サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

サービスの達人たち

サービスの達人たち みんなのレビュー

  • 野地 秩嘉 (著)
  • 税込価格:4974pt
  • 出版社:新潮社
  • 発行年月:200810
  • 発送可能日:1~3日

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.5

評価内訳

22 件中 1 件~ 15 件を表示

社会の民族史、風俗史になっている

2014/03/09 21:11

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ノンフィクション作家である野地が描写するサービスの達人の人物像を書籍にしたものである。村松友視が書いた『帝国ホテルの不思議』と同じ様な手法である。村松の場合は帝国ホテルで働く従業員へのインタビューが基本になっている。本書の野地も同じであるが、世の中のサービスの達人を選んでいる点で異なる。

 ホテルに限定されないだけ多様性に富んでいる。老舗の天ぷら店、銭湯の三助、ウィスキーのブレンダー、ゲイバーの経営者、電報配達人、銀座のクラブのホステス、そして奇しくも村松と一致したホテルの靴磨きなどがその対象である。

 老舗の天ぷら店、ロールスロイスのセールスマン、ブレンダーなどはさもありなんと思うが、三助、ゲイバーの経営者、電報配達人などは実にユニークである。三助や電報配達人はすでに過去のもので、三助のサービスを味わった人はもはやそうはいないであろう。どんなサービスを提供してくれるのか知らない人も多い。

 どれも文庫本20頁前後が普通であるが、稀代の興行師には倍近い頁を割いている。主役は「怪物」神彰である。この神彰が描かれていると思って読んでいると、かなりの頁が神彰の次の興行師である「康芳夫」についての記述であったりする。呼び屋と渾名された興行師達であるが、俳優のように表に出る仕事ではないので、何をやっているかはわからなかったが、野地が紹介する呼び屋は波乱万丈で、読者を引き込んでいく。

 本書の続編が『サービスの裏方たち』という文庫本である。これも対象の選択が面白い。学校給食のおばさん、赤飯を作る和菓子屋、女性クレーンオペレーター、銀座の老舗の生き残り方、高倉健が愛好する名画の模写、英国のコーンウォールにある劇場などどれもユニークで話題に材料になるものばかりである。

 サービスと一口に言っても、その実態は様々である。サービスに三助やゲイバーの経営者が含まれているとは思わなかった。しかし、そんなカテゴリーの話はどうでもよい。産業分類を議論するわけではないのだ。世の変化に連れて「サービス」の中身は変遷を遂げ、栄枯盛衰を繰り返しているのだ。

 そういう点では野地の描くサービスは、社会の有り様を描いているとも言え、民族史、風俗史とも言えるかもしれない。二冊とも大変興味深く読了した。続編も読みたいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/11/28 10:18

投稿元:ブクログ

特別な人ではなく、その仕事を地道にやって活躍した人が描かれている。
これまでなじみがなかった職業に興味が持て、またそこで活躍する人の気持ちや思いに涙してしまった。
廃れてしまった仕事も取り上げられており、庶民の暮らしぶりも窺える1冊。

2009/12/20 22:16

投稿元:ブクログ

人は不幸のどん底からでもちゃんと復元できる。それくらい逞しい精神を持った動物なんだ。
美濃部都知事は昭和45年に公営ギャンブル廃止に伴って洗髪料の徴収もやめさせたから、銭湯の人たちには人気がない。
NTTの電報が阪神大震災で大活躍した。B29が東京を空襲した日も電報は配達された。すごいことだ。

2010/01/25 13:42

投稿元:ブクログ

雑貨とカフェのお店を営業している者として、学べるところがあればと手に取りました。

どのプロフェッショナルからも、仕事に対する情熱、信念、厳しさ、誇りを感じました。皆さん、長い修業時代を経てプロになられた様子が詳しく書かれていました。

私はまだまだ駆け出しのひよっこですが、サービスを提供するプロフェッショナルになる(本当はすでになっていないといけないのですが…。)べく、日々努力していきたいと改めて思いました。

2013/12/29 10:55

投稿元:ブクログ

昭和の、古き良き、もう息も絶え絶えの、幾つかのサービス業のプロにスポットを当てたルポタージュ。

コツコツと一つの仕事をやってきた人の人生が書かれていて、こんなところにスポットが当たるのはとても好ましいと思うし、記録として残しておきたいと私も思った。ただ、私には筆者の情緒的な文章が、随分と鼻についたけれど。

さて、何年か前に読んだのなら、私も同じように違う場所で、ともすればスポットのあたりにくいところでコツコツと一つの仕事を極めたいと、大きく共感したと思うのだけれど、今の気分では大きな共感はなかった。むしろ、それでいいのかと疑問に思った割合の方が多かったように思う。取り上げられているいずれのサービス業も、今はもう明らかに廃れていて、業態に寿命があることをどうしても感じてしまう。ここでは業態の晩年でもそこでとどまる姿がしばしば書かれているけれど、それは美しくはなく、むしろ悲しいことなのだと思ったのだ。
私もワークシフトの呪いにかかっているのか。そんなことを考えずに、ただ美しい話として読めばよかったのか。

2011/11/07 18:33

投稿元:ブクログ

自分が手がけていることを愛し、没頭し、とことん極めることを追い求めている諸先輩方の話。
仕事に疲れた状態で読んで、自分に活力を注入したい1冊。

2011/10/10 20:48

投稿元:ブクログ

ロールスロイスの営業マンから、靴磨きまで、いろんなサービスの達人が紹介されています。共通しているのは、謙虚であること。中でも、ウイスキーのブレンダーと、電報の配達人の話か好きです。

2014/08/13 23:14

投稿元:ブクログ

ロールスロイスのセールスマン、天丼の店、三助からオカマまで。いろんな分野、今、なくなっていくサービスも含め、サービス、というキーワードでいろんな人の仕事への向き合い方を語っている。
それぞれの人が興味深い。
小説を読んでいるわけではないのだけれど、
小説の主人公をみているような錯覚にとらわれる。

2011/08/25 19:37

投稿元:ブクログ

先月、新潮文庫から出た『サービスの裏方たち』には前作が存在すると知り、本屋さんで早速購入。そして読了。
今作は寿屋(現・サントリー)の”響“や“山崎”などを手掛けたチーフブレンダーや、銀座にあった伝説のゲイバア“やなぎ”のお島さんこと島田正雄さん。風呂屋の三助さんや、ヘップバーンの靴を磨いた有名シューシャインなど、サービス業の達人たちにスポットを当てた全9篇。今回もサービスの達人たちの、直向きに働く姿に心奪われる一冊です。
今作も話の節々で、石原慎太郎さんや、故青山二郎夫人の青山和子さん、テリー伊藤さんなどの著名人が登場します。…てか、あの美術評論家の青山二郎さんがゲイバアに通ってたというのは意外と思う反面、なんとなく納得もしちゃいました(笑)

2012/11/18 21:28

投稿元:ブクログ

今や幻の職業となった三助、ゲイバーのママ、名ブレンダーなどなど己の人生を懸けて職務をまっとうするプロフェッショナルたちの生き様、哲学を描いたノンフィクション。
ハウツー本ではないので、そのまま参考に出来る部分ばかりでないが、カッコイイ大人の生き方ってなんだろうと考えさせられる本。特にオードリー・ヘップバーンを虜にしたシューシャインの神さま、靴磨きの源ちゃんの生き方にとても感銘を受けた。

2013/05/03 09:05

投稿元:ブクログ

サービスの極意というよりも、一つの時代を描いたノンフィクションだと思った。進駐軍のゲイたちも通った伝説のゲイバー「やなぎ」のお島さん、「松の湯」の三助いっちゃん、モハメド・アリを日本に読んだ興行師康芳夫・・・今の時代を生きることができなくなった人間たち。しかし彼らは時代が必要としなくなったにもかかわらず、今もっとも求められるような技術と心を兼ね備えた「職人」たちだ。彼らを現代に蘇らせた本書は、現代に古くて新しい風を吹き込む。個人的には「ヘップバーンも虜にした靴磨き」が白眉。

2015/04/29 04:33

投稿元:ブクログ

『サービス』といふ書物の著者・桜井多恵子氏によると、日本の小売業ほど「サービス」なる言葉をいい加減に駆使する世界はないさうです。顧客側も売る側もそれぞれ自らに都合の良い解釈で「サービス」と発してゐます。まあ客側からのイメエヂは「値引き、おまけ」でせうね。要するに「サービス」はタダといふ考へ方。
反対に売る側からのそれは「満足、付加価値」といつたところで、「サービス」は有料といふ認識ではないでせうか。その辺のギャップがクレームに発展したりするのであります。

野地秩嘉著『サービスの達人たち』に登場するのは、超高級外車のセールスマン、天ぷら職人、銭湯の三助、ウィスキーのブレンダー、ゲイバーの経営者、電報配達人、キャバレーのホステス、「呼び屋」と言はれる興行師、ホテルの靴磨きといつた面々でございます。確かにサービスの達人と言へなくもないが、どうもこの書名には違和感があります。それよりも「プロフェッショナルの矜持」といつたものを感じるのであります。

したがつて、紹介文には「名もなき“職人”である彼らの姿を追いながら、本物のサービスとは何か、サービスの極意とは何か、に迫った九つのノンフィクション」とありますが、私見では、登場する彼らは別段顧客のことを考へてゐる訳ではなく(無論少しは考へてゐるでせうが)、自分自身が納得する仕事に邁進し、妥協をせず、自らの腕を信ずるプロフェッショナルと感じます。
各篇の内容は悪くないけれど、現在サービス業に従事する人たちの参考になるのかどうかは分かりません。タイトルの付け方の重要性を感じた一冊と申せませう。

ぢや、今日はこれで。ご無礼いたします。

http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-539.html

2014/11/17 01:17

投稿元:ブクログ

書店にて平積みされていたのを購入。数々のサービス業に携わった、携わっている人たちの顧客に対する配慮や仕事への心意気などが、綴られている。

2013/04/04 12:16

投稿元:ブクログ

ロールス・ロイスを売り続ける達人、靴磨きの達人、ブレンダーの達人、興行師の達人、その他サービスの達人達の素晴らしき話。今までモノ作りの達人などの本は多々あったが、サービスに関する本は初めて読んだ。どの物語も達人と呼ばれる人は努力や感性などを磨くことで養われているのが解る。

2014/01/31 13:16

投稿元:ブクログ

題名からサービスの達人の秘話などかと思ったらそうでもなく。

まあ様々な仕事の歴史や武勇伝としてならそれなり。

22 件中 1 件~ 15 件を表示