サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

生命と非生命のあいだ(ハヤカワ文庫 NF)

生命と非生命のあいだ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

科学歴史家アイザック・アシモフ

2004/07/26 11:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:死せる詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 博覧強記の愉快なおじさんアシモフ博士による、科学エッセイシリーズの4作目です。
 アシモフは元々生物系が専門らしく、今回は特に饒舌に語っているのでシリーズ15作中でも最もページ数が多くなっています。
 地球での生命誕生から生命の種類に始まり、宇宙に於ける生命の可能性等々。様々なな事象をアシモフらしいユーモラスな視点で分析し、更に考察しています。この書籍は1960年代後半か1970年代前半位に書かれたようなのですが、その時点でのアシモフによる未来予想図が展開されています。中には楽観的 (2000年には人類は冥王星に達っする等)もありますが、的中している予想も多々あるのは流石と言う所でしょうか。
 後半ではロボットを含む非生命やSFに於ける生命の扱いの話題もあります。SF作家であり科学者でもある著者が、科学の躍進によってSFが苦境に立たされてしまう事について喜びつつも苦しむ姿も可笑しみを誘いますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/07/05 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/15 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/09 13:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示