サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

戦国乱世から太平の世へ(岩波新書 新赤版)

戦国乱世から太平の世へ みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

2015/01/31 15:33

投稿元:ブクログ

岩波新書の日本近世史シリーズ第1巻は、「戦国乱世から太平の世へ」。著者は、そもそも「天下」という言葉はどういう意味を持ったのかという問題から本書を書き起こし、織田信長の入京前夜から家光没(1651)までのおよそ100年余の歴史を叙述する。簡潔だがポイントをはずさない筆致は爛熟の極みである。そして、現在の近世史研究の成果をうまく取り込み、通説部分とそうでない部分もわかりやすい。

「戦国乱世」が治まり、「太平の世」が成るということは、国内的な部分と対外的な部分と両面があるが、とくに前者について天皇との関係を中心に近年の近世史の研究成果がふんだんに取り入れられているように感じた。また教科書的な常識であった諸概念についても学界の知見からきちんと批判的に論じられており、高校レベルの日本史の知識を見直すきっかけにもなるだろう(たとえば、「惣無事令」はなかったとする知見。あるいは、ちょっと古い常識だが、「慶安の御触書」の位置付けなど)。一時期、日本の「鎖国」を東アジア世界の「海禁」政策の中に位置付ける議論が盛んになったが、そのあたりも東アジア世界と共通の部分を含みつつも日本的な「鎖国」としてとらえるべきであろうとされている。16世紀から17世紀初頭の世界史的な文脈にあってもヨーロッパの重要性の再確認を促している。

経済史については豊臣政権期の金銀使用の拡大を銭貨の枯渇という側面を認めつつも、領主財政の爆発的拡大と流通経済の急速な拡張を強調した点やいわゆる「田畑永代売買禁止令」の位置付け(幕府が飢饉対策として「百姓成り立ち」に介入してくる)などがとくに興味深い。

蛇足ながら、寛永二〇年に出された2つの郷村仕置定のうち七カ条の第三条に「一身上よき百姓は田畑を買取り、いよいよ宜しくなり、身体ならざるものは田畠を沽却せしめ、なおなお身上なるべからず候あいだ、向後、田畠売買停止たるべき事」とあり、飢饉対策の1つとして出されたものだそうだ(p.217)。富める者が益々富み、貧しい者が益々貧しくなっていくのは、田畠売買に起因するのだからそれをやめなさい、という施策は反市場経済的な格差是正策としても読め、面白い。

2016/01/13 15:56

投稿元:ブクログ

戦国時代から家光時代まで、「乱世」から「太平」へと列島が統一されていく様相を描いた一書。「天下」という言葉の意味の変遷が補助線となっている点も特色。

2015/03/20 11:44

投稿元:ブクログ

近世の日本史、信長〜家光の時代が教科書チックに述べられている。朝廷と武家の関係や朝鮮や南蛮と日本の政権の関係なども詳しく触れられていて勉強になった。

2015/03/06 22:38

投稿元:ブクログ

<目次>
はじめに
第1章  戦国乱世
第2章  全国統一と朝鮮出兵
第3章  徳川の天下
第4章  徳川の政権継承
第5章  江戸幕府の成立

<内容>
岩波新書近世史シリーズの第1弾。戦国後期から江戸時代3代将軍徳川家光までを描く。淡々と事実を描きつつ、各章の終わりにまとめのように、現在の動向や研究状況を入れる。受験生やコンパクトに日本史を知りたい人に最適かも…。

2016/08/18 08:27

投稿元:ブクログ

前の時代の中世史シリーズの最後の巻とダブるところが多い。徳川三代については比較的詳しいか。前のその巻と比べると歴史のダイナミズムが感じられず、史実の詳細な記述とそれらの些細な位置づけ(天下、戦国、乱世、鎖国、幕府など)に終始した感がある。農政の下りは興味深い。

2016/01/24 23:44

投稿元:ブクログ

信長入京前夜から家光の死去まで、約百年の通史をたどる。「天下」をめぐる争いとして描かれることの多い時代。だが改めて、当時「天下」の語は、どのような意味を持っていたか?同じく「戦国」「乱世」「太平」とは?徹底した史料の読み込みから確かな歴史像を求め、近世の〈実像〉を語る、待望のシリーズ第一巻。(2015年刊)
・はじめに
・第一章 戦国乱世
・第二章 全国統一と朝鮮出兵
・第三章 徳川の天下
・第四章 徳川の政権継承
・第五章 江戸幕府の確立
・おわりに
・あとがき

日本近世史の専門家が、織田信長の誕生から徳川家光の死までを語った本である。新書と言うこともあり、当然、内容には広く浅い部分が出てくる。
全体的に薄味であるがゆえに、惣無事令については、無かったと明確に否定している点が目立つp81(ほか海禁についても否定的)。家光パートは専門だけあって面白い。

2015/02/22 20:18

投稿元:ブクログ

岩波らしくかなり骨太な内容。史料に基づく厳密な記述になっている。信長の時代は「天下」は京都ないし、畿内を意味していたとのことで意外な感じだった。光秀の「謀反」について、カギカッコ表記であることの意味はいわゆる謀反ではないのか。本能寺の変は、ひとつの理由で説明できないが、千載一遇の期と光秀が考えたとだけの記述で、もう少し立ち入って欲しかった。

2015/04/05 23:49

投稿元:ブクログ

岩波新書でまた楽しみなシリーズが始まった。①は中世からの脱却期。信長から江戸幕藩体制の確立まで。江戸幕府ってのは300年も続くほどの強固なシステムだったわけだけど、意外と偶然のおかげで仕上がっていったことがわかる。それにしても家康の寝技というか根回しは強烈だよね。

8 件中 1 件~ 8 件を表示