サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

坂口安吾の未来 危機の時代と文学

坂口安吾の未来 危機の時代と文学 みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/04/22 13:05

投稿元:ブクログ

 「主体化」をテーマに坂口安吾の文業を読み解く。安吾の小説テクストにかんする分析もふくむが、筆者の関心はむしろ、安吾テクストを貫く〈思想〉に傾斜している。
 その点ではごくオーソドックスな作家論で、作家論だから悪いというのではないのだが、一貫性あるモノグラフとしてもこの本を成立させようというスタンスが、かえって、安吾をめぐる筆者の思考を掣肘している側面があるように見えるのは、私の僻目だろうか。完成度はたしかに高い1冊だが、文学研究での課程博士論文が直面するジレンマから決して自由ではないように思う。
 著者の2冊目に期待したい。

1 件中 1 件~ 1 件を表示