サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

きつねやまのよめいり 改訂新版

きつねやまのよめいり 改訂新版 みんなのレビュー

絵本

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

題名にひかれる

2016/07/24 15:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひのえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵が話の雰囲気にあっていてすごくいいです!五番目のきつねはどこへ行ったのでしょう?人間の行動を考えさせられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よくわからない

2017/04/19 22:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

話がよくわからない。
こどもは表面的にしか受け取らないので、環境がどうとかこうとかは伝わってない感じ。
園児に読んだけど、小学生以上でないと難しかったか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

それはそれは淡い色調と品のいい紙の質感にうっとりとする美しい絵本。サンケイ児童出版文化賞受賞、<よい絵本>選定。

2001/11/12 12:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 わかやまけんさんの絵本というと、『しろくまちゃんのほっとけーき』で人気のこぐまちゃんえほんシリーズ(日本のディック・ブルーナみたい!)や新美南吉の童話に絵をつけた『てぶくろをかいに』がよく知られているが、私はこのリトグラフで制作された『きつねやまのよめいり』の絵がとても好きだ。
 作者略歴に、ブラチスラバの国際絵本原画展で淡い色調が話題になったと紹介されているが、うすいピンクにうすいグレー、うすい黄色にうすいオレンジと、重ね刷りで出た微妙な色の階調を眺めるたび息をひそめる風になってしまうのだ、本当に…。そして、ページを閉じると、ふっとため息をついてしまう。
 淡い色は幼い子どもにぴんとこないんじゃないかという思いと、数年前赤ちゃんだった息子にカバーを破られて気落ちした記憶があって、しばらく本棚の奥にかくしもっていた。まあ、そろそろ読み聞かせてやってもいいかと取り出してきたところである。息子が息をひそめるのに付き合ってくれるかどうかは、はなはだ心もとないのであるが…。
 <きつね>にちなんだ言い回しは日本語にたくさんある。「きつねのよめいり」は黒澤明監督も子供時代のお天気雨の記憶としてオムニバス映画に使っていたが、ここでは狐火の方をさしている。狐火は「きつねのちょうちん」とも言われるから、わかやまさんは嫁入り行列のきつねたちにちょうちんを持たしているのである。話がそれるが、『広辞苑』などで調べると、この<きつね>にちなんだ慣用句や植物名などの多さに、日本語の豊饒をしみじみ感じる。昔ばなしや唄として伝えられてきたものが、新たにこのような絵本に受け継がれたりすることの大きな意味を感じる。
 お話の方は、自然を破壊して行われる開発に一家言ある内容になっている。が、決して理屈っぽかったり生々しいわけではなく、徐々に山を追われていくきつねたちの哀しさが静かに描かれている。
 雪が降って綿帽子をかぶった雪山の様子から描かれる。真っ白な景色は、花嫁を見送るのにふさわしい。5匹の娘をもった父母が長女を送り出すことになったので、山のきつねたちがお祝いに集まり、ちょうちんをさげて夜の稜線を行列していくのである。今度は次女。長女と同じ嫁入り道を通っていくが、高速道路の水銀灯の光がまぶしくて先に進めなくなる。仕方ないので遠回りしていくことにする。3女のときは、ナイターのスキー場にはばまれる。また遠回りして見送っていく。4女の前に立ちふさがったのはダム工事。そして、5女のときには「ダダァン」という銃声が鳴る…。
 いつまでもどこまでも姿の消えた5女をさがすきつねたちが切ない。さみしすぎる終わり方なので、小さな子ども向けには、何かちょっとした救いが用意されているとよかったかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/05 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示