サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

hontoレビュー

ユリイカ 臨時増刊 村上春樹の世界

ユリイカ 臨時増刊 村上春樹の世界 みんなのレビュー

  • 税込価格:1,29612pt
  • 出版社:青土社
  • 発行年月:199906
  • 発送可能日:1~3日

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2010/06/11 15:27

投稿元:ブクログ

 このたび、≪「書くこと」が自分のうえで何を為すか≫という関心から、村上春樹を取り上げることになった。この本(1989年6月)では、巻頭のロングインタビューや、野谷文昭氏の文章をはじめ、よい材料がいくつもみられる。

 自分の意識下で動作する、やり直しも取り替えもきかないものが、長編小説には焼き付けられている。それは、自分をしかじかの状況へ追い込んだうえで、ある種見通しもコントロールもきかない「強度的な」世界が出現してくるところで、自分のなかに入ってくるものを次々と捌くというような、スピード作業の結果、できあがるものだ。(ロングインタビュー)

 「5月の海岸線」という短編にみられる奇妙な箇所を、初期の長編3部作と引き合わせつつ、村上春樹が自分のうえで実行しようとしたプロジェクトの姿が明かされてゆく。鍵の1つが、「5月の海岸線」にみられる(海岸埋め立てへの)反動的な感情や過去回想が、『羊をめぐる冒険』では、感情のニュートラル化や過去切断を伴った、まったく別の書き物へと転じていることだ。この操作は、村上自身がチャンドラー論のなかで表明している、「都市小説がなしうること」をめぐっての考えと一致するものであるという。(野谷文昭「消えた海岸のゆくえ」)

 (以下は私の個人的関心の逢着点:) 村上春樹が、自分の書く主人公が、見栄とか嫉妬とか劣等感とかの情念にふりまわされないのは、濁った情念を取り去ったあとにものこる、魂の闇のようなものを扱ってみたいからだ、と説明するとき、私たちは、小説の人物が、「やれやれ」と口にする幾多の場面を思い描いてもよいかもしれない。書き手は、プロット(描かれた状況)に折り込まれた、奇妙な要素を重視している。奇妙な要素との対面は、書き手に、あの独特でユーモラスな比喩をたくさん産み出させる(カメラが寄る、描写の緊張感が高められる)。そして、同時に、人物が「やれやれ」と口にする。≪「情念」によって曇るものが、「異界との交信」によってはクリアになるんです≫(カメラがひく、語りのなかの弛緩が、なにかポジティブなものを引き寄せる)。

 諦念とともにあって、不思議にすがすがしさを放つ文体がそこから産まれる。情念の側にとどまる足場のなくなった、都市生活。異界に放り込まれてしまったのだ、という飲み込み方をすることで、生活者の眼球が取り替えられる。

1 件中 1 件~ 1 件を表示