サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

桜ノ国 キルシュブリューテ(花丸文庫BLACK)

桜ノ国 キルシュブリューテ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/03/03 18:56

投稿元:ブクログ

名門男子校の寮で繰り広げられる大正ロマン。
過去に心の傷を持ち、誰の目にも留まらないようひっそりと暮らしている文弥は、オーストリア人の母を持つ碧眼白皙の伯爵家令息惣一郎と同室になる。
威圧的な態度で文弥にありとあらゆる雑用を言い付ける惣一郎の態度に周囲は反発するも、文弥は健気に従っている。
名家の嫡男として生まれながら何の後ろ楯もない惣一郎は、芸者の私生児として生まれた自分の生い立ちを恥じ美しい顔を隠すように下を向いて暮らしている文弥の中に、自分と同じの拠り所のない孤独な魂を見い出していた。
文弥の方でも、惣一郎が自分を試すかのように横暴に振る舞っても、うっかり作ったかすり傷をかいがいしく手当てしたり、眠れずに寝床を抜け出した文弥を探しに来てくれたり、冷えきった体を暖めてくれたり、その裏にある隠れた優しさに気が付いている。

惣一郎がいい意味でも悪い意味でもお坊ちゃんだけど、見目麗しいキラキラとは裏腹に質実剛健で真っ直ぐなところがすごく好みだた(*'A`*)

ラストは母の祖国に旅立つ惣一郎の乗った船を文弥が泳いで追いかけるとかびっくり仰天なドラマチックエンディングだったけど、なんか許せたww

2015/02/23 17:15

投稿元:ブクログ

挿絵の宝井理人さんが大好きで購入しました。
旧制学校とか、一昔前の話も好きなので、読み始めはとてもいい感じに進みました。
挿絵も本当に素敵(﹡ˆ﹀ˆ﹡)❤️

ですが正直全体の話は微妙…( ´•̥ω•̥` )
そこまでキュンキュンしなかった(笑)
受けの性格がいつまでたっても好きになれなかった。うじうじしてて、でも嫉妬心が強いところが自分に似ていたからかも(笑)

2015/03/20 03:57

投稿元:ブクログ

旧制高校ロマン!ということですが、物語の雰囲気や展開から国や時代こそ違いますが、森鴎外の『舞姫』を思い出しました。自分の目標か愛のどちらを取るのかという葛藤や愛し合っているのにすれ違う心などがなんとなく似ているなと...うーん切ない。

本の裏表紙の説明から惣一郎は高圧的な人間なのかと思いきや、文弥に対しては優しく、男らしく、かっこいいです。常にかっこいいんですが、終盤ただの脳筋ぽく思えてしまった点が悔しいです笑

文弥については内向的な性格がそのバックボーンから来ているものとはわかっているのですが、おどおどした話し方には最後まで慣れませんでした。ただそのいじらしい姿は純文学のヒロインのようで可愛らしいです。

最後の展開はビックリでしたが綺麗な終わりでした。
個人的には書下ろしペーパーの結婚の誓いをなぞった惣一郎の言葉が素敵でした!

3 件中 1 件~ 3 件を表示