サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

東京最後の異界鶯谷(宝島SUGOI文庫)

東京最後の異界鶯谷 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/06/06 18:13

投稿元:ブクログ

単行本時代も読んだが「迷宮の花街 渋谷円山町」と一緒に購入。中身は単行本で読んだので、文庫本書下ろし部分だけ読んだ。
面白いなと思ったのは、二代目林家三平の昔の人が今より物を大事にしていたのは「全て先払いであったから」という分析。つまり昔は現金払いでも、店頭で先にお金を渡してから店の人にものを手渡ししてもらった。反して今はスーパーでも先に物を手に取って後から現金を払う「後払い」が周流だ。お金を払わないと物に触れられもしないということがあったから、昔の人はものを大切にしたと言うのである。
下町の人が考えることはなかなかに奥が深い。

2015/07/11 14:04

投稿元:ブクログ

ラブホ街として有名な地域についてのルポ。
風俗関係の話ばっかりかと思ったら、歴史やら宗教やらについての話もあり、よく言えばバリエーション豊かな、悪く言えばとっちらかった、そんな感じの本でした。
まぁ、特殊な地域だと言うことはよくわかりましたね。(^^; 鶯谷の駅で降りることはまずなさそうですけども。(^^;

2015/05/23 16:26

投稿元:ブクログ

鶯谷といけば、スバリ鶴光のオールナイトニッポンでながれていた『うぐいすだにミュージックホール」の印象が強い。このミュージックホールが架空の劇場だとは知らなかった。それぐらい鶯谷駅周辺には用が無い。

本作は、性風俗を中心い描かれているが、鶯谷に焦点を当てた貴重なルポになっている。文庫版に特別収録された二代目林家三平氏のインタビューも面白い。

江戸城の北東に鬼門封じとして建てられた寛永寺の外側にラブホテル街が乱立しているのは、結界が成立している証左と言えるかもしれない。

機会があったら鶯谷周辺をブラついてみたい。

2015/05/28 20:52

投稿元:ブクログ

三ノ輪から金杉通りを経て根岸界隈というのは地元の散歩で、とても気に入った町並みだが、言問通りを越えると表題の通り異界というか、一種独特の雰囲気に包まれれるのだ。本書には記載されていなかったが、北口周辺は、どこかの場所の交換方式で戦後の闇市があったのだと記憶している。信濃路や加賀屋が並んでいるあたりはその名残ではないのかな。
風俗については、単なるエッセイのような内容ではなく、インタビュー中心のルポルタージュになっているので迫力がある。

4 件中 1 件~ 4 件を表示