サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

hontoレビュー

女教師・二十三歳(フランス書院文庫)

女教師・二十三歳 みんなのレビュー

  • 綺羅 光 (著)
  • 税込価格:6706pt
  • 出版社:フランス書院
  • 発行年月:198509
  • 発送可能日:1~3日

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

官能小説の真髄を教えてくれた一冊

2016/06/22 00:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

今や巨匠と崇めても罰当たりではない綺羅光草創期の傑作。当時、何となくこんなもんかなと読み耽っていた官能小説に対して、脳天から改めという名の裁きの雷を落とされたかのごとき衝撃を与えてくれた。この世界はなんだ。こんな、こんな世界があっていいのか。いやらしい、いやらし過ぎる。これほどリビドーを昂ぶらせられるとは!もぅ、たまらんっ!と、悶えまくった記憶は今も消えない。新任の女教師留美子が、あっちこっちからあの手この手で絡み取られ堕ちていく様は圧巻の一言に尽きる。日本最強凌辱作家の原点の一つと言える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示