サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

北朝鮮・絶対秘密文書 体制を脅かす「悪党」たち(新潮新書)

北朝鮮・絶対秘密文書 体制を脅かす「悪党」たち みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/03/28 00:37

投稿元:ブクログ

「絶対秘密」との判が押された北朝鮮の検察文書を読み解くことで、北朝鮮政府が何をタブーとしており、何を重視して捜査を行っているか、ということを読み解く一冊。

北朝鮮の内部資料はなかなか手に入らない上に、その信憑性を確認するのに手間がかかることもあり、内部資料に基づいた本というものをこれまであまり見たことがない。
(著者の方はこの資料に「絶対秘密」と書いてあるのは確かだけど、タイトルに「絶対秘密文献」と書くのはちょっと煽り過ぎな気もする、などとおっしゃっていた)
この文献に記された検察の捜査記録は、日本人からみると非常に特殊だ。社会主義の根本をなしていた配給が停止され、生きるために「資本主義」的な活動をしている人々を「犯罪者」として捕まえたり、核物質のような危険なものを持ち出して中朝国境で売っている人を追い掛けはするが、その手助けをしたと思われる軍に対しては沈黙を貫くなど、北朝鮮の「現実」が詰まっている。

北朝鮮の中枢部が何を「犯罪」とし、何を恐れているか、そういったことから北朝鮮の今を探る、非常に面白い一冊である。

1 件中 1 件~ 1 件を表示