サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.6

評価内訳

11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

何か知らんけどに関する内容は少ない

2016/02/17 23:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どんどん - この投稿者のレビュー一覧を見る

心屋さんの言う「何か知らんけど上手くいく」ための内容はそれほど書かれていない。他の『一生お金に困らない生き方』や『好きなことだけして生きていく』の方がこのテーマに触れているように感じた。家族や職場の人間関係に悩んでいる人にお勧めの本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ううん

2015/09/17 17:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かど - この投稿者のレビュー一覧を見る

心屋さんの本は易しく優しい文章で、文字がビッチリじゃなくて読みやすく
内容がスルスル頭に入ってくる。
そして内容がいつもだいたい同じ・・・
切り口を若干変えていつも同じところに着地している感じ。
主張がブレてなくていいといえばいいのかなあ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/08 22:19

投稿元:ブクログ

ナイナイアンサーのギャル曽根さんの回で著者のことを知りました。
性格改善とか、過去のトラウマから抜け出すとか、興味が弾かれて。
それから書店で立ち読みして、いいなぁと思い購入。

なんか根拠はないけれど、
読んでいるととても心が軽くなって、
ありのままでいいんだ、嫌いなことは嫌いって出してもいいし、
好きなことは好きって表現していいんだ!
って思えた本。

・潔癖ぶるからゴキブリがやってくる
・ものわかりのいい振りをしなくていい
というのがとても心に残りました。

読みやすく、すぐに1冊さらっと読めちゃいます。
また落ち込んだ時やストレスたまっている時、
視野が狭まった時、思考でがんじがらめの時などに読み返したいです。

2016/02/20 18:24

投稿元:ブクログ

「許す」ということ。
「許せない」という気持ちの根っこには、「大切なものを奪われたものを奪われた」「大切なものをもらえなかった」という気持ちがあるということ。
「許す」には、「損する覚悟」が必要であること。謝ってもらえなくても、何ももらえなくても、奪われたままでも、傷つけられたままでも、「もういいや」と言える「損する覚悟」。

「問題視」することで「問題」が作られる、という原理も勉強になった。
「敵視」することで「敵」を作ることも同じ。

心理学の本で必ず出てくる「あなたの嫌いな人」は「自分自身の嫌いな部分」という理論も頭では理解していたつもりだけど、心屋式に、周りの人は「自分の本音の鏡」なんだと説明されると、とても納得がいく。

「がんばる教」をやめて「なんか知らんけど教」最強。
*がんばらない。
*やりたいことはやる。
*やりたくないことはやらない。
*やらなければいけないことは何もない
*好きなことは夢中になっていい
*損するほうを選ぶ
*「好き嫌い」で選ぶ
*「なんとなく」で選ぶ
*休む
*依存する(寄生する)
*仕事より家庭を優先する(家内安全第一)
*お金は出すと入ってくる
*いいものも悪いものも出す、受け容れる
*勝手に拗ねない、いじけない、強がらない
*ちゃんと、言う
*逃げていい
*泣いていい
*弱くていい、ダメでいい、役に立たなくていい
*誰も助けなくていい
*一番やりたくないこと(タブー)に向かい合う
*自分は思っているより最低なヤツだと認める
*自分は自分が思っている数千倍、素晴らしいと信じる
*長所は伸ばさなくていいし、短所もそのままでいい
*何かを「しよう」としなくていい
*自分最優先(誰かのためより、自分のため)
*ワガママ、気まま、子どものように
*踊るあほうになる
*どうせ愛されている
*なんか知らんけど、うまくいく

2015/04/16 16:59

投稿元:ブクログ

かなり価値観が異なる考え方で、子供への教育にも影響を与える内容。ソースにもあい通ずる所がある。受け売りでなく、著者の考えを再考してみる。

2016/01/11 23:22

投稿元:ブクログ

なんか知らんけど、人生がうまくいく。
そのポイントとして、自分を許す、全てを受け入れる、パートナーをほっといてあげる、がんばらない、気にしないなどの具体例が述べられているが、その本質は「もういいや」と「損をする覚悟を持つ」こと。
この一言に凝縮される。

最後の「なんかしらんけど教」の教義がまとめ。

2015/04/01 14:43

投稿元:ブクログ

以前心屋さんの本は1冊だけ読んだことがありますが、正直あまり心に残る事もなく、それ以来、本屋にズラッと並ぶこの方の本を手に取る事はありませんでした。

それが何故か先日何気にこの本を手に取り、パラッと拾い読みした所、パッと目に入ったワードがやけにひっかかり、後日買って読んでみました。

そのワードとは「損をする」という言葉。
この本にはパートナーとの関係や転職、子育てなど様々なテーマについて色々と書かれていますが、その根本にあるのはこの「損をする」ということだと思います。
「損をする」というのは、つまり「許す」ということ。

最初のページにはよく啓発本に書かれている「許す」という事から入っていますが、もし、この本を最初から読んでたら買う事はなかったと思います。
「許す」を「損する」という、この人なりの独特な表現で表している、だからこそ惹きつけられてしまいました。
また、人は許せない時、その許せない対象を監視している、という独特な表現にもギクッとしました。
正しく自分もそういう行動をしているからです。

こんな風に他の啓発本に書かれいている事をこの人なりの表現で書かれているというのが惹きつけられるし、とても読みやすいというのが特徴の本だと思います。

あと、個人的には同情を要求する相手をかわいそうと思わなくていい、無視していい、というのも心に残りました。
結局、全て読み終えて、最初にパラッとめくって目に入った「損をする」「かわいそうと思わない」という2つが私がこの本を読んで得たことです。

書かれていることのいくつかは「それは人によって違うやろ」とつっこみを入れる所や「結局どうしたらいいん?」という所はありました。

2017/02/03 13:08

投稿元:ブクログ

他の本もいくつか読んでます。
悩んだときとかはこの人の本は
楽しい気分になったり
なんかまあいっかってなって
気持ちが楽になります。

なんか知らんけど教、入信しようかな(笑)

2015/03/22 21:32

投稿元:ブクログ

心屋さんのブログも読んでてBeトレDVD会員だった。で、たまたま2冊手に入ったので人に勧めようかどうしようかという視点で読んでみた。理屈っぽい人には勧めにくい(^^;
あれ、これとそれ矛盾してるんじゃ?と思いそうだから。だけどそんなに、かちっとこれが正解ですみたいなのあるわけない。あったら逆に怖い(笑)
気楽に読んでぱっかーんしたらいいんじゃないかな。気合い入れてバイブル的に読む感じでもないと思う。

2016/03/23 20:46

投稿元:ブクログ

他の自己啓発本みたいに押し付けがましくなく、文章もフランクで頑固な私の心にも自然と入ってきた。
この本を読んで泣き、自分の感情を晒け出すことに成功して、とても楽になった。
今の私に必要な本だったと思う。

2016/11/18 23:10

投稿元:ブクログ

子育ての話とか結構でてきた。私の状況にあまりあっていないかも。 "どうせ愛されてるし
こびないこと、あこがれないこと、うらやましがらないこと、「すごい」と言われたら「やばい」と思うこと、誇りを持つこと、小さな池で満足しないこと、楽観的に考えること、一足飛びにすべてを手に入れようとしないこと、じぶんの器を広げること。
全員が「自分が楽しく生きたい」を貫けばいい。そしたら世の中よくなるって。全員が楽しく生きてる世の中って最高でしょ?"

11 件中 1 件~ 11 件を表示