サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

幸せ嫌い

幸せ嫌い みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.4

評価内訳

18 件中 1 件~ 15 件を表示

2015/04/04 19:27

投稿元:ブクログ

表紙がねむようこ。
平さん(平安さんだと思ってた)は2冊目。前はパートタイムパートナー、全然覚えてない。
今回のはわりとなんのこっちゃとぽかんとしながら読んだけど、主人公の女の子は嫌いじゃないし、ああそうかもあったし、終わり方も上手。でもぽかん。

2015/04/08 16:54

投稿元:ブクログ

+++
結婚欲満々の麻美は、そこそこモテる人生を送ってきた。しかしエリート社員との婚約破棄、さらにはハリウッドスター似の男による結婚詐欺に遭い、未婚のまま三十路を迎える。仕事も失い意気消沈の麻美は、母の又従姉妹の紹介により結婚相談所でアルバイトを始めるが、やってくる会員は、性格に難を抱えた“結婚不可人種”ばかりだった。他人の婚活を間近で見るうちに、麻美の結婚観にも変化が訪れ―。“結婚”の見方がきっと変わる痛快長編!
+++

結婚相談所のスタッフになることで、「人のふり見て我がふり直す」的気づきを得るという、ひと味変わった婚活物語である。登場人物たちが、こと結婚に関してはイタイほどの勘違い人種で、しかもかなりの人に思い当たることがありそうな面々なのが、身につまされるところもあって、完全に他人事として読み過ごせない気にさせてしまうところが巧い。初めはインチキ相談所の匂いぷんぷんだと思っていたが、読み終えると印象が変わってくるのも興味深い。克子所長にやられたか!?面白い一冊だった。

2015/04/07 16:57

投稿元:ブクログ

前半はテンポよく進んで面白いが、中盤に麻美が真婚で働き始めてから急ブレーキ!とにかく克子が喋りすぎ。結婚とは、婚活とは…を入江や由紀に語るくだりが長い…。
そしてラスト。「えっここで終わり!?」とビックリ。消化不良…。

2015/08/11 13:27

投稿元:ブクログ

杉浦麻美30歳。

結婚願望が強く、男受けもする彼女がなぜか未婚のまま30歳を迎えてしまい、会社も辞めてしまい、遠戚の経営する結婚相談書で働くことになります。

怪しげな結婚相談所。
そこで働くメンバーは皆、一癖も二癖もありそうな人ばかり。
所長の克子からしてどうも怪しげですが、なかなかどうして正論なとこもあり。

全体的に軽いタッチで、現代の結婚出来ないと嘆いている大人の心情を一刀両断。
サクッと楽しく読めました。

2016/11/16 17:31

投稿元:ブクログ

男ウケはするものの、気がつけば30代、未だ未婚の麻美が、謎の婚活業者で働くことになった。

表紙同様、軽めのコメディ。
サラリと読めて、面白かったです。

真婚という婚活業者は、明らかにいかがわしく、どうなのという感じではありますが、社長克子の名言?迷言?は、なかなか信憑性もあり、説得力もありました。
当事者の年齢でないので、楽しめたというのはあったかも。

麻美のこれからと、緑川さんとの進展が気になります。

2015/09/19 11:30

投稿元:ブクログ

結婚願望の強い三十路女子が
結婚相談所に勤めることになり
クセの強いスタッフ&顧客と付き合ううちに
結婚観に変化が。
軽く読めるが独身者には結構ズシンとくる台詞も。
【図書館・初読・9/19読了】

2015/08/14 13:15

投稿元:ブクログ

克子さんをはじめ、キャラクターが強烈。
とはいえ、言ってることは的を得ているからなんとも面白い。
結婚相談所の半ば悪徳まがいな商法はどうかと思うけれど。どうして結婚したいのか、そこの価値観が明確で相手と一致しないと難しい。
綺麗事で塗り固めても結局壊れるのだから、先にアラは見せるかなおすかしかないな。

自分も緑川さんばりのお気楽末っ子なところちょっと危機感( ; ; )

2015/08/02 21:03

投稿元:ブクログ

結婚相談所で働くことになったヒロインの麻美のお仕事婚活小説。
すいすいおもしろく読みましたが、結婚はロマンティックなことと思っている私にとっては結婚相談所のシステムも上司の克子も胡散臭くて理解不能でした。結婚相談所は本当にこんなことしているのでしょうか。男に好かれる女の定義もなんだか古臭い感じがしました。

2015/12/30 13:48

投稿元:ブクログ

エッセイかと思って借りてきた間抜けな私・・。
結婚相談所という舞台を通して、結婚に対する男女の幻想や現実の違いを紐解いていくストーリー。
唐突なラストに唖然。
相談所所長の克子の名言には時折「ふんふん・・」とうなずけるけど、その程度・・かな(^^;)。
今年の締めがこの本というのはちょっと・・。
今日明日でもう1冊読むゾ!

2015/11/04 10:59

投稿元:ブクログ

「幸せは、光り輝く落とし穴だ。足元が見えない。見えないことがわからない。ただ、酔っぱらう。地面が消えて落っこちていくのを、羽根が生えて空を飛んでいるのと間違える。気が付いたときは、もう遅い。」そこそこモテていた状況にあぐらをかき、結婚のチャンスも仕事も失って、気付けば三十路の麻美。法事で、結婚紹介所をしている親戚の女性・克子に声をかけられ、出会いがあるかもしれない…と半信半疑で、紹介所でバイトとして働いてみることにするのだが…。
平さんらしい直球のエンタメで、読みやすいけれど設定が若干古いかなという気も。大体、紹介所の時給が安すぎる!出会い出会いとガツガツ気味な麻美も何だかな~だし、やたらとキャラの濃すぎるスタッフも胡散臭いし。てな感じでどうにもノれない状態で読み進めていくのだが…既婚者の自分でさえ、アイタタタと呻いてしまうセリフがビシバシ出てくる。2人の結婚難民…オタク気質の男性・入江、高飛車なキャリアウーマン・由紀。水と油としか思えないこの男女を結婚に結び付けようとプロジェクトは進むのだが、少しずつ麻美の意識にも変化が。
紹介所のやり方に反発しつつも、上手い具合に克子に言いくるめられ?自分を変えていく入江と由紀。キモいおじさんだった入江がダイエットをし、ヅラもやめてと頑張る過程が健気~。一方の由紀も、ブランドの鎧をやめて、お天気お姉さん風愛され女子なファッションに改めていくのだが…私自身、男性ウケを目指して歩み寄るってことができない人種だったので、色々考えさせられてしまった。若い頃の自分も、モテ風に寄せる努力もせず「ありのままの自分を受け入れてくれる人と!」なんて思ってたもんなぁ…(汗)。
色々ツッコミどころはあるし、共感できないところも多いので☆3寄りではあるけれど、はからずも己の結婚観を振り返るきっかけとなったかも。結婚して10年以上たつのに、過去を思い出して変な汗かきました(笑)
表紙が大好きなねむようこさんということで手に取ってみたが、この人選がぴったり!甘々だけどどこか憎めない麻美が、ねむ作品のヒロインとどこかかぶるのよね~。

2015/06/07 10:02

投稿元:ブクログ

結婚したい主人公が遠縁の女性が所長をしている結婚相談所で働きながら婚活の心構えを学んでいくという感じのお話。この相談所の所長がなかなかの曲者でそれを受け入れられるか否かでこのお話を面白く感じるかどうかが分かれると思う。そして私はいまいちだったかなあ。終わり方も唐突でこれって続編があるってことなんだろうか?読後消化不良を感じた。

2016/08/21 12:56

投稿元:ブクログ

2016.8.21 読了


なんか 軽~いのが読みたくて。

結婚相談所が舞台。
婚活をする男女の話。

この作者さんは なかなか
真理をついてたりするから
〝あるある〟で 読みやすい。

麻美の恋は うまくいくのでしょうか。

2015/12/08 17:44

投稿元:ブクログ

2015/12/8

結婚できない欠陥人間を矯正して、結婚させてあげますよ。
て小説。
どの年代に受けるのかなあ。

今時の若い人は!て世代?にしては文体も装丁も若い。
結婚を望んでる世代?ムシャクシャするだけな気がする。
「いつかは結婚したーい♪」な学生さんとか?だと「こんな負け組にはなりたくなーい!」な気がするし。
何を学べばいいのか分からない。
結婚は生活で我慢だってこと?

2015/08/29 22:34

投稿元:ブクログ

結婚相談所は本当にこういうところなのかもしれない。
未婚の自分にとって、克子のセリフすべてが
厳しくも「勉強になるわー」という感じだった。

婚活中の方はもちろん、自分は本当に結婚がしたいのだろうか?と考えている人にもおすすめ。

2015/07/22 22:11

投稿元:ブクログ

とっさに図書館で目にして借りた。内容もわからないまま。
結婚相談所が舞台の話。
でもって、最初はなかなか読み進められなかった。

でも後半は克子の言う事がどれも的を射ていて、
そうそうと納得してしまう。
2つの物事の結果がないまま終了してしまったけど、きっと丸く収まったでしょう。

18 件中 1 件~ 15 件を表示