サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

hontoレビュー

思春期

思春期 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.4

評価内訳

9 件中 1 件~ 9 件を表示

2016/06/16 12:38

投稿元:ブクログ

暗さに辟易していたが、著者自身の中学生時代の話なのだなと気付いてからは素直に読み進められた。
自分はエロに嫌悪感は一切なかったなー、と。人それぞれやなー。

2015/05/15 10:03

投稿元:ブクログ

劣等感やしっとなど負の感情にどっぷり浸かる女子中学生のはなし

未来は明るい
若いって素晴らしい
希望をもとう

そんな言葉に違和感を感じる10代が共感できそうな本

好きなもの・ことがあると人生たのしいって
そうだね~

2015/11/27 22:51

投稿元:ブクログ

中学1年生、女の子が主人公。
1章ごとにテーマがあり、そのテーマについての話が少しずつ描かれている。
さらっと読めます。同じような悩みを持っている子はきっといると思う。

友だちだとか、家族だとか、色んなことが「上手く説明できないけど嫌」と思っている子に薦めたい。

2015/12/23 15:59

投稿元:ブクログ

国語以外の勉強が苦手で、ちょっと内向的な少女の一人称で語られる中学生の心。あまり時代を感じさせるような描写はないが、ケータイもPCもなく、両親の学歴などから考えても昭和の話かな、という感じ。
しかし、今の中学生にも届く物語だと思う。
性への関心や恋とは違う憧れや体の変化に対する感覚などが、きちんと描かれているところに好感を持った。
下品にならず、それでいて実感は伴っている。
中学生女子に薦めたい。

2017/03/30 18:59

投稿元:ブクログ

中学生になった「わたし」の3年間。
将来への不安、劣等感、嫉妬、初恋、親への反感などがみずみずしく描かれています。
小学6年生から中学生に読んでもらいたい。
もちろん大人も。

2015/05/13 20:40

投稿元:ブクログ

小手鞠るいの恋愛小説以外の作品を読むのは初めてかもしれない。女子中学生の思春期をテーマにした作品だが、思春期の女子中学生の誰もが抱えるであろう悩みや鬱憤などが上手く描かれており、非常にリアリティーの高い作品となっている。

2015/06/10 08:59

投稿元:ブクログ

中学生は思春期の真っ只中。
小学校とは違う「大人」の世界がぐっと自分に近づいてくる。
それに憧れはするけれど、目の前にある世界は決して思い通りにはいかない。
恋や友情、親との関係、進学、容姿、その他いろいろ。

ちょっと気にくわないから悪口を言ってみた。
そしてそれで友人を失う。

ちょっとサボってみたら、あっという間に成績は落ちる。
ちょっと寝てたら、親に叱られる。
ちょっと食べたら、変なぶつぶつはできるし、なんだかプニプニしてきたみたい。

ああ、もう、こんな毎日のどこが楽しいの?!

私って性格悪い。
嫉妬もするし、腹も立つ、しかもブス!最悪。

あの人が好きみたい。
でも、本当に、私はあの人が好きなのかな?
誰かに好きって言って欲しくて、そうしたら自分に自信が持てる気がして、それでとてもわかりやすい記号、「好き」に飛びついただけなんじゃないのかな?

ぐるぐるぐるぐる、いろいろな感情が自分を巡る。
溢れてくる感情は嫌なものばかり。
だからもっと自分を嫌いになる。
でも......
「でも、味方につけるの。そういう感情でも、いやな感情でも、そこから逃げずに、きちんと向き合えば、味方になってくれるのよ」
「目の前にある、ひとつひとつの小さな目標。それを少しずつ達成していくことで、着実に未来につながっていくはずよ」

あの頃の私にとっては、今は未来。
今も、基本的なところは変わっていない。
理想とした私にはまだ遠い。
けれども、一歩ずつ歩み、ひとつずつ小さな山を乗り越えていけば、もうすこし未来の私が今を振り返った時、きっと私は思えるはずだ。
あの頃の私が今の自分を支えている、と。

2015/05/13 16:40

投稿元:ブクログ

かわいいわけでも、勉強ができるわけでもない、早生まれのため、4月生まれの同級生に比べればすべてに劣っている(ように感じる)わたし。
友だちと呼べる人もいない、夢も希望もない、生きていく意味なんて見いだせない。
そんな今を生きるわたしへ。
思春期には誰しもが思い、大人になり、老年期へと進むにつれ、また同じ思いにかられる…

2016/02/07 22:20

投稿元:ブクログ

「感情」が少しずつ明確になってゆく過程が痛々しさを伴って描かれている。
この時代を過ぎれば、多くのひとたちが「希望」のしっぽに近づくのだろう。
過ぎてしまった日々。

9 件中 1 件~ 9 件を表示