということで。個人的にはあまり向こうとの接点に気付かなかったけど(苦笑)あっちはクースラさんがヘタレてきた印象しかないから…(震え声)とにかくそれも気にならない程度に単発でも楽しめる作品でした。アブレアさんも口絵じゃ完全に黒幕っぽい感じだったけど、まったくそんなことはなかった。変人・奇才の類なのは間違いないけど、たまにまともというか、そこまで悪い印象がなかった。

2015/10/10 09:26

投稿元:ブクログ

『マグダラで眠れ』と同じ世界観ということで、読みたいと思っていた作品。
連休中に普段行かない図書館へ遠出して、借りてきました。

『マグダラ~』よりは、時間軸としては過去になるようですね。
コレド・アブレアがまだ生きている時代。
アブレアってこんな人だったんだ…という感じですが(苦笑)。

自分、本は好きな方ですが、えり好みはするし、書痴というにはほど遠い感じです。
でもずっと好きな本を読み続けられたら、幸せだなぁ…という思いはちょっとあります(それだけで満足ができるか、というとまた別ですが)。

本の売買が信じられない、本なんて役に立たないと誰もが思っているという時代が不思議な感じでした。
確かに知識だけでは解決できないことも多いですよね。
そのあたりをきちんと描いて、その上での本の価値を問うところが良いなと思いました。

まぁ、私なんかは娯楽として読むことが専らですが(苦笑)。
でもいろいろな本が容易に読める時代に生まれて良かったです。

2015/09/03 17:43

投稿元:ブクログ

なんと言うか本好きには胸に来る内容だなあ。

「マグダラで眠れ」と同じ世界観の中で描かれるのは、本がまだ写本しかない時代、無類の本好きで書籍商人を目指す少年の物語。

本が売り物ではない時代と言うのは現代にいる自分たちからするとなんだか想像つかないけれど、それだけに読んでて幾つも気づかされるところがあった。
昔は全ての本が写本だったのだよなあ。
その苦労と情熱の膨大さはいかばかりか。
逆に、そんな本を役に立たないものと言われることの寂しさ。
中でもクレアの言葉はただの一般論ではなく、どうしようも無い状況での実感のこもった言葉だけに、主人公ともどもこちらにも突き刺さってくる。
ただ普段実用書などほとんど読まないこちらとしては、本の価値は役に立つかどうかではなく、心を満たすことができるかどうかだと思うのだ。
クレアにとって最終的に本が、そう言う意味で価値があったことにホッとした。

物語的にはこれはいわば少年が囚われの少女を助け出す類いの物語。
ラストの一発逆転が期待通りで、いやあ、よかった。
その展開的は作者のもう一つの作品「狼と香辛料」的とも言える。
どっちも商人だしね(笑)

ちなみに今回には直接的なマグダラの絡みはほとんどないので、この先本編にこちらの人物が登場とかあったらいいな。

うん、面白かった。満足。

2015/03/31 14:02

投稿元:ブクログ

おもしろかったです。商売として成立しない書籍商を夢見る本好きのフィルに親近感。アブレアさん、清々しいくらいゴーインマイウェイな人だwwww

2015/02/21 01:31

投稿元:ブクログ

ファンタジーの世界でのボーイ・ミーツ・ガール。心の交流と成長があり、王道として読めるのではないでしょうか。暖かく、すがすがしい気持ちになりました。よかったなぁ、という。挿し絵もとてもかわいいですが、せっかくだからキャラクターだけでなく、もっと街並みや図書館などの風景も見たかったなぁ。児童書になってもいいかも。スピンオフ的な扱いの作品のようですが、これだけ読んでも大丈夫です。

6 件中 1 件~ 6 件を表示