サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

執事の狂愛

執事の狂愛 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍

ひたむきな愛情

2016/10/03 08:29

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:このみん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒーローの真っ直ぐな愛情が伝わってくる作品でした。たぶん、最後の婚約者との一幕がなければ、ソーニャ文庫さんでなくても良いのでは?というくらい歪みのないひたむきな愛情を感じました。
ただ、ヒロインのお父さんが何故そこまで婚約者に傾倒していたのかが終始疑問でした。悪行がバレた経緯もサラッと終わってしまったので、そちらも少し見てみたかったかな。二人の今後もぜひ読んでみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/06/24 20:05

投稿元:ブクログ

貴族令嬢のマチルダを彼女の側仕えの執事キースのお話です。
キースはほんと最初から最後までマチルダを崇拝してるような感じで、終始丁寧です。

マチルダの婚約者のヴィンセントはDV野郎で、しかも金遣いが荒い泥棒野郎。
マチルダを手込めにしようと忍び込んだときも、殴ったり叩いたりで、マチルダの父はなんでこんな男に欺されてしまうのか、とっても不思議でした。

ただ、ヴィンセントと結婚してからマチルダが暴力を受けたらどうしようもなかったですが、ある意味結婚前だったからか、マチルダとキースは駆け落ちできてよかったというか。

ただ残念なのは、最後結婚式の前で終わってしまったのですが、せっかくだったらマチルダとキースが元の家に戻ってマチルダの父の謝罪を受けるところが見たかったです。

2 件中 1 件~ 2 件を表示