サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

世界史の構造(岩波現代文庫)

世界史の構造 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

世界史の構造

2015/10/30 01:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シエル - この投稿者のレビュー一覧を見る

こう言う小難しいことを良くも考え出して大著にするもんだと感心する。
自分などがこうやって日々、時間潰しにダラダラ書いているのと違って一冊の本を仕上げる為に読込んだ参考文献、引用だけでも多分本書の数倍とか10倍になるんじゃないかと思う。

英語版以外にも韓国、中国、台湾での版もあるようだし本書に触れる諸問題について、アメリカ合衆国、カナダ、イギリス、中国、クロアチア、スロベニア、トルコ、メキシコなどで講演したともあとがきにある。
それだけ多くの国に訳されているのだろう。

内容は有史以前からの人類の歴史を「資本=ネーション=国家」が世界を覆い尽くしている。
それらの総合的な世界史を踏まえて、世界史を交換様式の観点から根本的に捉え直し、人類社会の未来を展望する、そんな感じの本だろうか。

従って、内容は四大文明以前から始まってギリシャ・ローマ帝国にアジアでは中国にオスマントルコ、モンゴルなども含めて細かく書かれている。
或いはホッブスのリバイアサンやスピノザからデカルト、ヘーゲルにマルクスに至るまで膨大な著作が引用されている。

多分、問題はこの新しい交換様式を提示したことで次の世界を見通そうと言うことなのだと思うが、そこには本書にある通り各交換様式にそれらをミックスした形の文化が拡がるのではないかと読める。
歴史論とか文化論、思想・価値観などに興味がある人には興味深く読めるのではないかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/14 08:24

投稿元:ブクログ

なんてわかりやすくて、おもしろい本なんだろう。
一気に読み終えました。
柄谷行人は読者へのいたわりがある。
読みやすいということは、自分がもっともよく理解しているということでしょう。

2 件中 1 件~ 2 件を表示