サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

夏のおわりのハル

夏のおわりのハル みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)
14 件中 1 件~ 14 件を表示

2015/09/13 22:00

投稿元:ブクログ

これまでの畑野さんの作品とはまた全然違った世界観。
どこかファンタジックで、読んでいてふわふわした。

2016/07/30 20:13

投稿元:ブクログ

表紙の装丁、うさぎとタイトルに惹かれて読んでみました。

現実と幻想?夢の世界の境が曖昧になってくる1冊。
不思議な世界に取り込まれるのは、中3のハルとデザイナーとして働く大地、二つの中編です。

どちらにも共通のワードは、いじめでしょうか。
何がなんだかよくわからないまま、ふわーっと読み終わりましたが、大地の後半にでてきた美しい彼女が幸せだったらいいな、、と。

2015/11/07 20:03

投稿元:ブクログ

あの日の後悔を無くすために永遠に続く夢の世界の話。
ハルもダイチも双子でさえもこの夢を忘れ去って生きていくかもしれない。だけど何となく夢の片鱗を覚えていて、その内容でハルはお父さんと声を出して話すようになり、ダイチは由里に中学時代のことを話そうと思うなど一歩踏み出している。しかしそれが良い方向に作用するのか悪い方向に作用するのかはわからない。
シュウちゃんは救えなかったハルちゃんを救える完璧な世界を作って、その世界にはハルちゃん的な存在である伊吹が準備されている。だけどやっぱりシュウちゃんが救いたいのはいつでもハルちゃんであり、伊吹が許したいのもダイチだからこそ二人がその夢の世界に現れたことでいとも簡単に世界は崩れていく。
この夢の世界である「海の外」が単なる夢の世界というパラレルワールド的なものなのか死後の世界に限りなく近いものなのか想像が膨らむ。
どちらであってもこの夢の世界にシュウちゃんと伊吹は留まるしかなく、永遠にこの世界は続いていく気がする。

2015/05/11 21:00

投稿元:ブクログ

連作中編2本。
なんだったんだ一体。
雰囲気だけで終わっちゃった感じ。
アリスモチーフの夢の中に自分も取り込まれて
途中で目が覚めちゃった感。

【図書館・初読・5/11読了】

2015/09/19 10:27

投稿元:ブクログ

うさぎ、キングにクイーン、双子・・・
アリスをモチーフにした夢の中に紛れ込んでしまった
女子中学生と30歳間近の男性のお話

今まで読んだ畑野作品とあまりに雰囲気が違って
ちょっととまどいました。

現実と夢の境目が読んでて曖昧になってくる感じ

あれは結局「シュウちゃん」の夢の世界なのかなぁ

2015/09/06 22:57

投稿元:ブクログ

畑野さんのイメージと違う作品だった。ウサギ、キング、クイーン、双子などアリスのように不思議な世界へ迷い混む二人。シュウちゃんはどうしているのだろう。

2015/11/14 16:10

投稿元:ブクログ

今までの畑野さんの作品とは全然違いました。
ちょっとファンタジー要素が含まれていて、不思議な物語。

でも、正直良く分からなかったです。。
ふわふわしたまま終わっちゃいました。
不完全燃焼です。

2016/10/11 15:00

投稿元:ブクログ

不思議な物語だと思った。横浜が舞台になっているところに親近感を覚えた。でも、あんな風に現実ではなく、でも夢にしてはリアルすぎるような世界を描けるのがすごいなあと思った。のめり込むようにして読んでしまった。

2015/05/31 23:25

投稿元:ブクログ

連続中編集。
ファンタジーというかSFというか、自分たちが生きている場所とは違う世界に行くことで、自分が抱えている悩みを少し前向きにとらえるような、そんな成長をしていく物語でした。他の方も書かれていますが、不思議の国のアリスのうさぎのようなものも象徴的です。ただ、ファンタジーに疎いので、読んでいてよくわからなかった。

女子のグループ間での順位ようなものも何だか読んでいて痛々しくなった。自分も経験があるからかもしれないし、こういうシーンを読むと、子供の頃はもちろん、大人になった今でも、上手く対応できていないのではないかと思う。

2016/10/11 13:13

投稿元:ブクログ

★2016年度学生選書ツアー選書図書★
【所在・貸出状況を見る】
http://sistlb.sist.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&materialid=11630219

2015/05/06 18:25

投稿元:ブクログ

なんか、ファンタジーなのか、ホラーなのか、どこまでが現実でどこまでが夢なのかよく理解できずに、途中で読むのを断念してしまった。
畑野さんってこういう作品を書く人だったっけ??

2015/06/20 07:01

投稿元:ブクログ

夢と現実の境目がわからなくなる話でした。
最終的に、母親がなぜ帰って来なかったのか、説明してもらえず…

2015/09/15 13:29

投稿元:ブクログ

今までの畑野作品とは随分雰囲気が違う。不思議の國のアリスをモチーフにしているのかな。うさぎ、ひかりとのぞみの双子はハンプティ・ダンプティ。伊吹はさしずめハートの女王様か。夢と現の境界線がひどく曖昧になる。

2016/08/15 06:18

投稿元:ブクログ

人は悩みから逃れたいと足掻く時違う世界に行ってしまうのかも。
夢と現実の狭間はすごく近いところにあって、踏み込んでこそはっきり現実を感じられるのかな。
ハルもダイチも戻ってこられて良かった。
過去は変えられないけど、消化してまた明日から一歩踏み出せる。

14 件中 1 件~ 14 件を表示