サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2016/09/14 08:46

投稿元:ブクログ

カナダ人の宇宙飛行士である著者本人による、宇宙飛行士になる前から帰還後までの話。
1995年、2001年の二回、スペースシャトルで、2012年にはソユーズで出発し、カナダ人初のISS船長となった鬚のおじさん。
文章には本人の人となりがにじみ出ているようで、共感するところが非常に多い。
「ゼロになれ」なんていう思考は、人生を歩む上でなかなかタメになる。

2015/06/26 11:59

投稿元:ブクログ

能力が高い上、これほどの努力を出来る人には、
「不可能」ということはないだろう、と自然に
思わされた。

〈本から〉
僕は今、宇宙にいる。無重力の中に。ここに来るまでに
かかった時間は、たった八分と四二秒だ。数千日の
訓練を抜かせばね。

ウソみたいな話、宇宙へと向かう旅の過程で、面白い
ことが起きた。この地球上でより豊かに、より幸せに
暮らすコツを学んだんだ。僕は長い時間をかけて、
問題を予測して予防し、危機的な状況にうまく対応
する術を学んだ。恐怖を打ち消し、集中力を保ち、
成功を収める方法を。

僕の考え方はシンプルだ。時間があるなら、準備に
使え。それより大事なことなんて、ほかに何が
あるだろう?

さんざん訓練や学習を積んできて、無重力がどんな
感じなのか、正確に”理解って”いたつもりだったけれど、
本当はちっともわかっちゃいなかった。地球では
重力で床に押しつけられるのに慣れていたけれど、
無重力はまるで天井へと引っ張られている感覚だった。

環境を理解し、並外れた貢献ができるようになっても、
謙遜は忘れない方がいい。

地球上では、フォークをテーブルに置いたら、ずっと
そのままなのが当たり前だ。でも、たった一つの
変数、つまり重力を取り去るだけで、何もかもが
変わる。フォークは舞い、人々は空中で寝る。
食べる、ジャンプする、コップで飲み物を飲むー
幼児のころから当たり前のようにやってきたことが
突然、魔法と化したり、難しくなったり、どこまでも
おもしろくなったりする。時には、その三つぜんぶ
であることも。人間は、不可能が本当は可能だと
気づかされるのが好きなんだと思う。そして、
その手助けをできるのが、僕にとってはうれしかった。

実際、宇宙で過ごす日々は、どんな平凡な一日で
あっても夢のようだ。もちろんある意味では、
ありえない場所にいるという事実そのものが、
毎日を特別なものにしている。でも、基本的に、
宇宙での生活はふたつの重要な点で、地球とまったく
変わらない。驚きや喜びに注目するのか、それとも
不満に注目するのか?

僕は宇宙に行く前にはなかったような使命感を
持つようになった。だから、僕を知っている人は、
ときどき僕にムカっとするみたいだ。最近、僕と
一緒に散歩した友人は、僕が道すがらしょっちゅう
立ち止まってごみを拾い、歩くペースをガタ落ち
させるもので、僕にイラッと来たらしい。実は、
これもあまり知られていない宇宙飛行の副作用の
一つだ。僕は道に落ちているガムの包み紙を
拾うようになったんだ。

2015/08/06 22:20

投稿元:ブクログ

宇宙飛行士の仕事に対する考え方、姿勢みたいなものが
知りたかったのでビジネス本としての位置付けで読みました。
なので、正直宇宙体験の細かい描写のところは
サラッと読み飛ばしちゃった行もあったりします。(ゴメンナサイ!)

その上での感想。
まさに、ゼログラヴィティ(無重力)という
言葉がピッタリ来るように思いました。
恐怖心や不安を克服するにはたゆまぬ努力を
して失敗リスクを下げることである、とか
多分言ってることは他の成功者だったり
コンサルタントだったりがビジネス本にしてる
こととさして変わらないと思うのですが
NASA、宇宙飛行士という最先端の専門家
かつ世界的組織で、ミスが命に関わるという環境で
ある意味我々が居る世俗という重力が全く効かない世界に居る人が
語ることで、素直にバイアスがかかることなく
すぅっと受け入れることができるんじゃないかなと思いました。
なので、もしかすると数多のビジネス書は
読み飽きてしまったけど、イマイチって方に
意外とハマるかもです。

2015/11/17 15:57

投稿元:ブクログ

成し遂げる人間のあるべき姿。

美辞麗句ではなく、きちんとした等身大の著者の生きざまが描かれていて気持ちよく読めた。

明るく前向きでひた向きで謙虚。
そういう人でありたい。

4 件中 1 件~ 4 件を表示