サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

人を操る禁断の文章術

人を操る禁断の文章術 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー35件

みんなの評価3.9

評価内訳

35 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

勉強になります

2015/11/19 13:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kei - この投稿者のレビュー一覧を見る

いい本です。
私は文章を書く仕事をやっているのですが、DaiGoさんは着眼点が素晴らしくとても勉強になりました。
今後の参考にさせていただきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

操れるかはあなたしだい

2015/08/28 08:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Grissom - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んだ人が勉強熱心であれば、効力がでるのは間違いないと思います。
コントロールするというような意味ではなく、
もっと、みんなをハッピーにできるこころがけの勉強にもなるのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

役立ちます

2016/01/18 13:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:れいこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

プライベートでいざという時の文章の書き方が変わると思います。まだ実践していませんが役に立ちそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タイトルに難有りだけど、

2015/12/26 01:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:momoji - この投稿者のレビュー一覧を見る

「人を操る」というタイトルがイヤで
書店で手に取らずにいた。
TVで話す著者の言葉に興味を持ち買ってみました。
すると内容はとても良くて、実際のビジネスレターなどにも
役に立つ内容でした。
人を操ると言うタイトルで本書を手に取る人も
居るのでしょうが、
同数かそれより多い人が嫌悪感を抱くのではと思うのは
私だけでしょうか?
内容はオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伝わる文章の筈なのに・・・

2017/01/15 08:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

文章は伝えるもの?

伝わる文章だけど、自分の思い通りになっていない・・・

実は、文章は行動させるために書いているのです。

このパラダイムシフトだけでも、非常にかちがありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/04 11:50

投稿元:ブクログ

業務時間中の、メール・電話・Skype・対面の割合が80: 5: 5: 10ぐらいです。メールでは表情とか声とか伝わりません。そこに更にnon-native言語の問題がプラスされます。なので、ここに書いてあるようなことは知っておくに越したことはありません。とりあえず言いたいのは、短く!今時メールが長いのはクレーマーだけ。。

2015/10/14 12:52

投稿元:ブクログ

【No.291】「ありきたりで常識的な言い回しに、過剰で具体的な条件を表す言葉を組み込むと、その文章は名言に変わる」「きれいな文章では人は動かせない。読み手の感情と想像力を刺激しよう。人を動かすのは、論理ではなく感情」「誰が読むのかな?と考え、情報を集めて文章を練っているか、練っていないか。この差は文章の仕上がりに歴然とした差を生み出す」「書く前にどれだけ調べられるかで、勝負は決まる」「人は経過した時間の分だけ、体験や知識を積み重ねていく」「あらゆる文章の中で人が最も好み、心に残るのは追伸部分」

2015/02/21 07:53

投稿元:ブクログ

★読む目的 !
LINEに活用する!

★INPUT  
・世界最高の美女とは?
じつはこれこそ文章の持っている力!ある言葉を目にすると、人は想像し始める。あなたにとって頭の中で想像した人こそが、間違いなく世界最高の美女。いい文章を読んだとき、頭の中でイメージがふくらみ、時として行動のための原動力となる!読む→言葉に反応する→想像する→行動を起こす  
 
・ 口下手なら文章を
文章は一度書いてしまえば、読んだ人の想像力を自動的に刺激し、24時間休まず半永久的に働いてくれる!会話だと自分のビジュアル、声のトーン、言葉の使い方など、すべて同時に気を配る必要がある。文章だと気を配るのは『文字』のみ。人間が最も利用している五感の『視覚』からの影響が少なく、書き手によるイメージをコントロールしやすい。
☆文章のメリット
①イメージの操作が容易
②書き直せる
③結果を見直して、微調整できる(テストできる) 
 
・メンタリズム
行動や態度、言葉などから相手の心理を読み解き、思うままに誘導する技術。 
 
・心を動かす文章の3原則
①あれもこれもと書きすぎないこと:人は、受け取った情報が足りないときは想像や予測で判断する習性有。あえて情報を少なくすることで、読み手の想像力を利用する!原則ワンメッセージ・ワンアウトカム(1つのメッセージで、1つの結果を得る)
②きれいな文章を書こうとしないこと:まじめに書くほど気持ちがこもらず、読み手の心にも届かない。表現が稚拙であろうと、言葉が洗練されていなくても書くべきことは、個人的な思いや背景、相手との共通体験などが盛り込まれた文章。
③自分が書きたいことを書かない:人は『自分の欲求に関連したことが書いてある』と気づいたら、必ず読む。書く前に読み手のことをどれだけ調べられうかで、勝負は決まる。自分が書きたいことを考えている時間があれば、読む人たちのことを調べるたほうが良い。刺さる言葉はあなたの中にではなく、相手の心の中にあり。  
 
・7つのトリガー
①興味:読み手がどんな興味を持っているか探る
②本音と建て前:理想と現実のギャップが大きいほど、人を動かす強いエネルギーに変わる。相手の抱えている問題(建前)を認め、その苦悩に共感しながら、本音に入る。そして、必ず本音を認める。
③悩み:悩みは、人を動かす原動力。解決してくれる『何か』を求める。
④損得:人は得することよりも損することに、より大きな影響を受ける(『損失の痛み』は『利益の喜び』よりも大きい)。ネガティブな情報を先に提示し、ポジティブな情報を伝え信用を得る
⑤みんな一緒:人は決定に迷ったとき、未知の状況に陥ったとき、周囲の人たちと同じ行動を取ろうとする。人は自分だけが集団から遅れることをすごく恐れるので、自分に『近い人』の意見により強い影響を受ける
⑥認められたい:『人から認められたい』という欲求は、この世に生まれた時からずっと消えることはない
⑦あなただけの:規制・制限されると、欲しくなる。人は、数量限定よりも情報の限定に弱い
この7つは、人類が誕生してから、ずっと私たちの心を動かし続けたきたもの。状況や条件におじて、いくつかを組み合わせるべし!   

★ウガンダの感想  
R+さんから頂いた献本です!いつもありがとうございます!
文章を書くときに、感情を抑えてしまうと、それは鏡のような効果を生み、相手の心から湧き上がる感情も押さえつけてしまいます!綺麗な文章を書こうと思えば思うほど、感情を抑えた文章になってしまいます!もっと感情的に!!

★一言で言うなら  
『文章は読まれるために書くのではなく、行動させるために書く!』

★OUTPUT  
・ありきたりな文章を名言っぽくする
×成功者は夢をあきらめない→○成功者は、飢え死にしそうなときでも夢をあきらめない(オリソン・マーデン)
×成功のために努力を惜しむな→○成功したいなら1日に18時間、ひとつのことに集中しろ(エジソン)
ありきたりで常識的な言い回しに、過剰で具体的な条件を表す言葉を組み込むと、その文章は名言に変わる!  
 
・ 人の悩みを知る
悩みの9割は『HARM』に集約される。
①Health:外見の変化、美容、ダイエット、病気、加齢、心身にまつわる健康 
②Ambition:野心、大望、夢、将来、キャリア
③Relation:人間関係、友人、知人、恋人、結婚、離婚
④Money:お金、収入の増減、借金、年金、住宅の購入
このHARMに『世代』をかけ合せると、人間の悩みな大別できる!世代別の悩みに関しては、厚生労働省の国民生活基礎調査などの統計データを活用する!

・ブレインダンプを活用  
ボキャブラリーに悩んだときは、関連する言葉、言い回し、言い換え方などを思いつくままに書き記す。大抵は、ボキャブラリーが少ないのではなく、言葉を出すための『粘り』が足りないだけ!自分の枠を超える単語を引っ張り出す方法は、考えないで書くこと。とにかくペンを止めずに、間髪入れず書き続ける 

・文章のテンプレートを活用
①書き出しはポジティブに:初頭効果(第一印象はずっと影響する)あり。つかみは『ちょっといい』『ちょっとうれしい』で」OK!
②なんども繰り返す:同じ『意味』と『感情』を、文章の中で言葉を変えて繰り返すとことで説得力がます!繰り返さなときに比べ、3回の繰り返すと46%、10回で82%説得力が向上する!ただし、同じ言葉は使わない(飽きるから)。
③話しかけるように書く:会話を『文章化』するだけで、説得力が上がる。人は文章より会話のほうが内容を覚えやすい。
④上げて、下げて、また上げる:ポジティブな話で相手の感情を上げて、不安になる告白で下げて、最後にすばらしい解決策を提示して、また上げる!
⑤追伸をつける:文章の中で人が最も読み、心に残るのは追伸部分。ポイントは2つ①追伸の前の部分で一度、きちんと話を終了させておく②追伸の短文の中にクライマックスをつくる  
           

2017/03/02 21:57

投稿元:ブクログ

◯文章を書くときのスタート地点は、「相手にどんな行動をして欲しいか」を考えることです。(58p)

◯刺さる言葉はあなたの中にではなく、相手の中にある。(83p)

◯「初めてです」「変わりました」を文章に盛り込み、承認欲求をくすぐろう(151p)

2015/02/15 16:52

投稿元:ブクログ

【150215】
人を動かす7つのトリガー
1:興味
 興味に触れれば,勝手に動いてくれる.
2:ホンネとタテマエ
3:悩み
4:ソン・トク
5:みんな一緒
6:認められたい
7:あなただけの

5つのテクニック
1:書き出しはポジティブに
2:なんども繰り返す
3:話しかけるように書く
4:上げて、下げて、また上げる
5:追伸をつける

2016/07/19 14:06

投稿元:ブクログ

【このメソッドでこの値段は安すぎる】

・ワンメッセージ・ワンアウトカム

・「誰」が読むのかの確認と分析が欠かせない

・材料を集めて文面を練ること

・読み手が待っているのは、自分に向けて書かれた文章

・そこに人の「顔」が見えるということが重要

・SNSを使った「リーディング」

・読み手が一緒になりたい、帰属したいと思っているカテゴリーを知ること

・メールは「下」から書く

・会話から文章を起こす

2015/03/18 12:22

投稿元:ブクログ

これは良書。メンタリストDaiGoさんの本。この方、頭いいですね。書いてる内容も、すんなりとわかりやすく理解できる。

2015/02/08 14:35

投稿元:ブクログ

レビュープラスさんからの献本で読みました。
テレビでもおなじみのメンタリストDaiGoさんの著書。いわゆるタレント本のようで、しかもちょっと大仰なタイトル、ということで敬遠するかもしれませんが、中身はいたって真っ当なもの。
小難しい文章術などは嫌だ、という方でも手軽に読めて、文章を書く上での役にたつと思います。
詳しいレビューはブログで

▼【R+】レビュー:『人を操る禁断の文章術』メンタリストDaiGo | 御経塚通信
http://okyouduka.com/201502/books/6819.html

2015/01/31 20:31

投稿元:ブクログ

チェック項目11箇所。文章はただ書くのではなく、読んだ相手の心を動かし、想像力を使ってもらうために書くのです。文章とは、読まれるために書くものではない、行動させるために書くものだ。文章は正確ならばいいものでも、量があれば喜ばれるものでも、高尚であればありがたがられるものでもありません、最も大切なのは、読んでもらい、心を動かし、行動につなげることです。文章を書くときに、あえて情報量を少なくすることで、読み手の想像力を利用することができるのです。誰が読むのかな? と考え、情報を集めて文面を練っているか、練っていないか、この差は文章の仕上がりに歴然とした差を生み出します。SNSを使ったホットリーディングで、相手の関心事を読む、そこを起点に文章を展開しよう。部下の立場から上司を褒めたり、労ったりするのは難しいものですよね、そんなとき役立つのが、「普通の人だったら……」という言い回しです。「初めてです」「変わりました」を文章に盛り込み、承認欲求をくすぐろう、すると、喜んで動いてくれる。冒頭がポジティブに始まると、文章の第一印象が変わります、いかがでしょうか? あなたが普段書いているメール、「お疲れ様です」で始まっていませんか?

2015/02/07 09:28

投稿元:ブクログ

 先日、メンタリストDaiGo 氏 による「人を操る禁断の文章術」を読み終えました。
 普段ならまず手にしないような扇動的タイトルの本ですが、レビュープラスというブックレビューサイトから献本されたので読んでみました。
 本書で著者が紹介しているのは、「自分にとって望ましい行動を人にとらせる『文章』の書き方」です。意思伝達のための簡単な作文の“Tips集”という視点でみると、それなりに具体的で納得感のあるコツやヒントが記されていると思います。とはいえ、そこで実例として示されている個々の文章を、仮に私が受け取って読んだとすると、正直あまり良い印象は抱きませんね。ちょっと馴れ馴れしくて相手に阿り過ぎているように感じます。

35 件中 1 件~ 15 件を表示