サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

迷宮の花街渋谷円山町

迷宮の花街渋谷円山町 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

鶯谷

2015/08/22 14:48

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:旅は道連れ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の同じシリーズの鶯谷に続く作品です。
渋谷丸山町については東電OL事件を描く点にやや重点が置かれ、街の印象が少し薄くなっています。ただ登場する人物の背景が明らかに鶯谷と異なる部分があり、そういう意味での違いを知るには良い内容です。
個人的にもし続編がまだあるのでしたら、新宿歌舞伎町や吉原などではなく、大塚あたりを取り上げて欲しいです。街の深さの部分で新しい事を知れそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/14 19:47

投稿元:ブクログ

仕事がつまらんのでトリップ感覚で一気読みしてしまった。

昔はネットがなかったから、いろんなところをウロウロしたよね。(単に若かったからかも知れないが)
新宿をウロウロ、池袋をウロウロ。

ただ、僕は渋谷にはあまりなじめないので、円山町の思い出は2つだけ。

1つは大学時代にAVの照明助手のアルバイトをしていた時、円山町のラブホテルで撮影をしたこと。時代としてはバブルの入り口くらいか。
回転ベットだったかは記憶にないが、壁全部が鏡になっている部屋で、カメラが回っているときは、床に這いつくばって隠れた記憶がある。

もう一つは、社会人1年目に先輩にストリップに連れて行ってもらったこと。時代的にはバブルが弾けた直後くらい。
今はなき宇田川町の「龍の髭」で食事をした後にストリップに連れて行ってもらった。ストリップに陰のイメージしかなかったが、意外にもショーアップされて盛り上がっているのに感動した覚えがある。
それでもストリップにははまらず、「龍の髭」にはまってしまったのだが。

なんでこんなことを書いてしまうかと言うと、本橋氏のルポに郷愁を感じてしまったから。渋谷ってどんどん変わっていくけど、逆に思い出が深くなって、何かを語りたくなる街なのかもしれない。

2015/05/30 19:55

投稿元:ブクログ

学生の頃、宅急便の配達のアルバイトで円山町界隈を担当したことがある。なので結構当時は細かい路地も知っていたし、ラブホテルや、や〇ざの事務所へ配達に行ったこともある。だが、当時それほど、鶯谷のような「異界」という雰囲気は感じなかった。鶯谷のようにいかがわしい感じがせず、もっと生活感のある街のように思えた。東電OL以来ではないだろうか、円山町が特殊な一帯と思われるようになったのは。
本書は森田芳光監督や三善英史などゆかりの人々のインタビューなどもちりばめられ、渾身のルポであることは感じられるのだが、なぜか内容が円山町独特のものを余り感じさせないのが残念だった。

2015/06/28 16:16

投稿元:ブクログ

著者の本はこれで2冊目になる。

読んで感じるのは、実際の現場に行って、
生の声を聴くことの大事なことを感いる。

今回は、渋谷の円山町のラブホテル街で生活している人々の
置かれている状況、生き方、町との関わりかたをインタビューを
中心に異界を表現している。

1章「花街の記憶」
花街の円山街の歴史を追っている。

2章「円山芸者」
現在残っている4名の芸者にスポットを当てて、
今の現状を追っている。
最高齢は小糸姐さんで85歳である。

3章「丘の上のホテル街」

4章「風俗の街として」

5章「十八年目の東電OL事件」

6章「密会場所に向かう女たち」

7章「死と再生の街」



内容(「BOOK」データベースより)
路地と坂、石段―ラブホテル街に残る昭和の面影。明治から続く花街は混沌としたエリアに。渋谷の異空間に集まる男と女。東京の異界シリーズ第2弾!

2015/02/28 23:16

投稿元:ブクログ

大好きな渋谷。しかも、不思議で異様な道玄坂・円山エリアもうちょっと掘り下げて欲しかったな。
今さら東電OL事件て。。

5 件中 1 件~ 5 件を表示