サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

2022冬の読書応援 200万ポイント山分けキャンペーン ~2/28

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

帰ってこない女 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

『もし私が知っていたら』派の創始者だけあって…

2002/06/08 19:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一夏を過ごすために別荘にやってきた一家のもとに、押しかけてきた別れた元の妻。この招かれざる客の出現によって、家族ばかりか別荘の近くの住民にまで不安と緊張が高まっていき、それが限界点にまで達そうとしたときに、忽然と姿を消してしまう。残された人々は、お互いに疑心暗鬼にとらわれ、そしてついに殺人が…。
幸せに暮らす家族の元に突如現れた昔の妻、これがまたとんでもない悪女と、サスペンス小説にはよくある設定なのですが、盛り上げ方がとてもうまく、いったい何が起きるんだ? とワクワクゾクゾクしながら読み進められます。
ところが、作者のメアリ・ロバーツ・ラインハート女史は『もし私が知っていたら』派の創始者と言われているだけあって、何度も何度も「私が知っていたら」が繰り返され、後半にはホントにゲンナリしてしまいます。終わりに近づくにつれ、ラブ・ロマンス小説のようになっていくのも減点。ヒロインの恋愛模様を適度に削除して、もう少しもったいぶらないで書いていたら、もっとキレの良いサスペンス小説に仕上がっていただろうに。残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/25 14:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/23 14:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。