サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

宇宙軍士官学校 前哨 7(ハヤカワ文庫 JA)

宇宙軍士官学校 前哨 7 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

日本作家による本格的SF小説

2015/03/28 09:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yasu - この投稿者のレビュー一覧を見る

SF小説はどうしても海外の作家が多く、訳がおかしくて、言い回しに不自然さを感じるが本作は日本人の作家による本格SF小説で非常に読みやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/14 19:27

投稿元:ブクログ

有坂恵一率いる地球軍はケイローンの試練に優秀過ぎる成績で合格する。早速、ケイローン軍に組み込まれ粛清者達と戦う事になる。そこで任されたのは輸送艦隊の護衛任務だった。
アイロスの保護下を離れて独り立ちしてからも戦功を上げていく中、日本人が書くSFらしく出る杭の対処まで描かれているのは流石。ちょっと上手く行き過ぎる感はあり展開がマンネリ化しつつあるが面白さも相変わらず。
次巻への引きも興味をそそる。

2015/04/28 01:03

投稿元:ブクログ

ついに粛清者との戦いに参戦。多少の失敗はあったものの戦果もあげて「少将心得」に昇進。他星系の軍も指揮する言々が与えられる。
粛清者を追い詰める者の反撃にあい指揮命令系統がズタズタにされる。さっそく与えられた権限を行使することになるが…

2015/04/13 02:44

投稿元:ブクログ

やはり、「活躍!大躍進!でも敵が!?」の黄金パターンです。ええい続きが気になる。
戦場の方も気になりますが地球上の広報活動やら、めんどくさい族であるところのセルゲイさんとか、「その他の人々」のその先も気になるんだよなあ…。

2015/05/15 23:01

投稿元:ブクログ

思いきりクリフハンガーな終わり方。ここで引くか。引くのか。
実を言うと今回は比較的先を読みやすい展開だったと思う。異星人とのやりとりがあるといっても、はなから、メンタリティがほぼ同じ(差異は地球上での民族の違い程度)とわかっているので、そこらへんの目新しさが一切ないし、今までの流れからいえば、ある程度地球人がぬきんでた働きをしないわけがなく。
更に、なんらかのトラブルにより、主人公が指揮権を握るというのは帆船小説の定石。
そこで最後の「ここでひくのか!?」につながるわけだが、全体として、お約束を踏んでおり、ある意味で「水戸黄門」のように、先の展開はわかるだけにわくわくして読めるものになっているのだ。
また、今回の素敵人間関係は、やはり、あのリーが良い感じのキャラになって戻って来たことだろうな~。そして、恵一とバーツのコンビはますます熟成されてきている。あ、そういえばこういうコンビでの活躍も帆船小説的か?

5 件中 1 件~ 5 件を表示