サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

縛 王子の狂愛、囚われの姫君(乙蜜ミルキィ文庫)

縛 王子の狂愛、囚われの姫君 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

王子の妄執が凄絶なお話

2016/03/04 15:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンスの角に薬指 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここまでタイトルとイラスト、そして内容が見事にマッチしている作品も珍しいというか、もうそのまんまのお話。
狂った愛に突き動かされている王子と、それを受け入れてしまっているかのような姫君。
読んだ後に、この二人は今後どうなってしまうのだろうかと心配になってしまった。
破滅の予感しかしないのだけれど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/24 22:34

投稿元:ブクログ

最初に参考文献として「拘束少女絵巻」とあったので、もしやと思ったら、完全なるSMプレイの連続でした。この手のレーベルではあまり見かけない、本格的(?)な拘束具が沢山出てきて、ヒーローとヒロインの会話らしい会話も余りなく、ほぼHシーンでした。

話としては、元々は婚約者だったエルシィとルードヴィーグでしたが、ルードヴィーグの両親がエルシィの両親に処刑された復讐としてルードヴィーグがエルシィを掠い、塔の中で拘束具を使ってエルシィを凌辱しているうちに、エルシィがSMプレイに目覚めちゃって、ルードヴィーグは自国を再興することなく、SMプレイに明け暮れる日々を送りましたって感じでしょうか。

拘束具は文字だけ見ても想像が余りつかないですが、イラスト付きなんで、ああ、こういうものなのかってのは分かります。ただ、内容的にはソーニャでもよかったかなっていう感じでした。
(ま、黒表紙の方にはなってますけどね)

2015/07/03 11:36

投稿元:ブクログ

祖国の仇に惚れちゃったヒーロー。拘束具が色々出てくる、首絞めもあり。ヒロインも堕ちるエンド。二本挿し。

3 件中 1 件~ 3 件を表示