サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

伊藤計劃記録 1(ハヤカワ文庫 JA)

伊藤計劃記録 1 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

ファンはぜひ。

2015/07/17 00:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は帯文にもあるように、伊藤計劃が作家になる前に書いた文章を集めた記録です。「虐殺器官」や「ハーモニー」を読んだ方は、伊藤さんの普通っぷりに驚くと思います。この中の文章はあまりにも普通の映画フリークのコメント集でした。もちろんエンタメSF作品を書く上で、豊富な映画の知識は必要だったかもしれませんが、やはり病気と向き合ってきたことが作品の重厚感と世界観を生み出していたのかな、と考えさせられました。

もちろん、これを読んで何を思うかは人それぞれだと思いますが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/12 00:18

投稿元:ブクログ

今年はようやく伊藤計劃の「虐殺機関」と「ハーモニー」のアニメ映画が発表される予定であり、リリースに向けた様々な動きが見られているが、ふと思い立って彼の生前のブログをまとめた本作を手に取ってみた。

本作は、彼が「虐殺機関」で衝撃的なデビューを飾る前に書かれていたブログがまとめられており、特に彼が愛する映画の話や、読了した本についての話が多い。幾つかは明らかに「虐殺機関」に影響を与えたであろうネタも含まれており、そこを読み解くのも面白い。

2015/06/04 09:27

投稿元:ブクログ

自分を取り巻く状況を稚気を持って観察する姿勢と,世の作品群を観察する冷徹さとのギャップに萌える.紹介する作品が分からないと,読んでいてもちんぷんかんぷんだが,一筋思想的骨子が通っていて揺らがない姿勢も冷徹さに一役買っている.勿体ない方を亡くしてしまったと改めて感じる.

2015/03/21 00:03

投稿元:ブクログ

生前に書き続けられていたblog『伊藤計劃:第弐位相』と、ゲーム『メタルギアソリッド』についての論考3本を収録。
『作家以前』と副題が添えられた本書では、2001年〜2005年のものが収録されている。
映画の話題が大半を占めているが、それ以外のものも多い。まぁ、詳しいレビューは下巻と纏めて……しかし多忙につきさらっと流すことになるかも。ううむ。

2015/07/28 17:41

投稿元:ブクログ

【内容】
筆者による文章のうちフィクションでないものを2001-2005年で抜粋その1。
3点の記事以外は全て下記URL(a)筆者の現存するブログからの抜粋です。
また、本書の約8割がブログからの抜粋に当たります。

【類別】
随筆、日記、映画評論の要素。

【着目】
扱われている話題は主に(1)罹患している癌及び医療との関わり(2)当時公開されている映画(3)趣味嗜好です。
本書は筆者の人となりやそのSF的発想を知りたい人にお薦めしたい著書ですが、先に述べた通り現存するブログがあるのでそちらだけでも充分かもしれません。

【構成等】
経時順。口語寄りです。

【備考】
(a)「伊藤計劃:第弐位相」
http://d.hatena.ne.jp/Projectitoh
(b)『伊藤計劃記録 II』のレビュー
http://booklog.jp/users/70x20/archives/1/4150311870

5 件中 1 件~ 5 件を表示