サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

神のゴミ箱(メディアワークス文庫)

神のゴミ箱 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/03/11 02:09

投稿元:ブクログ

二章まで、純粋にいい話だな…。援助交際素晴らしいな…。と思っていたのに、なんで不穏になっちゃうのだ。いやまあ入間さんだからな……。
比内さんのキャラクターはどうしてそうなっちゃったの?と思ったけど読み直してみたらまあ最初からこうか。
木鳥ちゃんがかわいすぎてだめ。

2015/01/30 19:42

投稿元:ブクログ

【ある日、ゴミ箱のゴミがひとりでに増えた。それが『彼女』との触れあいのはじまり。】
 ある日。とあるアパートの住人、神 喜助(じん きすけ)のゴミ箱の中身が、ひとりでに増えた。ここの住人の誰かのゴミが、何故か転送されてきている。糸くず、美しい髪の毛、小説の下書き、そして『恥ずかしいポエム』。
 しかし、読んでいるこちらが赤面するそのポエムは、どうやら『遺書』らしい。つまり、ここの住人の誰かが、死のうとしている?
 自殺防止に奔走したり、女子中学生の援助交際を諭したり。
 神(のゴミ箱)のお告げにより、退屈だった彼の人生は、ささやかに動き始めた。
 これは、『どこかとつながっている』ゴミ箱を巡る、すこし不思議な住人たちの物語。

2 件中 1 件~ 2 件を表示