サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

星読島に星は流れた(ミステリ・フロンティア)

星読島に星は流れた みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー28件

みんなの評価3.8

評価内訳

28 件中 1 件~ 15 件を表示

2015/07/24 18:52

投稿元:ブクログ

+++
天文学者サラ・ディライト・ローウェル博士は、自分の住む孤島で毎年、天体観測の集いを開いていた。ネット上の天文フォーラムで参加者を募り、招待される客は毎年、ほぼ異なる顔ぶれになるという。それほど天文には興味はないものの、家庭訪問医の加藤盤も参加の申し込みをしたところ、凄まじい倍率をくぐり抜け招待客のひとりとなる。この天体観測の集いへの応募が毎回凄まじい倍率になるのには、ある理由があった。孤島に上陸した招待客たちのあいだに静かな緊張が走るなか、滞在三日目、ひとりが死体となって海に浮かぶ。犯人は、この六人のなかにいる―。奇蹟の島で起きた殺人事件を、俊英が満を持して描く快作長編推理!
+++

数年に一度隕石が落ちるという星読島。そしてその島には個人所有の天体観測所「星読館」があり、天文学者・ローウェル博士が天体観測をしながら暮らしている。これだけですでに何か仕掛けがありそうな予感が膨れ上がる。さらに、天文好きが集うインターネット上のフォーラムのメンバーから厳選された数名が島に招待され、運よく隕石が落ちたら、彼らのうちの誰かがそれをもらうことができるというのである。天文にさほど興味があるわけではない医者で、物語の主人公である加藤盤も、ある事情から応募して運よく招待されるのだが、孤島と言ってもいい星読島で殺人事件が起こる。招待者たちには面識がなく、年齢も住まいも境遇もさまざまななか、犯人探しと疑心暗鬼に苛まれるのである。加藤盤が探偵役となって、事件を解明しようとするのだが、そこにまた新たな事件が――。判断材料が少ない中、答えにたどり着くが、それがまた二転三転するのも興味深い。真犯人は誰もが考えるだろう人物ではあるものの、その動機は哀し過ぎてやり切れない。なかなか魅力的な一冊だった。

2016/05/16 22:42

投稿元:ブクログ

外界と遮断された孤島、招待者は謎めく車椅子の女博士、誰もがそれを欲しいと願う隕石、そこで起こる殺人。キャラクターや結末含めてベタ過ぎる程ベタだけど、ベタは言い換えれば王道でもあり。ワクワクする正統派な話で楽しかった。

ラノベっぽいというレビューを読んでいたので覚悟というか警戒してた割に変に奇をてらったキャラクターはいなかったし、主人公のモテ具合やハードボイルド感がこれまた若干ベタ過ぎるのと文章があっさりしているくらいで全然許容範囲。

ただこのメンバー、特に主人公が選ばれた理由が今一つ明確じゃないのが微妙に疑問として残るかな。博士の好みもしくは無作為抽出と言われればそれまでなんだけど。
とりあえず空気の読めるアクティヴニートなデイヴ、好きだw

2015/05/10 00:10

投稿元:ブクログ

お初の作家さん。ラノベを書いてらっしゃるようで、キャラが立っててそしておよそ好ましい。孤島に星に車椅子の美人学者。言うことなし。
加藤とデイヴをサイモンとニックで読んでみて萌ええ。
シリーズ化して欲しい…。

2015/05/09 23:45

投稿元:ブクログ

王道ミステリーでした。読みやすい。ほかの方のレビュー通り、登場人物のキャラは立っているし流れも分かりやすい。ラノベに近い。個人的にはトリスタと比較してしまうので若干物足りなさはある。

2015/07/12 17:12

投稿元:ブクログ

宇宙と地球を感じさせる小説はもともと好きなので、これも楽しんで読むことができました。
読後感も良いし、好きなお話です。

2015/07/12 12:00

投稿元:ブクログ

薬物混入トリックを「どうにかして」の一言で済ませるミステリは信用できない。

表紙がかっこいいので買ったけど、
「確かにラノベだわ」という感じ。

女性キャラのラノベ感がすごい。

2015/09/13 23:40

投稿元:ブクログ

軽い読み味とキャラクター、そして昔齧った隕石についての知識にニヤリとしつつ読んだ。作中に散りばめられたパーツが最後の最後に組み合わさるのが気持ち良く、謎が解明された後のキャラクターの動きがまた良い。今作のタイトルは本当にこれしかあり得ない。

2016/02/07 13:14

投稿元:ブクログ

アメリカ東部の田舎町で家庭訪問医をしている加藤盤はネット上の天文フォーラムで申し込んだ天体観測の集いに参加することになる。
ボストン港から東へ20マイルほどに浮かぶ孤島で行われる集いはただの天体観測ではなかった。

てっきり日本の孤島での物語かと思っていたら、違っていてビックリした。
生真面目な天才少女、料理の上手なNASAの職員、タフでアクティブなニート。
登場人物も面白いのにな、なんでこんなに盛り上がらないんだろう。
どの人もキレイ過ぎて現実味がないからかな。
いっそ、盤が借金でも背負っていて切羽詰まっていたらもっとヒリヒリしたのかも。
なんとも残念。

2015/11/23 14:31

投稿元:ブクログ

良作なミステリーだと思う。

キャラはいいし、設定もありきたりではなく
ひねってある。

展開も悪くない。

ただ、平均して水準以上ではあるけれど
突き抜けた何かがなにもないので
印象に残りにくい。

ライトノベルでミステリーを書かれていて
好事家から注目されていた作家のようですね。

ライトノベルレーベルで書かれていたから
目を引いたのかもしれませんが、
ミステリー作家がしのぎを削る主戦場である
ミステリー・フロンティアという土俵に上がってしまうと
いかにも凡百のミステリーのようで
埋没してしまった印象でした。

2015/05/13 19:47

投稿元:ブクログ

主人公が、年齢と経てきた過酷な経験のわりに、やけに軽~いのが最後まで違和感でした。
隕石というモチーフを取り上げた点に感心。孤島ものはワクワクするなあ。

2015/12/19 13:34

投稿元:ブクログ

数年ごとに隕石が落ちてくる奇跡の島。そこに住む天文学者は毎年ネット上のフォーラムから参加者を募り、天体観測の催しを行っていた。今年も七人の招待客が島にやってきたが、一人が死体となって海で発見される…
天体観測所のある孤島という舞台で起こる隕石をめぐる騒動は浮世離れしているものの、キャラクターの一人一人がしっかりキャラ立ちしているし、たいへん読みやすいのはさすがラノベ作家。しかもけっこう正統派なミステリだし面白かった。ただ主人公の虚無感や心の移り変わりが淡々としているのであまり伝わってこなかったのが惜しいかも。

2015/11/25 16:52

投稿元:ブクログ

高頻度で隕石が落ちるといういわくつきの島で男女が集まって殺人が起きて・・・という、あらすじだけ読むとベタなクローズドサークルなミステリって感じで。

で、まあ実際に殺人とか起きるんだけど・・・ちょっと思ってたのと違うな。なんというか段々減っていく登場人物にお互いが疑心暗鬼になったり次は自分かもしれないという恐怖があったりとかそういうベタというか様式美的なものはなしで。
あとページ数の割にはなんかえらくあっさり終わっちゃったなという印象。なんとなく綺麗に終わってはいるけど、読み終わってみるとあんまり印象に残るものがないというか。
元々ライトノベルの作家さんということでそういう「軽さ」みたいなものがあるのでしょうか。セリフ回しも妙に軽いところも感じたし。

2016/11/20 12:18

投稿元:ブクログ

久住四季久々の作品ですが、大仕掛けで、さすが久住四季ですね。
読みものとして、窮屈な雰囲気の小説ではなく、ロジックに絡み取られることもなく、飄々とした作品ですね。

2015/07/19 21:28

投稿元:ブクログ

孤島ものだけどなんか違う。

隕石をみんなで取り合う話かな。
その中で人が死んでいく……という感じかと。

なかなか正統派のミステリだったかと。

2015/09/28 19:45

投稿元:ブクログ

数年に一度、隕石が落ちる星読島とその孤島に住む天文学者、年に一度開かれる天体観測の集い、それぞれ事情を持った参加者。
これ以上無いミステリ的な舞台装置と読み口の良い文書。そして伏線を綺麗に回収するオチも見事で面白かった。
もう少し星についてのウンチクがあっても良かったくらいサラッと読め楽しめた。
アステロイドベルトなんていうとガンダムのハマーンを連想する。

28 件中 1 件~ 15 件を表示