サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

涙が止まりませんでした

2016/10/24 17:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sky - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画『世界一キライなあなたに』を鑑賞してから読みました。
映画のストーリーをもう一度追ってみたくて読みましたが、本の方が登場人物(ルウとウィル以外の人たちも)の心情が丁寧に描かれていて、物語をより深く感じることができました。
後半はルウとウィルの距離がどんどん近くなってきてラブストーリーのはずなのに、後に待ち受けている尊厳死の事を思うと涙が止まりませんでした。
前向きになるようなラストなのですが、読み終わった後も、読後感からなかなか抜け出せませんでした。
こんな本に出会ったのは久しぶりです。
洋書で続きがあるようなので、ぜひ翻訳版を発売して欲しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とても素敵な翻訳です。

2016/05/31 02:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桜花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

海外本サイトのトップセールス本とのことで、英語版を読んで感動し、日本語版も手にとってみました。
重いテーマを爽やかな文脈としっかりした構成で読み進められます。綺麗なストーリーで、翻訳もとても素敵です。基本的に主人公の目線から話が展開されますが、所々、抜群のタイミングで入る他の登場人物の目線からの話もすごく良かったです。
ラストに近づくにつれ、涙無しでは読めなくなってきますが、ゆっくり時間をかけて読む価値のある本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/13 00:38

投稿元:ブクログ

映画『プリティプリンセス』みたいな、ちょっとどんくさい感じの女の子が頑張る話が好きな人はきっと気に入るはず。
ウィルみたいな、皮肉屋だけど実はすごく優しい人(しかもイケメン)に出会うラブストーリーには誰だって憧れると思う。
それこそ『プリティウーマン』みたいな。

車椅子でもウィルがとても魅力的だった。
ルイーザと出会ったからこそ、彼の素敵な部分に磨きがかかったと思うし、
読み進めていて、ルイーザと一緒にキュンキュンしてしまった。
特にタイツとダンスのシーン。

切ないシーンがいっぱいでした。
ルイーザにもウィルにも幸せになって欲しいな。
本は厚いけどサクサク読み進めました。
読んで良かったー!

2016/09/08 20:54

投稿元:ブクログ

評判がとてもいいのは知っていたけれど、尊厳死というテーマにビビって、アンハッピーエンドは耐えられない(子どもか!)と思って読まずにいて。そうしたら最近、続編が出るというのを知って、それじゃあアンハッピーエンドじゃないんじゃないの?と早合点して読みはじめた……。
作品は本当に本当にすばらしかった。
読みはじめたらものすごくおもしろくて止まらないほど。久しぶりに、寸暇を惜しんで続きを読みたい、っていう気分になった。読みやすくて、センチメンタルすぎるところも暗い雰囲気とかもなくて、ファニーでキュートなロマコメみたいで、楽しい場面ではあまりの楽しさと幸福感で涙が出るくらいで。
だから、途中から、これはもうハッピーエンドだろうと勝手に思いはじめて。奇跡が起きて病気が治るとかはさすがに思わなかったけど、なんとか生き続ける方向で話が終わるんだろう、と。
でも、そうじゃなかった。ハッピーエンドを予想して楽しい気持ちで読んでいたから、ショックが大きくて、打ちのめされた。読まなきゃよかったと心底思った。
これはもう高所恐怖みたいな生理的なアンハッピーエンド恐怖症かもしれない。。。
尊厳死については、実際に自分自身や大切な人の身に起きたら考えも違ってくるだろうし、簡単に考えられるようなことではなくて。でも、とにかくやっぱり死ぬのも死なれるのもいやだと単純に思うのは、わたしが利己的なのかもしれない。

尊厳死の話だけじゃなくて、その介護をする、小さな町から出たことがなくて、冒険をしないと決めた主人公が人生を模索している感じもいいし、その家族の話も、サイドストーリーもすべてがよかった。だからこそ、主人公が彼と一緒に人生を進めていく話を読みたかったと思う。そういう話だったらどんなによかったか。手放しで絶賛できたのに。そう思うのもわがままというか利己的なんだろうけど。
アンハッピーエンド恐怖症だから。
最近はとくに、実際の人生ってやっぱり思っていたほどうまくいかないし、最後は年をとって苦しんで死ぬんだなとか考えるようになったから、せめてフィクションはハッピーエンドがいいと思うのだ。あくまで個人的に。

(続き。)
いったん書き終えたあと、またつらつら考えてしまって。
正直なところ、主人公ルーの最初の反応と同じく、怒りを覚えたんだと思う。
愛してくれる人も見つかったし、話したり笑ったりできる相手もいるし、最高にすばらしい休暇も楽しめたのに、ウィルは「それだけじゃ満足できない」「前の自分とは違う」って。
言いたいことはわかるし、気持ちもわかる。
でもそうしたら、年とっていろんなことができなくなったりするのもそうじゃない? なにか状況が変わって仕事がなくなるとかそういうこともそうじゃない? 
しかも、ウィルはお金はいくらでもあって、介護人を雇えなくて介護のために家族が苦労するとかは一切ないのに。ウィル以上に孤独な人とかいくらでもいるのに。
こう言うのはなぜか抵抗あるのだけど(あたりまえに言われすぎるからかな?)、恵まれてるのに贅沢だ。そうひとことで片づけるのも違う気���するのだけれど。。。
それでも選択肢は本人にあるのだから、ってことなのかな。。。
考えすぎてつらくなる。。。

2015/05/15 23:57

投稿元:ブクログ

事故で四肢麻痺になった元実業家のウィルと、彼の6ヶ月限定の介護士になったルイーザの物語。尊厳死を望むウィルに「生きたい」と思ってもらうため、ルーはさまざまな「冒険」を企画し奮闘する。

尊厳死という、正誤なんて決められない難しい問題にぶつかったとき、愛が救えるものもあるけれど、救えないものも確かに存在する。ウィルもルーも救われなかった面はあったが、それでも、彼らの救われた面を考えると、希望を感じられる。だからこそ、尊厳死についてぐっと考えさせられる、そんな素敵な作品でした。

2016/09/16 01:46

投稿元:ブクログ

ロマンスではなく、これは愛の物語。尊厳死。個人的には有りだと思う。ただし、周りは認めないだろうけど。実際問題、自分が脳死になったら臓器提供はどんどんしてほしい。でもだんながそれを認めない。ものすごく難しい問題。リオパラリンピックに出場した選手が安楽死も視野にいれているという記事をちらりと見かけた。それが本当のことなのかどうなのかまでは確認しなかったけども。最後の最後までヒーローは気を変えることはないんだよねと思いながら読んだ。最後はやはりそういう結末。ヒロインの心には彼は残る。人生を謳歌せよ!

2015/11/08 16:19

投稿元:ブクログ

重いテーマだけどユーモアをまじえた軽いタッチで読みやすい。事故で四肢麻痺になってしまったウィルが魅力的。痛みと病気に苦しみながら、治る見込みがない絶望の中で唯一の希望が尊厳死だとしたら、彼の決断を支持したい。でももしウィルに子どもがいたら選択しただろうか、息子が死を選んでその後のミセスTは大丈夫だろうか、自分の身におきかえていろいろ考えさせられる。読んでよかった。

2016/12/21 08:40

投稿元:ブクログ

なぜ、この邦題? この邦題で希望を持って読んでいたら…あらら、騙されちゃいました ウィルは「きみと」いっしょに選んでないよ ひとりで決めたんだよ つくづく思う なぜこの邦題つけたんだ?

2015/05/05 14:27

投稿元:ブクログ

アメリカで尊厳死を選んだ女性の話がついこの間話題となったばかり。
その時にこの本を見て、正直尊厳死というテーマよりも表紙の可愛さに惹かれて買いました。

尊厳死をしたい男性と、それを止めたい女性。
彼女は彼に車椅子で体が不自由でも世界を楽しめるし、そんな彼のことを愛してると伝えるけど。
彼は彼女に君のことは愛しているが、車椅子の前の人生があまりにも完璧でそれが忘れられないのだと伝える。

決して人生と命がニアリーイコールなんかではなく、人生を選ぶ男性と命を選ぶ女性。
どちらともが、相手の言わんとしてることを分かってるはずなのに、両方をとることはひどく難しい。

そんな彼らの葛藤を伝えてくれる、素晴らしい作品でした。

2015/09/26 19:03

投稿元:ブクログ

とにかく最後は涙止まらず号泣…。

尊厳死とはと考えさせられるのと、
それについての見方が変わった。

ルーとウィルの関係がどんどん親密になるにつれ途中で読むのを止められなかった…

涙なしでは読めないとっても素敵な
ラブストーリーだった。

最後の結末はなんとも言えないけれど
世の中には全てが上手くわけじゃないことが現実じゃないもんね。

それでも読んで損はない作品だった。

10 件中 1 件~ 10 件を表示