サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

特高二・二六事件秘史(文春学藝ライブラリー)

特高二・二六事件秘史 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

首相救出秘史

2015/08/17 14:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かずくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

2・26事件において首相救出をされた小坂氏の手記です。手に汗握る展開で,面白い読み物でした。真相を知らないはずの人が指揮をしたことになっていたり,そういうことって,昔からあるんだな,と感じました。また,情報を取るのに官側の雀の涙ほどの予算などいかほどの力も持たなく,民間の情報源との接触を密にしておくと勝手に入ってくるようになる,との話は,三菱や満鉄などの当時の民間の力はそれひとつで政府クラスのものだったのだな,と感じさせてくれました。佐藤氏の解説も面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/03 23:22

投稿元:ブクログ

元憲兵の手記で、著者が立ち会った重大事件、226事件と相沢事件のあらましが主な内容。事件発生からの憲兵の動きと、叛乱軍兵士の様子、岡田首相の救出作戦などの推移は、当事者でしか語れない迫力に満ちており、事件に関心のある人には必読。敏腕だった思しき著者の文章は、状況の描写が明晰かつ論理的で、非常に読みやすい。嫌われ者の特高も、視点を彼ら側に置けば、まるで推理小説のような印象を受けたりする。1点残念だったのは相沢三郎の供述書が原文(カタカナ)のままだった事。分量が多いだけに配慮が欲しかった。

薄ら寒く感じたのは、両事件とも、犯行に対して軍上層部が一枚岩でなく、醜い派閥争いを垣間見せていたところ。相沢事件に至っては、犯人が犯行後も堂々と建物内を歩き回っていたほど。国家瓦解への道は、軍の規律や良識が乱れていたこの時期から、既に宿命づけられていたかのよう。

2015/05/19 22:46

投稿元:ブクログ

「岡田総理は生きています」陸軍青年将校らの決起による叛乱軍占拠された官邸。「首相は殺害された」と騒然となる緊急事態の中、特高憲兵・小坂曹長は真祖をつかみ、一か八かの救出作戦を実行する。昭和史最大の事件の知られざる実録。(親本は1956年刊、2015年文庫化)
・推薦のことば
・序に変えて
Ⅰ 二・二六事件秘史ー総理は生きていた
Ⅱ 相沢事件
・解説

推薦のことばは、賀陽恒則、迫水久恒、福田耕という錚々たる顔ぶれである。下士官ながら交友関係の広さが窺える。本書の臨場感溢れる記述は、読んでいて圧倒される。
二・二六事件秘史では、財閥とのつながり(当時三井、三菱の情報網は完璧に近い程に、洗練された組織を持っていたp27とい)や、上官との駆け引き(黙殺しようとする上官p45、保身に走る上官p64)など興味深い。
相沢事件では、事件現場の陸軍省から憲兵隊司令部へ連行するまでの状況や、下士官が将校を取り調べるデリケートな様子などが窺えて興味深い。
昭和史の貴重な証言が、文庫として刊行されたのは、喜ばしい事である。

2015/03/08 21:56

投稿元:ブクログ

「二・二六事件」の岡田首相救出のノンフィクション。
著者は岡田首相を救出した特高憲兵の小坂曹長本人。
憲兵というと思想弾圧の急先鋒の悪役というイメージがあるが、具体的には大逆・政治・思想・騒櫌・等の私利私欲を離れた犯罪の取り締まりを行う高等警察(以下特高)である。
この任務から「二・二六事件」は当然特高の範囲に入るのであるが、事件が勃発するや、1500名近くの軍隊の反乱を前に、特高の上層部は日和見を決め込む。
こういう状況での小坂曹以下3名での長岡田首相救出劇の顛末は、スリリングであり、かつ「二・二六事件」の時代背景や事件そのものの具体的な状況等、当時の様相を後世の我々に教えてくれる一級の資料でもある。

2015/05/15 20:32

投稿元:ブクログ

1936年(昭和11)の二・二六事件において襲撃されたうちの一人である岡田啓介首相。彼は当初殺害されたと思われていましたが、実は殺されたのは別人で、本人は叛乱軍の占拠する首相官邸の中で身を隠していました。それを知った著者の小坂慶助・陸軍憲兵曹長が、部下とともにある大胆な方法で総理を救出するまでの顛末を記しています。

日本の近代史史上、最も特異なエピソードの一つ(と私が勝手に思っている)の当事者による手記のため、それだけでも極めて資料価値が高いものとなっていますが、ノンフィクションとして見ても非常に面白く、サスペンスに満ち溢れたものとなっています。

また、著者は前年に起きた相沢事件においても、犯人である相沢三郎の逮捕から取り調べを担当しており、その模様についても触れられています。

「序にかえて」によれば、小坂氏は他にも憲兵として、当時軍を揺るがした様々な事件に関わっており、これらについて書かれた本があるのならば、ぜひ読んでみたいです。

2015/02/06 16:14

投稿元:ブクログ

【反乱軍から首相を救った男の回想】首相官邸が反乱軍により占拠! 小坂憲兵は女中部屋に逃げ込んだ岡田啓介首相を脱出させるべく機を狙った――緊迫の回想録。

6 件中 1 件~ 6 件を表示