サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

hontoレビュー

六秒間の永遠

六秒間の永遠 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2016/07/10 01:47

投稿元:ブクログ

事件は起きる。人が死ぬ。点と点が繋がって真相に辿り着く。それでもこれはミステリーというよりもラブストーリーかも。

色々と重い設定の割に主人公である紅藤が陰鬱な方向に向かっていないので読み易かった。
氷室や署内の面々との会話が軽妙で時に笑える。

終盤一気に畳み掛け過ぎてジェットコースターの様だったけれど、紅藤の警察官という職業の意味とか結末とか色々ジワッと引きずる切ない読後感。
署長と氷室が花園署にいる理由や彼の能力等、明かされていないままの謎が気になる。続編が有るという事なのかな…?

2015/02/15 16:23

投稿元:ブクログ

内容紹介
彼女の哀しき「奇蹟」の連鎖は、偶然か、意図的か。

特殊能力で父を殺してしまった警官の僕が出会ったのは、殺人現場にいた、脆くて危険で美しい少女。彼女もまた、父親と継父を亡くしていた。彼女の周りで次々起こる「偶然」の殺人事件の先には、切なく衝撃的なラストが待っていた。


『神様のメモ帳』『さよならピアノソナタ』『楽聖少女』で大注目の著者による、
書き下ろし恋愛ミステリー。


誰とも心を通わせないと決めていた。
殺人容疑者の彼女が現れるまでは。
生まれつき「念じると物に火をつけられる」特殊能力を持つ紅藤は、そのせいで、自分の父親を殺してしまう。以来、心を閉ざし誰ともかかわることなく、警察官として日々を過ごしていたが、ある日刑事課への異動を命じられる。待っていたのは、氷室という、警視長まで上り詰めたにもかかわらず平署員として勤務する刑事。彼は紅藤と同じく特殊能力保持者であった。コンビを組んで仕事をすることになった紅藤は、ある日、雀荘で一人の美少女に出会う。その後、殺人事件の現場にも居合わせた彼女を見た氷室は、能力保持者だと紅藤に告げる。彼女はいったいどういう能力を持っているのか? そして、彼女が巻き込まれた殺人事件の行方は?

2015/12/14 23:05

投稿元:ブクログ

とある特殊能力を持った刑事と、同じような何かの能力を持った少女を巡るミステリ。こういう能力ものはいろいろあるけれど、なるほど、悪い方に使おうとすればいくらでもできるのは間違いないですね。踏みとどまっている主人公は、案外とんでもなく強い人間なんじゃないかな。
少女の能力が何かというのは最後まで明かされないのだけれど。タイトルからなんとなくの想像はついてしまったのでした。だけどどのように使ってこれまで生きてきたのかを思うと、これはあまりに壮絶で。だからこそこのラストは素敵だと感じるのだけれど、それでもやりきれないなあ。

2015/08/20 21:59

投稿元:ブクログ

タイトルの意味がわかった瞬間、胸が詰まる。思わず何度もページを行ったり来たりしてしまった。人との関わりを避けていた主人公・紅藤の変化を思うとさらに胸が詰まる。
氷室や署長のこととか、色々謎が残ったままだけど、これで終わりなのかな?とモヤモヤも少々。。

4 件中 1 件~ 4 件を表示